Kashiwa.R_8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第8回 Kashiwa.R バイオ実験系ラボ支援回


千葉県柏周辺のRユーザーによる勉強会です.(「周辺」の定義は個々人の解釈に準じます…)
今回は東大柏キャンパスで開催する事になりました.

普段実験をメインでやっている方でも、Rを覚える事でこんなメリットがあります.
  • Web上のデータを100個ダウンロードしないといけない... → Rならコマンド数行でできます!
  • もっとかっこいいFig書きたいな... → Rならできます!
  • データが大きくてExcelで開けない... → Rならできます!
  • あの論文に載ってた最新の統計手法って... → Rのパッケージになってます!
  • 次世代シーケンサーの解析ってどうやるんだろ... → みんなR使ってます!

★☆相談・質問受け付けフォームはこちら☆★
http://bit.ly/KashiwaR8QA - Googleスプレッドシート

日時場所

  • 2013年6月7日 (金)
  • 17:00-20:00
  • 東京大学柏キャンパス生命棟地下 会議室
  • 終了後,生命棟地下で懇親会 (セミナー室2と中庭でBBQ) 20:00 - 22:00
  • 懇親会参加希望者はfukunaga(あっと)cb.k.u-tokyo.ac.jpにメールをお願いします。
  • ポスター
  • ビラ

内容

発表時間の目安は一人20分程度です.
質問も随時受け付けます.
現在の所、タイトルは仮称です。

発表者: tsutatsuta
タイトル: はじめに
概要: Rってなに?そしてKashiwa.Rという集まりについて

発表者: fukunagaTsu
タイトル: 福永のRをはじめからていねいに
概要: Rを使ったことがない人のために基本を解説します

発表者: gggtta
タイトル:Rで育むデータを描く力
概要: Rでよい図を描く手法について

発表者: wakuteka
タイトル:Rが最強の統計学習環境である
概要: BioConducterなどを用いてRで統計解析

発表者: antiplastics
タイトル: Rでシステムバイオロジー
概要:Rで微分方程式モデルの構築からモデルによる予測まで

発表者: tsutatsuta
タイトル: Rと同位体分析
概要: 同位体生態学におけるRパッケージの利用例を紹介します

発表者: yuifu
タイトル: Rで塩基配列解析
概要: Rでゲノム解析をする手法について発表します

発表者: nukkie66
タイトル:Rで薬剤標的プロファイリング
概要: Rを使って実際に書いた論文について紹介します。

発表者: Med_KU
タイトル:とにかくplotしてみた結果
概要: Rを使って作成したプロットを紹介します。

懇親会

  • 終了後,生命棟地下で懇親会 (セミナー室2と中庭でBBQ) 20:00 - 22:00
  • 参加費2000円程度を予定しております
  • 飛び入り参加歓迎
  • 幹事: fukunagaTsu
  • 懇親会参加希望者はfukunaga(あっと)cb.k.u-tokyo.ac.jpにメールをお願いします。

主催

R勉強会at柏 - Kashiwa.R (Googleグループ)

共催

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。