東方式在思 

202人目
  • 作者
紫堂
  • ひとこと
  • 本家ゲームと同じように、異変発生~解決と言う形でシナリオを進めていく予定です。
  • メインのキャラは妹紅・霊夢・紫を予定しています。
  • 何話で完結するかはまだ未定ですが最後までお付き合いいただけたらと思っております。
  • 主人公
名前:東雲 秋人(しののめ あきひと)
性別:男
種族:人間
能力:惑わされない程度の能力(錯覚、精神操作、嘘等の外的要因によるモノに対して)
弱いものの場合は胸に違和感、強いものの場合は頭痛となって錯覚や迷路、嘘を知らせる。
精神操作系の能力は完全に遮断される為、洗脳されたり狂気に陥ったりすることはない。
この能力はあくまでも外部からのモノに対して発揮される為、内的要因(思い込みや自分から発狂等)には一切役に立たない。
特技:一度経験してることなら人並みにこなせる(突出してるものを挙げるなら料理)
容姿:175くらいの中肉中背でジーンズに冬用のジャンパー。
詳細:外の世界で暮らす、ごく普通の青年。
幼少時に瀕死に陥るほどの怪我を負い一命を取り留めるが、その直後から上記の惑わされない程度の能力に目覚める。
やんわりとした優しい性格だが言うべき時ははっきりと口にする意志の強さもある。
しかし、その性格上嘘をつくのがとても苦手。


名前:松葉 透子(まつば とうこ)
性別:女
種族:妖怪(はぐれ式神)
能力:意思無きモノに一時的に自立性の意思を与える程度の能力。
容姿:腰まで届く長い黒髪と黒い瞳、少々豪奢な装飾(金細工・鈴等)をあしらった巫女服
詳細:元々は外の世界の陰陽師に仕えていた数少ない式神(妖怪)。
自らの消滅を回避する為幻想郷に逃げ込んだ後の消息は不明。
弾幕を撃つことは可能だがスペルカードは未所持(外から逃げ込んできた為スペルカードルールを知らない)。


名前:不明(仮称:手鏡)
性別:不明
種族:妖怪(付喪神)
能力:対象の心象を映し、夢で再現する程度の能力
容姿:古ぼけた手のひら大サイズの手鏡
詳細:様々な所有者の手を渡った手鏡が意思を持った付喪神。
幻想郷に流れ着いてからは捨てられ忘れ去られた存在でそのことを恨んでいる。
自分を捨て、忘れ去った全てに復讐する為に松葉に協力するが…
対象の望みを夢で再現する他、最も恐れる存在をスペルカードを媒介にすることで実体化することが出来る。


動画リンク 

新作

一話



コメント・レビュー 

  • 雰囲気、展開が中々おもろいっす。これからに期待できる作品。 -- 一視聴者(・w・ (2008-03-02 03:52:59)
  • 2008年06月30日 07:51:22 投稿
    【幻想入り】東.方式在思 第12話冒頭

    大変お待たせいたしました。まだ完成には至っておりませんが出来上がっている冒頭部分を先行してうpさせていただきました。9/10~時間かかり過ぎで本当に申し訳ありません…色んなものと戦いつつ牛歩の速度で作業は進めております。前回11話→sm3476166、氷天狼君編→【残るは作画】、大乱闘編→【未定】、無双編→【未定】、驚愕編→【残るは作画】、式の過去編→【今週中にUP予定】、マイリスト→mylist/5224935 -- (名無しさん) 2008-09-13 12:21:46
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
※レビューについては、こちらもご覧下さい。