ぬるく幻想入り 

446人目の幻想入り。
  • 作者
マキ。ややこしいので主人公と同じ名前で。

  • 主人公
マキ

ソフトクリーム 
螺 旋 を操る程度の能力 を持ってしまった人間。風神録が好き。



全部シリアスです。ええシリアスですとも
更新速度はゆっくりです。


シナリオがもうできているので、アンケートで筋がかわる事はありません。
ご了承下さい




動画リンク 

新作

一話

あらすじ 

 一話
ちょっとイケメンだけど、何の変哲もないただの人間、マキ。
近所の山で釣りをしていた所、急な嵐に見舞われ、気が付くとそこは見知らぬ土地だった。
戸惑うマキの目の前に一匹の蛙が現れるが・・・?

 二話
諏訪子が神社に招待してくれるというのでお言葉に甘えることにするマキ。
ただ漠然とした不安は確実にマキの中に芽生え始めていた。

神奈子がいないらしい。探す事になる。
諏訪子が目を離した隙に、マキは哨戒に襲われかけるが
そこにある神々が姿を現す。

 三話
思わぬ仲介によってその場は平穏を取り戻す。
必要な人物は揃ったらしく、神社に行く事になる。

この時、マキはまだ自分の考えの甘さに気付いていなかった。

厄神、雛と行動を共にしていたが、二人は何者かに狙われている事に気付く。

 四話
謎の敵に苦戦する雛。その隙を突いて、マキは薬を嗅がされ攫われてしまう。

目覚める頃には、既に迷いの竹林まで連れてこられてしまっていた。
マキは制御できないままの能力を使い抵抗しようとするが
その行動を見ていたある妖怪の乱入で、状況は少し変化する。

 五話 前編
明らかになる、雛の孤独。
月の技術の暴走。
マキの怒り。
それらは一つとなり、剣となって具現化する。

男には、やらねばならない時がある。

 五話 後編
心身ともに追い詰められた雛を迎えにきた二人の神は大いに力を振るう。

全ては、友のために。

あまりにも大きく、温かい手を差し伸べられた雛は立ち直り、決意する。
そして既に、ある者はマキを追って動き始めていた。

 六話 前編
どうやらマキは無事らしい。
しかし安心したのも束の間、守矢の神社にある大妖が現れる。

 六話 後編
マキ達が助かった理由が明らかに。
一方、守矢の神社では・・・
八雲 紫は一体何をするつもりなのか、
不安が募るばかりだが、神奈子だけは事情を理解している様な素振りを見せる。

どうやら、マキが幻想郷に入った事は
思ったよりよろしくない事のようだ。

七話
リグル達と別れ、妹の家に案内されるマキ。
そこで明らかになる真実とは・・・?

竹林周辺で、距離をおいてマキの監視を続けていた椛のもとへ、
新たな妖怪が姿を見せる。




コメント・レビュー 

  • 主人公の姿がカオス。画力が高い。 -- (名無しさん) 2008-06-26 19:15:09
  • 主人公が独特な形状のZUN帽を被っているので初見だとギャグ物に思えるが、バトルをしっかりと描写している作品。 -- (名無しさん) 2008-11-29 17:14:42
  • 画力がしっかりしているし、ついニヤニヤしてしまう小ネタが光るし、神様たちのフランクさが心地いい。東方キャラはみんなかわいく描かれているのがとても良い。サムネのせいか再生数が異様に少ないと思う。 -- (名無しさん) 2008-11-30 18:04:47
  • いまだ三桁ってのがおかしい程の超クオリティ作品。四桁は絶対に行っていいはずなのになぁ・・・
    -- (名無しさん) 2008-12-08 17:24:02
  • 安心して戦闘シーンを観ていられる作品。
    神奈子に惚れました。

    あと、たまご絵で盛大に吹きましたwww -- (名無しさん) 2009-02-02 06:13:29
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
※この作品のレビューを募集しています。レビューについては、こちらをご覧下さい。