※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【合体変形!】素直シュール【肩車!!】
1 :VIP足軽x :2006/11/17(金) 20:58:56.41 ID:4FYHE5p10
女「突然なんだが。」
男「ん?」
女「・・・。」
男「・・・。」
女「・・・。」
男「・・・。」
女「米。」
男「・・・。」
女「・・・。」


避難所: http://yy27.60.kg/surrealism/

まとめ:http://sur.ifdef.jp/
※リンクにある各サイトも必見です!


4 :水汲みおしち :2006/11/17(金) 21:11:12.16 ID:wVrwzQqLO
>>1乙なの?


5 :悲しい一人暮らし :2006/11/17(金) 21:11:53.02 ID:aS0YzKRVO
>>1乙米


6 :VIP足軽l :2006/11/17(金) 21:12:16.41 ID:ABTEQcCj0
>>1乙または丙または(ry


7 :棒またぎ姫 :2006/11/17(金) 21:13:23.88 ID:7nj5m0nr0
もう金曜日か


8 :荒巻スカルチノフ :2006/11/17(金) 21:23:21.07 ID:1X/8TMy40
>>1乙とみせかけて乙


9 :VIP足軽hentai :2006/11/17(金) 21:24:56.59 ID:dUauxYvy0
猛禽乙!


10 :VIP足軽flash :2006/11/17(金) 21:27:59.60 ID:omNUqeDf0
シュール久しぶりwww
>>1乙


11 :VIP足軽y :2006/11/17(金) 21:30:09.95 ID:4FYHE5p10
男「しまった、弁当忘れた」
女「はい、これ。作りすぎちゃったから」
つ木彫りの熊
男「…」
女「どうよ?」
男「手先、器用だな」
女「ふふん」
男「学食行くか」
女「いえー」


12 :VIP足軽a :2006/11/17(金) 21:47:51.17 ID:FN+ydxAKP
>>1
乙米


13 :VIP村人v :2006/11/17(金) 21:50:30.54 ID:QHcAEXUx0
>>1乙


14 :VIP村人x :2006/11/17(金) 22:02:35.13 ID:W7VPDHBfO
ほのぼの板素直総合スレより


シュー「ぐうぐうすやすや」
男「起きろ、朝だ」
シュー「ぐうぐう」
男「駄目だ、起きない。どうしよう」
男「そうだ、この目覚まし時計で…」

じりりりりり!
男「日本文化せんたー!」
シュー「てれふぉんしょっぴんぐー!」
男「……」
シュー「……」
男「おはよう」
シュー「おはよう」


15 :VIP足軽s :2006/11/17(金) 22:09:33.60 ID:wmUWOiPm0
1おつー


17 :VIP村人b :2006/11/17(金) 22:30:19.75 ID:EcFLMfDGO
女「>>1乙について」
男「…ん?」
女「つまり、>>1は乙種第四類危険物取扱者の資格を持っていたんだよ!」
男「つまりの繋がりが全くわからない」
女「…で、乙種なんとかって何?」
男「俺が知るか」


19 :VIP魔法使い :2006/11/17(金) 22:53:44.03 ID:EcFLMfDGO
女「ていっ」(かくんっ
男「うわっ!」
女「……」
男「…なんだよ」
女「膝かっくん」
男「それはわかる。なんで?」
女「そこに膝があったから」
男「かっこよくないよ」
女「男、良い膝してる」
男「…褒めてるの?」
女「褒め殺してる」
男「そんなに!?」
女「いや、死んだら困るな…」
男「……」
女「褒め半殺し?」
男「なんか怖っ!」


20 :悲しい一人暮らし :2006/11/17(金) 23:04:03.89 ID:pe9gRqH6O
GS!テメー褒め"半殺"しだよコノヤロウ!? ビキビキ

ほの板にIDがQの人がいたけど
奴って絶対ここの住人のQの人だよな


21 :VIP足軽t :2006/11/17(金) 23:12:56.45 ID:wmUWOiPm0
女「じゃじゃーん」

男「……」

女「にんげんだきまくらー」

男「……」

女「さあ抱け。そして寝ろ」





男「……(これは……どう反応すればいいんだ……)」


28 :VIP足軽e :2006/11/18(土) 00:30:26.85 ID:JVEreKFi0
女「…」
男「…」
女「あ、棒きた」
男「…」
女「しまった」
男「何してるの?」
女「脳内テトリスをしてた三年半前の私のモノマネ」
男「…そうか」
女「ちなみに似てない」
男「…」
女「…あ、ウノ」


29 :油売りの左暮 :2006/11/18(土) 00:33:37.76 ID:ed6MwGcg0
女「うう・・・こ、コシヒカリぃ・・・ん・・・」

男(また米をオカズに・・・ホンット分かんねえ・・・)

女「・・・おと・・・こぉ・・・」

男(!!!!)

女「あとササニシキぃ・・・」

男「ずこーーーーーーーー!!!やっぱ米かい!」

女「!!!い、いつから・・・ああ・・・///」

男「いや、待て!米を隠すより服を着ろ!!!」


42 :VIP足軽q :2006/11/18(土) 12:12:06.72 ID:JVEreKFi0
女「変形合体!」
シベリア「肩車!」
男「…」
女「…」
シベリア「…」
男「…」
女「…あ、もれそう」
シベリア「!?」


43 :油売りの左暮 :2006/11/18(土) 13:10:15.78 ID:2n5Xz3YDP
シベっしゅ


45 :門番の娘 :2006/11/18(土) 14:45:11.99 ID:V5mzoCowO
シベリア「しべーしべー」


46 :水汲みおしち :2006/11/18(土) 15:14:43.41 ID:V5mzoCowO
女「突然だが…」


47 :VIP足軽t :2006/11/18(土) 15:23:14.86 ID:JVEreKFi0
シベリア「なんですか?」


48 :VIP村人u :2006/11/18(土) 15:24:55.96 ID:KFTEEzrJ0
女「コモドが出来た」


49 :VIP村人y :2006/11/18(土) 15:35:43.09 ID:Q/eFbARkO
シベリア「まっまさか冗談ですよね?」


50 :VIP村人r :2006/11/18(土) 15:36:33.84 ID:lSOU9nj7O
俺「(゚д゚)」


51 :VIP村人u :2006/11/18(土) 15:45:33.74 ID:KFTEEzrJ0
女「私の体によからぬコモドが・・・ジョジョービジョー  ヴァー」


52 :VIP村人r :2006/11/18(土) 15:46:49.38 ID:lSOU9nj7O
シベリア「ヴァー」



55 :駅前食堂のメグ :2006/11/18(土) 16:56:27.72 ID:V5mzoCowO
女「突然なんだが。」
男「…米?」
女「…」グスン
男「違うのか?」
女「…米。」
男「…。」


57 :ただの戦士 :2006/11/18(土) 18:01:20.73 ID:GmQWBxGqO
女「突然だが」
男「…ん?」
女「アイラービュー」
男「……」
女「……」
男「……」
女「欧米か!」
男「俺の台詞だ!」


58 :VIP村人x :2006/11/18(土) 18:04:18.00 ID:KFTEEzrJ0
女「ねぇねぇ」
男「ん?」
女「タイ米とジャポニカ米、どっち好き?」
男「…うーん、やっぱり日本人だから、ジャポニカ米、かなあ」
女「…」
男「…」
女「うえーん」
男「ちょ、どうして泣きながら逃げるの!」


63 :高校の女教師 :2006/11/18(土) 19:18:09.99 ID:Kh9xwVEJO
自転車で移動してたら、前から二人乗りした女子高生が。
すれちがう時に
「コシヒカリの…」
と言ったのが聞こえた。
え?何?シュー?
てか続きは何なのさっ!?


64 :VIP勇者 :2006/11/18(土) 19:36:24.35 ID:NJ1D/E0yO
>>63
わっるふわっるふ!


65 :はぐれVIPPER :2006/11/18(土) 20:03:02.89 ID:Kh9xwVEJO
>>64
一応言うと実話で…あー気になる。


66 :VIP村人P :2006/11/18(土) 20:18:48.59 ID:Q/eFbARkO
>>63
木に成るw

69 :悲しい一人暮らし :2006/11/18(土) 22:00:56.16 ID:Kh9xwVEJO
女「お茶が切れてた。」
男「うん?」
女「お醤油も切れてた。」
男「うん。」
女「…まさかと思ったらお米まで切れてた。」
男「…珍しい…」
女「君は切れたりしないよね?」
男「え?…もちろん。」
女「補充ー。(ぴたー)」
男「……」
女「……(きゅるるるー)」
男「……(朝食抜いたのかな?)」
女「……(かぷっ)」
男「はうっ!?」


70 :VIP勇者 :2006/11/18(土) 22:20:44.46 ID:obNdXREqO
萌えたwww

74 :壷ふりお京 :2006/11/19(日) 00:06:07.02 ID:QLVjS2GC0
男「牛乳・・・だよな・・・?」

女「米のとぎ汁・・・」

男「・・・うまいか・・・?」

女「おいしい・・・男も飲むといい」

男「自らなんて飲まねえよー・・・」

女「じゃあ・・・こう」

男「へ・・・ムグッ!!?ムググ!!///」

女「・・・プハッ・・・さあ飲んd・・・あれ・・・倒れて全部、出しちゃった・・・
  もったいない・・・ペロ・・・ペロ・・・」

男「ほ・・・ほへは・・・///」



76 :VIP足軽flash :2006/11/19(日) 00:42:31.19 ID:pqqZOoql0
女「腕相撲しよう」
男「別にいいけど」
女「…負けた」
男「そりゃそうだろうな」
女「もう一回、手加減禁止ね」
男「わかったよ」
女「簡単に負けた」
男「手加減禁止って言うから」
女「じゃあもう一回」
男「やけにこだわるな」
女「私だけの力で君に勝たないとシベリアが安心して帰れないんだ!」
男「え、シベリア帰るの?」
女「ああ、年末には日本にいないらしい」
男「それって里帰りじゃね?」
女「そうとも言う」


81 :VIP村人g :2006/11/19(日) 03:37:42.61 ID:gckTXTfiO
>>76
ドラえもーんw

84 :VIP無職 :2006/11/19(日) 04:59:45.65 ID:67gTbYKc0
男「…」
女「…今日バイトで…」
男「ん」
女「”てりてりまっくりバーガー”って言っちゃったんだ…」
男「…そっか…」
女「…」
男「…」


87 :VIP悪魔 :2006/11/19(日) 07:38:25.73 ID:LJxTRwwsO
男「どしたの、急に呼び出して。」
女「サイレンが鳴ったら外に出てはならない……」
男「…はい?」
女「サイレンが鳴ったら外に出てはならない!サイレンが鳴ったら外に出てはならない!サイレンが鳴ったら(迫真)」
(ウウウウウ~~~)
女「うわあー(棒読み)」
男「…シュー?」
女「鳴ったので出てはいけません。」
男「……」
女「泊まっていかない?」
男「……」
女「……(ゴソゴソ(サイレンDVDのパッケージ)」
男「……」
女「…怖いので泊まって下さい。」
男「…うん。」


88 :VIP賢者 :2006/11/19(日) 07:47:07.17 ID:lgguvDDq0
もう金曜日か


89 :VIP足軽l :2006/11/19(日) 08:54:57.51 ID:4EyMK0PE0
あぁ~今日は金曜か


90 :水汲みおしち :2006/11/19(日) 10:01:30.24 ID:v4+1t704O
モキン


95 :VIP神 :2006/11/19(日) 13:32:08.98 ID:18yc045g0
女「……(ぐいぐい)」
男「何やってんだ?」
女「……(ぐいぐい)」
男「……。」
女「リポビタンDを片手で開けてる。」
男「……無理だからやめとけ。」
女「じゃあ君はできる?」
男「……多分俺も無理かな。」
女「できなかったら、君のあだ名は『リポタン』。」
男「なんだその、ありそうで無いキャラは……。」
女「……きめ台詞は『元気ハツラツっ!』」
男「それ、違う商品!」
女「…じゃあ、『夜の、お供に』」
男「それも違う商品……。」
女「……。」
男「……。」
女「……夜の、お供に?(ポッ)」
男「顔を赤らめて言うな。」


96 :武器屋のじじぃ :2006/11/19(日) 13:36:20.10 ID:0h3WfYjIO
女「…米分が不足してきた」
女「…SS分が不足してきた」
女「…シュール分が不足してきた」

男「なぁ女」
女「なに?」
男「その『○○分』って成分は大事なものなのか?補給し続けないといけないものなのか?」
女「ま、ね。私を構成する大切な要素だから」
男「じゃ、じゃあ男分も補給してくれないk」
女「あ、男分は別にいいから」
男「○))) | ̄|_」
女「男がそばにいてくれるだけで、いっぱい補給できてるから…」
男「女…///」
女「過剰に摂取しても尿と一緒に排出されちゃうし」
男「ビタミンCかよ!!」


103 :はぐれVIPPER :2006/11/19(日) 17:15:38.31 ID:ttSkVJ53O
女「突然なんだが。」
男「…?」
女「…」
男「…」
女「その…」
男「…」
女「…」
男「…」
女「結婚してくれ」
男「喜んで」
女「ありがとう」
男「指輪は米でいいか?」
女「もちろん」



……
女「という夢を見たんだ」
男「なんじゃそら」
女「さぁ早く私と結婚したまえ」
男「喜んで」
女「……え?」
男「…嫌か?」
女「…バカ」


104 :VIP村人u :2006/11/19(日) 17:16:10.98 ID:gckTXTfiO
ほしゅ

誰か書いてくれないかな……


105 :愛のセーラー戦士 :2006/11/19(日) 17:22:56.22 ID:c4aEC7wgO
>>104に期待


106 :VIP村人u :2006/11/19(日) 17:40:30.59 ID:gckTXTfiO
>>115
ヘタレな俺に何をしろと


107 :VIP村人u :2006/11/19(日) 17:49:02.15 ID:gckTXTfiO
>>115じゃないわ>>105のまちがい
ごめん


108 :VIP足軽i :2006/11/19(日) 17:49:51.29 ID:HRhG0OC00
>>110
それは本当か!


109 :悲しい一人暮らし :2006/11/19(日) 18:31:20.91 ID:c4aEC7wgO
>>115
流石の俺でもそれは引くわ


110 :VIP勇者 :2006/11/19(日) 18:38:02.15 ID:pGnWpTrDO
女「…………」
男「…………」
女「……米然だが」
男「…………は?」
女「…………」
男「…………」
女「……突」
男「…………」
女「ブー――――ン」lw´‐ _‐ノv


男「……という夢を観たんだ」
シベ「なぜわたしに……」


111 :VIP勇者 :2006/11/19(日) 18:50:00.32 ID:pGnWpTrDO
男「……シベリアさん」
シベ「なんですか? 男さん」
男「……これを受け取って欲しい」
シベ「! これは……」
男「うん、一生懸命作ったササニシキなんだ」
シベ「ありがとう、男さん」


女「……という夢を観たんだ」
ξ゚⊿゚)ξ「どうして私に言うのよ……」
女「くやしいっ……かくなる上は……」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと、鎌なんてもってまさか……」
女「……先に収穫してくる」
ξ゚⊿゚)ξ「……収穫って、ホントに作ってるの?」


112 :VIP賢者 :2006/11/19(日) 19:00:46.14 ID:pGnWpTrDO
男「シュー、最近元気ないね」
女「……色々不足してるの」
男「……はいこれ」
女「これは?」
男「……作ってみたんだ、おにぎり」
女「……はぁ」
男「なっ……(米に見向きもしないなんて)」
女「…………」
男「何があったの?」
女「…………」
男「……ねぇ、シューってば」
女「……すき」
男「鋤? 持ってくればいいの?」
女「今日は男の日……」
ぴとっ
男「……なっ」
女「んー」
スリスリ
男「……夢?」
女「……たまにはこんな日も……ね」

シベ「シューさんどうしたのかしら?」
ξ゚⊿゚)ξ「……無洗米にショックを受けたらしいわよ」


113 :VIP賢者 :2006/11/19(日) 19:11:05.31 ID:pGnWpTrDO
女「スケートを始めます」
男「うん、いつの間に連れてきたとか、服がみたこともないものなのも目をつぶろう」
女「~~~~♪」
男「……いない、って言うか上手いなシュー」
女「~~~♪」
男「綺麗だな―」
女「……ただいま」
男「おかえり」

――昼
男「そろそろお昼だね、2階でご飯にしよう」
女「炒飯、カレー、オムライス、どれにしようかな」
客A「……おい、リンク見てみろよ」
客B「ん? なんだ、スケート靴の跡が文字に?」

【次は手をひいてね、シューより】


114 :悲しい一人暮らし :2006/11/19(日) 19:34:00.92 ID:ttSkVJ53O
>>113
泣ける(つд`)GS!


116 :愛のセーラー戦士 :2006/11/19(日) 20:13:41.61 ID:LJxTRwwsO
女「あるぅ日♪」
男「あるぅ日♪」
女「森の中♪」
男「森の中♪」
女「おじょうさんがあらわれた!」
男「いつぞやの逆バージョン?」
女「コマンド?」
男「…防御。」
女「おじょうさんはようすをみている」
男「……あ、逃げる。」
女「しかしまわりこまれてしまった!」
男「なんでだっ!」
女「おじょうさん:かえして・・・かえしてよぉぉぉぉ!!!」
男「こわっ!?」
女「白いかーいーがーらーのー♪小さなイーヤーリーンーグー♪」
男「……」


117 :VIP村人x :2006/11/19(日) 20:18:20.13 ID:TMxTsZaN0
あの歌は考えるほどにシュールだよな
いや、あれに限らず童謡って結構シュールなのが多いかw


119 :VIP魔法使い :2006/11/19(日) 20:38:19.01 ID:Fzb5LGiKO
女「トウモロコシやサトウキビで出来る新しい燃料が注目されているらしい」
男「突然真面目な話だな」
女「私はいつも真面目だ」
男「それは悪かった」
女「…で、」
男「ん?」
女「米を使って新しい燃料を作ることは出来ないだろうか?」
男「……」
女「米の力なら出来るはずだ」
男「…その根拠は解らないが、出来るらしいよ」
女「本当か!」
男「稲ワラを使った研究も進んでいるらしい」
女「あなたが神か」
男「違う」
女「聡明な君も大好きだ」
男「そりゃどうも」
女「…その遺伝子を後世に残そう」
男「待て。落ち着け。服を脱ぐな」


120 :愛のセーラー戦士 :2006/11/19(日) 20:39:03.05 ID:LJxTRwwsO
>>116
男「…アイテム、イヤリング。」
女「あらくまさんありがとう。おれいに・・・」
男「何でそこでタメを?」
女「せかいの はんぶん やみのせかいを あたえよう!」
男「何者だよそのおじょうさんはっ!?」
女「そして・・・そなたに ふっかつのじゅもんを おしえよう!」
男「完全スルーですかっ。」
女「たまにはごういんにせまつてほしいかも」
男「…えっと…」
女「……無理…?」
男「…落ち着くまでちょっと待って。」
女「・・・・おお、おとこよなさけない・・・・。」
男「ぐorz」


121 :VIP魔王 :2006/11/19(日) 20:54:32.40 ID:B/L5rutmO
>>120
GS!!!


122 :悲しい一人暮らし :2006/11/19(日) 21:15:06.67 ID:LJxTRwwsO
シべ「…貯金箱を買ってみようと思いまして。」
男「…良い貯金箱を知らないか…ねえ。」
女「それならシべよ。私の貯金箱を貸してあげよう。」
シべ「いいのですか?」
女「感想さえ聞ければげふんげふん、もちろんさ。」
シべ・男『(……感想?)』

※シべ宅
シべ「では早速♪(ぱ)」
貯金箱「(無音)」
シべ「…あら…?(ぱ)」
貯金箱「(無音)」
シべ「………音のしない貯金箱ですの?orz」


129 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:54:53.92 ID:pqqZOoql0
あまりに過疎だからクリスマス用に考えてた話を投下する

男「なあ、シュー」
女「ん? 私はゾウよりもキリンが好きだが」
男「それは聞いてねえよ。シューってさ、いつもそれ(〒)付けてるよな」
女「ああ、これか」
男「気に入ってるの?」
女「これはとても大切なものだからな」
男「もらいもの?」
女「うむ、君には聞いてもらおうか。回想開始」


130 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:56:14.15 ID:pqqZOoql0
クリスマスの翌日のことだ。
クー姉が風邪を引いた。

ク「…油断した」
シ「昨日は寒かったから」
ク「うむ、彼と一緒で浮かれすぎた。反省」
シ「風邪のときはネギを焼いて短冊を吊るすと願いが叶うらしい」
ク「私の知ってる話と少し違うんだが」
シ「些細な違いは気にしない。というわけで短冊を用意したから書いといて」
ク「…把握した」

私はクー姉の食事を作るために席を外した。
幸いながらたいした風邪では無いようだ。
早く直ってもらうためにも美味しいお粥を作らなくては。

シ「シューの三分クッキングー。まずお粥を用意します。
  次に食べやすいように三分間ふーふーします。できあがりー」


131 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:56:42.81 ID:pqqZOoql0
シ「クー姉、お粥作ったよ」
ク「ありがとう。出来る妹で本当に助かるよ」
シ「そんな言葉を私が望んでいると思ったか? 望んでいたから嬉しい」
ク「…美味しい」
シ「それは良かった。体の調子は?」
ク「少し体が重いな」
シ「じゃあそれを食べたらゆっくり寝ててね」
ク「彼氏と約束があるのだが」
シ「ダメ」
ク「でも」
シ「サンダーバード愛好会の人たちのためにも寝てて」
ク「さすがに知らない人のためには」
シ「ついでに私のためにも」
ク「しかし」
シ「寝ててくれなきゃ、舌噛んで痛いって言ってやる」
ク「…わかった」
シ「いたい」

わかってくれた様でクー姉は静かに寝てる。
しかし辛そうだったな。
体が重いって……そうか、私も体も重くすれば良いんだな。
やっぱり姉妹だからなクー姉の辛さは分かち合いたい。
というわけで両手足に10kgの重りを付けてみた。


132 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:57:20.23 ID:pqqZOoql0
約束があったようだし、クー姉の彼氏に電話をしておくか。
プルルルル
「はい、もしもし」
「シューです」
「あ、シューちゃん? どうしたの」
「うちのクー姉は預かった。返して欲しくて返してやらない」
「はい?」
「つまりクー姉が風邪引いた」
「え! クーは大丈夫なの?」
「2、3日休めば大丈夫」
「そうか、でも困ったな」
「困った?」
「あ、いやなんでもないんだ。クーは今どうしてる」
「ぜっとぜっとぜっと」
「寝てるのか、じゃあお大事にと伝えて」
「今年中にな」
ガチャ

うむ、これでよし。
クー姉は寝てるようだし、私も静かにしておくか。
…………もう、こんな時間か。

そろそろ夕飯を作らないといけない。
その前にクー姉の様子を見に行くか。


133 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:57:41.89 ID:pqqZOoql0
シ「クー姉、調子はどう………いない」
布団はまだ暖かい。
トイレかと思って少し待ってみたが違うようだ。
そう言えばクー姉が妙に出かけたがってたな。
と考えたところで机の上に短冊が置いてあるのを発見した。
少し出かけます。 クー
シ「…あれほど言ったのに」
次の瞬間、私は家を飛び出していた。

シ「どこにいったんだ……クー姉」
私は走った。
近所のコンビニやスーパー、ハローワーク、若い女性が行きそうな場所はすべて探した。
シ「…いない」
クー姉が他に行きそうな場所はどこだ。
最初に思いつくのが彼氏の家だ。
でもそれはないだろう。
彼はクー姉が風邪を引いていることを知っている。
それを知っていてクー姉を連れまわすような人ではない。
くそ、いつもより体が重い。
気温が低いせいだろうか、まるで重りをつけている気分だ。

その後、二時間は探し続けたがとうとうクー姉は見つからなかった。
もう帰っているかもしてない。
私は一旦、家に戻ってみることにした。
家の近くまで帰ると玄関に明かりがついていることに気が付いた。
安堵の息をついてドアを開けると、そこには顔を真っ青にして倒れているクー姉がいた。


134 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:58:14.99 ID:pqqZOoql0
シ「クー姉!」
ク「……シューか」
シ「クー姉、すごい熱だ」
ク「下がったと…思ったんだがな……油断した」
シ「この寒い中、出歩いたりするから」
私も今にも倒れそうなクー姉を抱きしめた。
ク「心配かけたな」
シ「それはこっちのセリフだ」
ク「……私であってるよ」
シ「どうして外に出たんだ」
ク「本当は男と一緒に買いに行く予定だったんだけど」
そう言ってクー姉は私に小さな小包をを手渡した
ク「教は……シューの誕生日だろ」
シ「…!?」
ク「店が閉まってたから、こんな物しか買えなかった。すまない」
シ「そ、そんなことで」
ク「私には大切なことだよ」
とても耐え切れないほどの涙が出た。
嬉しくてたまらないことを姉に伝えたかったが、嗚咽にかき消されて言葉にはならなかった。
だから私は精一杯、クー姉を抱きしめた。
大切な人の冷たくなった体が少しで暖かくなるように。
少しでも大好きな姉の鼓動を感じられるように。


135 :VIP足軽の子 :2006/11/19(日) 22:59:01.13 ID:pqqZOoql0
女「……というわけだ」
男「へー、じゃあそれ(〒)がそのときの小包?」
女「いや、これは関係ない」
男「今までの話の意味は!?」
女「嘘だよ。冗談だ」
男「だよな」
女「今までの話が」
男「マジで!?」
女「それも嘘だ」
男「もう訳わかんねえよ!!」

あの頃はクー姉が世界一だったけど、今は同率一位になってしまった。
クー姉と同じくらい大切な人が出来るなんて思いもしなかったけど
だから今年の誕生日はいつもより二倍楽しくなる、そんな気がする。

fin


136 :VIP村人XL :2006/11/19(日) 23:05:18.35 ID:gckTXTfiO
いい話や……(つД`)


137 :散髪とめきち :2006/11/19(日) 23:07:38.46 ID:pGnWpTrDO
>>135
GJ!


138 :VIP賢者 :2006/11/19(日) 23:17:38.50 ID:ttSkVJ53O
(つд`)GS

…〒は本当に気になってるんだが何がきっかけだったんだ?


139 :VIP足軽MS :2006/11/19(日) 23:20:34.71 ID:pqqZOoql0
感想ありがとう
本当はもっと長くなって笑える話になる予定だったんだけど
過疎だったし、他のクリスマス話を思いついたから予定変更した


ちなみに〒の元ネタはこれ


          _______
          /    ヽ
         |〒ソwVw″
         lw´‐ _‐ノv    …米。
         |/_ゝH_||
         (7/_| ||ゞ
         WVし'Jv




140 :一生足軽 :2006/11/19(日) 23:29:17.99 ID:67gTbYKc0
〒は、俺のSSがきっかけ
↑X↓BLYRA


141 :VIP足軽l :2006/11/19(日) 23:37:49.56 ID:u/Rx1Vfq0
女「もうすぐ試験か」
男「近場の天満宮にでも神頼みしに行く?」
女「奴の名を口にするなッ!」
男「……っ!」
女「……」
男「……」
女「天神さんこと菅原道真がよけいな口出しさえしなければ」
男「……」
女「遣唐使になれたのに……ッ」
男「なりたかったのッ!?」
女「仕方ないから君に責任とってもらって、お嫁さんにしてもらう」
男(喜んでいいのか? いや、でも遣唐使よりは下なんだよな……? それ以前になんで俺の責任?)


142 :VIP賢者 :2006/11/19(日) 23:42:24.28 ID:ttSkVJ53O
>>139
悩みが解消した!ありがとう!!

lw´‐ _‐ノvもそこからきてるのね


143 :VIP足軽l :2006/11/19(日) 23:58:40.19 ID:u/Rx1Vfq0
( ^ω^)「……」
 男「どした?」
( ^ω^)「アレはまた何をやってるんだお?」

 女、おもりのかわりにヘリウム入り風船をつけた釣り糸を上空にたれている

 男「……」
( ^ω^)「しかもあれ、針もえさもついてないお」
 男「そこんとこ、突っ込む奴が釣れるのを待ってるんだろうな、あれは」
( ^ω^)「おっおっ、渡辺さんだお」

渡辺さん「あれれー? 雲のおさかなさん釣るんだったら、もっと長くしないと駄目だよ~?」

 男「さすが渡辺さん!」
( ;゚ω゚)「的確な突っ込みだお!」

 女「……」
渡辺さん「……」
 女「……」
渡辺さん「……」
 女「おまえは……我が父・第三志が待ち望んだものではない」
渡辺さん「……?」
 女「……」

 男「そこは太公望だろ!」
( ;゚ω゚)「しかも第一志望じゃなく第三志望なのはなぜだお!?」


144 :VIP村人XL :2006/11/19(日) 23:59:36.84 ID:gckTXTfiO
>>140→>>139って流れで出来たの?


145 :花魁 :2006/11/20(月) 00:16:35.63 ID:QDOWwxN00
夜空を見上げて~

女「星がきれいだな……」
男「うん」
女「ところで死兆星が見えても気にすることはないぞ」
男「しちょうせい……」
女「星の光が地球に届くまで何十年何百年もかかるんだ」
男「らしいね」
女「君が見た死兆星も、本体はもう存在しないかもしれない」
男「そうだね」
女「だから、希望を捨てず、精一杯生きてくれ」
男「ちゃんと七つしか見えてないけどね」
女「……」
男「……」
女「星がきれいだな……」
男「うん」


147 :花魁 :2006/11/20(月) 00:38:52.51 ID:QDOWwxN00
池に面した竹林にて~

女「気をつけろ!」
男「はい?」
女「忍者だ! 忍者が潜んでいる!」
シベリア「現代日本にですか?」
男(Σ (;゚Д゚) ロシア人に突っ込まれちゃおしまいだよ!)
女「隠れたつもりだろうが……呼吸はやめるわけにはいかないからね!」
シベリア「ホントに池に!?」

 むんずっ      ずぼっ

忍者「…………ちぃッ」(逃走)
男「Σ (;゚Д゚) ええええええええええ? 竹林のほう!?」
シベリア「さすがはニンジャ。わたしにはわからなかった……orz」
男「うわ、この竹、てっぺんまで空洞だよ!」
女「あやうく、わたしと君の愛の秘密を探られるところだった」
男「いや、あの忍者、どこの里のもんだよ!?」


148 :棒またぎ姫 :2006/11/20(月) 01:03:56.02 ID:QDOWwxN00
女「パトラ――――ッシュ!!」
男「どした?」
女「天使さん手当たり次第食べちゃだめだあ――――!」
男「……」
女「lw´‐ _‐ノo彡 狩野派! lw´‐ _‐ノo彡 狩野派!」
男「屏風絵はすばらしいけど、成仏するほどじゃないだろ!?」
女「い、生き残った天使どもがネロを巡って、ご来迎にきた阿弥陀さまとラグナロクだなんて!」
男「ネロってそんな大物かよ」
女「時計合わせてないで止めろよ、三蔵法師の精!」
男「精ッ!?」
女「お……大岡裁きキタ――――――!!」
男「……」
女「三方収めた一両損~庄内」
男「そこは引っ張り合えよ! でもって水戸黄門のサブタイっぽくなっとる!」
女「……」
男「……」
女「――――はッ!? 夢……? 何てリアルな」
男「いまは授業中で、おまえはしっかり起きてるわけで、先生は黒板に両手ついて何かに絶望してるわけだが」


149 :VIP村人f :2006/11/20(月) 01:06:45.78 ID:tQrhuEvfO
>>148
素晴らしくシュールだwwwwww


150 :棒またぎ姫 :2006/11/20(月) 01:17:40.57 ID:QDOWwxN00
女「君の隠しコマンドは?」
男「ないよ、そんなの」
女「……」
男「……」
女「……」
男「あったほうがいい……の?」
女「もう駄目だ」
男「……」
女「もう駄目だ」
男「もう駄目?」
女「人生のアダプターで殴り殺される…………猫が」
男「↑↑↓↓←→↑↓」
女「む、なぜ落雷が起きん?」
男「猫は?」
女「もう駄目だ」
男「44分で1000いったら助かるといいね」

眠い
自分でももう何かいてるのか分からん


151 :牛のふん :2006/11/20(月) 01:20:43.30 ID:nKLkQzah0
何書いてるか分からないからシュールなんだとオモフ


152 :棒またぎ姫 :2006/11/20(月) 01:47:43.39 ID:QDOWwxN00
女「君んちの天井をじっと見ていると」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「次の水戸黄門リニューアルでは、思い切った変革が必要だと思う」
男「天井は?」
女「黄門さまの杖には勝てないな」
男「そうだね」


153 :4才児 :2006/11/20(月) 01:48:19.80 ID:xHtnHokZO
蟹食いてぇ……


154 :棒またぎ姫 :2006/11/20(月) 01:54:51.04 ID:QDOWwxN00
>>147のどうでもいい続き

かぐや姫幼生体(ククククク……あの忍者はおとり。わたしこそが本命よ!)
かぐや姫幼生体(さあ、切れ! そしてスパイを娘として育てるのだ、愚かな人間どもよ!)


シベリア「竹といえば――」
幼生体(キタ――――――――! GJデコっぱちロシア!)
女「カンニング竹山の相方はどうしてるんだろうな」
シベリア「そうですね」
女「エジソンは京都八幡の竹でフィラメントを作ったらしい」
シベリア「へぇ」

かぐや姫幼生体(ちょwww無視とかアリエナサスwwwwwww光ってるのに! 気付けよ!)
かぐや姫幼生体(!!!)
かぐや姫幼生体(ひょっとして、電球だと思われてる!?)

苦学生A「ほ~た~るのひ~か~ぁり」
苦学生2「ま~ど~の~ゆ~き~ぃ」
かぐや姫幼生体(うおおおおおお!! 寄るなニートどもッ! 失せろ!)


155 :だんご屋のはる :2006/11/20(月) 02:04:18.40 ID:QDOWwxN00
女「クリスマスとかバレンタインとか、法治国家神国日本でヤソ教の聖人どもがえらい活躍じゃないか」
男(ヤソ教……)
女「とりあえずサンタクロース・トナカイペアには風神・雷神ペアをぶつける」
男「トナカイ圧倒的に不利じゃねーか」
女「バレンタインには東照権現をぶつけてみようか」
男「なんで家康がでてくるんだよ」
女「余りはどうする?」
男「耳の日とか、こんにゃくの日とか?」
女「第一回納豆クイーン菊川怜さんなら、ひょっとしたら……」
男「東大卒と東照権現が一つに?」
女「土用の丑の日うなぎ食え、だって、たんに『丑』の『う』と『うなぎ』の『う』を意味なくかけただけだよ?」
男「じゃあもう平賀源内でいいじゃん」
女「あいつは駄目だ。洋画も描いてる」
男「難しいもんだね」
女「少彦名は大国主を手伝ったあと、どこにすっ飛んでいったんだ? 無責任にもほどがある!」
男「少彦名は悪くないよ」
女「まあ、いまさら君とわたしにはそんな記念日必要ないけどな」
男「恋人たちの日に淡々と過ごすのもいいよね」
女「東照権現には悪いけどな」
男「仕方ないよ。神社が甘やかしてきた『神獣』はいまや日本中で大迷惑なんだから」


眠いのにここに書きながら、俳句歳時記読みながら、素直統合スレ見ながら、指先のひび割れと口内炎が痛い。もういやだ雨がやまない気がつくたびになんか時間が吹き飛んでる


156 :VIP魔法使い :2006/11/20(月) 02:09:33.03 ID:5wGdHRXA0
やがて>>155は気付く
吹き飛ばされた時間の中に、もう一人の自分がいることに…


157 :だんご屋のはる :2006/11/20(月) 02:21:41.92 ID:QDOWwxN00
女「カウントダウン、スタート! 10」
男「9」
女「捌
男「7」
女「陸」
男「5」
女「肆」
男「3」
女「弐」
男「1」
女「カウントダウン、開始!」
男「10」
女「11」
男「12」
女「13」
男「14」
女「14.1」
男「14.11」
女「999」
男「1000!」
女「イヤッッホォォォオオォオウ!」
男「このスレッドは1000を超えました」
女「そんなことよりエアギターにかわってエア生存しようぜ!」
男「佐藤さんがいるから、渡辺さんは誘えないよ」
女「じゃあ芋羊羹かえせや」


ξ゚⊿゚)ξ「なにやってんの、あの二人?」
(;^ω^)「よくわからないけど、二人は楽しそうだお……」


158 :VIP村人g :2006/11/20(月) 02:38:13.20 ID:tQrhuEvfO
ttp://p.pita.st/?v1hwi9bv


159 :VIP村人g :2006/11/20(月) 02:43:38.41 ID:tQrhuEvfO
ごめ、間違えてドイツ軍人あげてもた。

ttp://p.pita.st/?v9l5ligu
こっち。落書きうpした。


160 :壷ふりお京 :2006/11/20(月) 02:48:59.60 ID:LhJIG/ti0
>間違えてドイツ軍人
これ見るまでシグルイ並に内臓撒き散らして悦に入ってるわけわからん生物だと思ってました


161 :VIP村人h :2006/11/20(月) 03:18:13.00 ID:tQrhuEvfO
>>160
ごめんね、シュトロハイム見せてごめんね、ジョジョのガシャポンを見て思わず買ってしまってごめんね(´・ω・`)


163 :VIP足軽mp3 :2006/11/20(月) 06:09:40.50 ID:dGYwTFVB0
>>135
朝起きたら長編来てた
GJ!


164 :南蛮ムキトス :2006/11/20(月) 06:57:44.20 ID:5wGdHRXA0
素直シュールよ永遠なれ
いつかどこかでまた会う日まで
さよならなんて必要ない いつかどこかで会えるから


168 :VIP村人p :2006/11/20(月) 11:15:41.26 ID:tQrhuEvfO
誰か、誰かおらぬのか!


169 :水汲みおしち :2006/11/20(月) 12:12:33.44 ID:azP9eeLuO
お呼びですか地主様!


170 :VIP村人r :2006/11/20(月) 13:10:20.27 ID:tQrhuEvfO
ちょっと待って俺村人


171 :北町奉行 :2006/11/20(月) 13:40:48.44 ID:UJ1+TYjy0
もう金曜日か


172 :VIP村人s :2006/11/20(月) 14:08:40.11 ID:tQrhuEvfO
9時にはこのスレ落ちるんだよな………にょほ


174 :VIP村人u :2006/11/20(月) 16:07:45.12 ID:tQrhuEvfO
こ♪め♪食いっねぇ♪


175 :VIP村人w :2006/11/20(月) 16:28:26.66 ID:+3U9P29f0
チャラララララララ


176 :VIP村人Ecup :2006/11/20(月) 16:55:41.61 ID:ooS5dCtMO
こ♪め♪くいぬぇ~♪


177 :悲しい一人暮らし :2006/11/20(月) 17:59:07.77 ID:Qswqkn9wO
くぉ!むぇ!くうぃぬぇ!!!



180 :VIP足軽wwwww :2006/11/20(月) 18:59:35.47 ID:c6a2QCp80
もう金曜か、まるで月曜が今朝来たように早い一週間だったなぁ


181 :VIP魔法使い :2006/11/20(月) 19:52:29.29 ID:9CeY+5+hO
モキン

183 :籠屋の銀二 :2006/11/20(月) 20:20:46.37 ID:UJ1+TYjy0
せっかくだから俺はこの赤い扉を選ぶぜ