※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【リコーダーの一番下の穴】素直シュール【指届かないから米詰める】
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 22:58:09.73 ID:X7Ij48AJ0
女「突然なんだが。」
男「ん?」
女「・・・。」
男「・・・。」
女「・・・。」
男「・・・。」
女「米。」
男「・・・。」
女「・・・。」


避難所:http://yy27.60.kg/surrealism/

まとめ:http://sur.ifdef.jp/
まとめwiki:http://www14.atwiki.jp/gaseousform/

うpろだA:http://www14.atwiki.jp/gaseousform/pages/66.html

うpろだB:http://hoteism-hack.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/up/upup2.html

絵を描いた人はAでもBでも好きな方にうp!
Aのほうが若干まとめられるのが早いです
※リンクにある各サイトも必見です!

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 22:58:23.95 ID:D8Qpxud/0
※このホモスレにこのコピペを貼ると、貼った数だけいい女とセックルできるよ!!!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gaysaloon/1185315570/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆■■■■■▼■■■∬▼■∬■■■∬■▼■■▼■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋★
★■■▼■■∬■■■△▼■∬▼■▼△■▼■■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■▼■■△▼■▼△△■△∬■∬▲■∬■■▼■■╋■■■■■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋★
★■■∬■■△∬■▼△△▼△△∬△■▼∬■■▼■■╋■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■∬▼■▲△△△△△△△△△△▼△△■▼∬■■╋■■■■■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋★
★■■△∬∬■△△△△△△△△△△△△■▼∬△■■╋■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■△△△△△△△△△△△△△△△△∬△△△■■╋■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋★
★■■△△△△△△△    ~~    △△△△△△△■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■△△△△△△  ~~~~~~  △△△△△△■■╋╋╋╋╋╋■■■■■■■■╋╋╋╋╋╋★
★■■■△△△△  ~~~~~~~~  △△△△■■■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■■△△△      □□~~□□      △△△■■■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋■■■■╋╋╋╋╋╋★
★■■■■△      □□□~~□□□      △■■■■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋☆
☆■■■■               ||             ■■■■╋╋╋╋╋╋■■■■■■■■╋╋╋╋╋╋★
★■■■■      〓〓〓〓 ||〓〓〓〓     ■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■■■    〓〓       ||      〓〓   ■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋■■■■■■■■╋★
★■■■■           //  \\.        ■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■■■         //( ●● )\\       ■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋■■■■■■■■╋★
★■■■■     // □□□□□□ \\     ■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋■╋╋╋╋╋╋╋╋☆
☆■■■■▽   / □□□□□□□□ \   ▽■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋■■■■■■■■╋★
★■■■■■▽    □/〓〓〓〓\□    ▽■■■■■╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 22:58:31.24 ID:X7Ij48AJ0
素直シュールとは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C7%C4%BE%A5%B7%A5%E5%A1%BC%A5%EB

ツンデレ
「別にあなたの事なんか好きじゃないんだから!
 な、何笑ってるのよ!!本当だからね!」
素直クール
「君が好きだ。付き合ってくれないか?」
素直シュール
「米………そういえば君が好きだ」


【注意―Warning―】

ここは素直『シュール』スレです。
素直『クール』スレではありません。
書き込む際には確認をお願いします。


女「突然ですまないが君が好きだ」
男「実は俺も…」
女「あ、間違えた」
男「すk…え?」
女「みんなも誤爆には気をつけよう」

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 22:59:45.12 ID:ZLAZT6cU0
いちおつこめ。

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:02:07.53 ID:L5GOKUfa0
otu


6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:03:07.81 ID:X7Ij48AJ0
このスレは孝二に監視されています

-==ニ・ニ==-  -==ニ・ニ==-

    トェェェェェェェェェェェェェェェェイ

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:03:56.86 ID:QhEvABvTO
乙または丙

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:04:05.49 ID:ZLAZT6cU0
とぇぇぇぇぇぇぇぇぇい。の部分が気に入った。

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:04:13.90 ID:RwFpGDNgO
シベ「ふぇ?どうしたんですか?」
シベ「きゃっ!な、なにするんですかぁ」
シベ「い、いや!やめて、揉まないでぇ!」
シベ「そんなとこ舐めちゃらめえぇぇぇ!シベリア逝っちゃうぅぅぅ!!」






チ゚フ(…ハッ、なんて夢なのだ…鬱だ氏のう)

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:11:03.45 ID:qVYiYfI20
おつ

11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:11:30.79 ID:CWsxmWdZO
>>6
女「……ならば我々は孝二を監視しよう」
男「……」
チ゚フ「……」
シベ「……」
佐藤「……」
渡辺「……」
( ^ω^)「……」
ξ゚⊿゚)ξ「……」

これで全部か?


>>1

12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:13:35.09 ID:X7Ij48AJ0
女「喰らえリアル弾幕」
男「やめて!お米投げないで!」

13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:16:31.74 ID:JUUOJb8/0
>>11
懐かしい人がwwwwwww

14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:16:33.99 ID:ZLAZT6cU0
そういや昔のシューはよく生米投げてたような気がする。気がつくとその回数も減ったみたいだけど。

15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:20:03.68 ID:ZLAZT6cU0
ほ↑

16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:25:30.58 ID:t32qzdvL0
女「新ジャンルとは、あくまで『ジャンル』なのであって……」
男「まぁ、そうだな」
女「……」
男「……」
女「ところでジャンルって何……?」
男「……広辞苑先生曰く」
女「うん……」
男「ジャンル【genre(フランス)】 部門。種類。特に、詩・小説・戯曲など文芸作品の様式上の種類・種別。 ……だそうだ」
女「……」
男「……」
女「もう、『性格』とかそういう意味で使っちゃっていいよね……?」
男「部門とか種類とか種別とかという意味で使いなさい」
女「……」
男「……」
女「だからつまり、新ジャンルというのは……」
男「うん」
女「……」
男「……」
女「なんだっけ……」
男「……」
女「あぁ、もういいや……」
男「……そうか」
女「……」
男「……」

17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:25:43.89 ID:ZLAZT6cU0
しゅ↓

18あぼーん :あぼーん
あぼーん

19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:32:50.95 ID:ZLAZT6cU0


20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:35:02.18 ID:t32qzdvL0
女「つまり『素直シュール』という種類のキャラの話なわけで……」
男「……まだ続いてたの?」
女「要約すれば私は『素直シュールキャラ』の雛型ということに……」
男「要約っていうか飛躍してるよね、話が」
女「と、いうことは……」
男「……と、いうことは?」
女「私は全ての素直シュールキャラであると同時に、全ての素直シュールキャラは私である……」
男「な、なんだってー(棒読み」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「それが言いたかっただけなんだけどね……」
男「……そうか」
女「……」
男「……」

21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:37:12.91 ID:QhEvABvTO
女「早くも曜日感覚が無くなった」
男「長い休みに良くあるな」
女「ということで、今日はカレーを食べようと思う」
男「海軍式か」
女「うん」
男「…でも、皿の上にはご飯しかないよ?」
女「うん」
男「…カレーは?」
女「暑い」
男「……」
女「…材料はある」
男「…作るから、ご飯は炊飯器に戻そうか」
女「手伝うよ」
男「……」
女「♪」
男「…楽しそうだからいいか」

22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:38:14.08 ID:3c2ba92Z0
カレーは暑い吹いたw

23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:43:23.84 ID:ZLAZT6cU0
そういや晩飯はカレーだって言われてたのにテーブルについたらレトルトのハヤシライスの封がきってあったときの感情の落差はここでは簡単に言い表せないくらいに微妙。

24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:47:48.18 ID:t32qzdvL0
女「ハヤシはカレーのにせものってよつばが言ってた……」
男「とりあえずハヤシの発明者に謝れ」
女「……」
男「……」

25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:52:19.75 ID:KQ/4up+9O


26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:52:24.38 ID:t32qzdvL0
女「お米の国日本を救おう、おー……」
男「……懐かしいな」
女「まずどうしたらいい……?」
男「……自分で考えろよ」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「IDに出た数字だけお米を食べる……」
男「……つまり俺らは32粒?」
女「そう……」
男「……日本、救えるか?」
女「一人の一億粒よりも一億人の一粒……」
男「……」
女「……」

27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:52:35.15 ID:QhEvABvTO
女「暑い」
男「夏だから仕方ない」
女「…クーラー」
男「故障中」
女「アイス」
男「…あったかなぁ」
女「しろくまー」
男「食いたきゃ買ってこい」
女「……」
男「……」
女「…ワシントン条約に引っ掛かりそう」
男「アイスの方じゃないの!?」

28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:52:39.92 ID:ZLAZT6cU0
林「どーもすいません」

男「ちょw 三平師匠ww」
(チ゜フ (見えちゃいけないものが見えてるのだ……)

29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:56:03.42 ID:Q1D5OX5hO
>>1


30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:57:29.41 ID:ZLAZT6cU0
風呂いってついでにしろくま(氷)買ってくる保守。あとはまかせた。

31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:59:03.99 ID:tVIiG21V0
いちおつ

32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 23:59:15.19 ID:JUUOJb8/0
しろくまいいなー

33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:05:51.56 ID:kwPEh/rH0
ほし

34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:07:52.09 ID:gExB8Lel0
女「暑いね……」
男「……暑いな」
シベ「……」
女「シベリアが溶けてる……」
男「……溶けるか」
シベ「溶けてません……」
女「残念……」
男「……何が残念なんだ」
シベ「日本の夏って何でこんなに暑いんですか……?」
女「あぁ、シベリアが蒸発する……」
男「何でだろうな」
シベ「意味ないじゃないですか!こんなに暑い意味がないじゃないですか!!日本の夏意味ないじゃないですか!!!」
女「シベリアを上方置換……」
男「とりあえず二人とも落ち着け」
シベ「気温をマイナスにぃ!クーラーガンガンにぃ!!凍えて死ぬまでぇ!!!」
女「蒸留シベリアの完成……」
男「つーか何故二人とも俺の家にいるんだ」
シベ「クーラーがあるからです!私の家にはクーラーがないんです!!何故か知らないけどないんです!!!」
女「先生ー、ねこが蒸留シベリアの入ったフラスコ割りましたー……」
(チ゚フ (!?)
男「あー!もうお前ら出てけ!!」

35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:10:53.40 ID:z1hhbrmP0
いちおつ~

36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:13:58.18 ID:KhVcvysu0
女「~♪(ぎゅー)」
男「……。」
女「~♪(ぎゅー)」
男「……なんで俺に抱きついてる?」
女「今日の気温は37℃。」
男「らしいね。」
女「人の体温は約36℃。」
男「……うん。」
女「だから、抱きついてた方が涼しいかなって。」
男「それ、絶対間違ってる。」


37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:20:50.89 ID:7pdpF5yM0
うっほ

38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:22:45.06 ID:gExB8Lel0
女「リコーダーの一番下の穴……」
男「……」
女「指届かないから米詰める……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「何となく卑猥な響き……」
男「……そう感じるのは多分お前だけだ」
女「……」
男「……」

39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:25:19.01 ID:Vs8b5z6KO
女「夏」
男「……」
女「プール」
男「……」
女「シベリアのスク水姿」
男「!!」
女「想像するなよーやらしー」
男「…分かった。しろくまが欲しいんだな。そうなんだな」

40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:29:33.46 ID:gda5nNTV0
寝あしたは
前サタデー
保ナイト
守フィーバー

41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:33:28.81 ID:y3RpMBHlO


42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:39:55.23 ID:9K3WDvM/O
ほさ

43保守がてら新ジャンル:素直シュールな母 :2007/08/04(土) 00:40:02.44 ID:FDp4m0w8O
息「いってきまーす」
母「待って息子、いってきますのちゅうとお弁当を忘れている」
息「あ、ごめん、ありがとう(弁当受け取る)」
母「今日のは自信作だから購買派の哀れな子ゾルゲたちにも恵んでやるといい、ではちy」息「改めていってきまーす」

シーン

母「…あの年にして放置プレイ…恐ろしい子!」

44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:46:45.02 ID:PYNIRU4R0
かっぽー着姿のシューがくねくねしつつ身悶えてる姿が浮かんだ。

45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:54:58.65 ID:GFptDtPPO
くねくねと聞いて先週のスレの絵が思い浮かんだ。

ところで。



寝前保守。

46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:58:04.81 ID:gExB8Lel0
女「暑い……」
男「……あちーなー」
女「……」
男「……」
女「暑い……」
男「……何か飲み物」
女「あーつーいー……」
男「……げ、何もねぇ」
女「蜃気楼の術……」
男「……シュー、飲み物買ってきてくれないか」
女「いいけど……」
男「はい、じゃあこれお金」
女「行ってくる……」

47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 00:59:01.44 ID:gExB8Lel0
女「ただいま……」
男「缶ジュースか」
女「はい……」
男「おお、サンキュ……熱っ!!!!????」
女「コクコク……」
男「バカかお前は!!バッカじゃねぇか!?もしくはアホか!!!何でホット買ってきた!!!」
女「ん……?」
男「可愛く言っても無駄だ!!!このくそ暑いのにホットココアなぞ飲めるかぁ!!!」
女「ココア、おいしいよ……?」
男「もういい!ココアは飲まん!替わりにお前のその……何だそれ?え?ポーション?そんなのどこに売ってた?」
女「そこの自販機で……」
男「ポーションが自販機で売ってるわけ……ってそんなことはどうでもいい!そのポーションよこせ!」
女「いいけど……」
男「……よく考えたらポーション……いや、今は冷たい飲み物なら多少不味くても……でもなぁ……」
女「いらないの……?」
男「……いや…………飲む」
女「はい……」
男「……いただきます」
女「……」
男「……ぷはぁ、不味いなやっぱ」
女「間接キス……」
男「……いつも間接どころか直接キスしてるのに何を今更」
女「今日は間接の気分だったから……」
男「……お前、まさか最初から」
女「なんのこと……?」

48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:00:23.79 ID:PYNIRU4R0
実に策士だw

49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:09:56.43 ID:PYNIRU4R0


50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:12:26.91 ID:FDp4m0w8O
学校にて、昼休み

友1「息子ー、たまには一緒に飯食おうぜー」
息子「!…いいよー(弁当出す)」
友2「いいよなー毎日弁当で、俺なんてまた今日もパンだ」
友3「しかもおまえんちのおばさんすげー美人だし。うちのクソババアととっかえてほしいよ」
友1「でもなんでいつも一人でコソコソしてんだ?一緒に食えばいいのに」
息「(カパッ)…これを見ればわかるよ…」
友s「…!これは…」
友1「ご飯の中に、でっかいハートマーク…」
友2「しかもよく見たら、赤飯だ…」
友3「そして五穀米で器用に描かれた、息子LOVEの文字…」
息子「こんなのみんなの前で食べられないよ…」
友s「…イイ!」
息子「…え?」
友1「母親にそこまで愛されてるなんて、今時相当珍しいだろ!」
友2「毎日こんなに手間かけて弁当作ってくれるなんて、恥じることはないぞ、この幸せもんが!」
友3「ああ…ますます理想のかーちゃんだ、むしろ嫁にry」

息子「こんなのばっかり…」

51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:14:14.07 ID:7pdpF5yM0
理想のかーちゃんだ、むしろ嫁にry

52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:23:58.78 ID:PYNIRU4R0
嫁にほしゅ。

53素直シュール母 :2007/08/04(土) 01:24:03.03 ID:FDp4m0w8O
とりあえず思い付きでやってみた。反省はしていない。
でもこのまま続けてもいいのだろうか?本筋から離れすぎるのもあれだしなぁ

54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:28:52.22 ID:gda5nNTV0
素直分が多くてもいいじゃない
シューのいつもの行動を考えるとそれさえもシュールだもの  みちお

55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:31:04.56 ID:7pdpF5yM0
素直分多めは俺の大好物だ!!!

56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:32:11.84 ID:gExB8Lel0
男「なぁ、俺に>>50みたいなお弁当作ってくれたりとかしないか?」
女「え……?」
男「シュー料理上手だろ?」
女「いいけど……」
男「マジで?ありがとう」
女「お腹壊したらごめんね……?」
男「待て、何を作る気だ」

57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:40:34.96 ID:gda5nNTV0
1z-「yv7

58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 01:52:22.99 ID:7pdpF5yM0
保守


59素シュー母:参観日 :2007/08/04(土) 01:57:19.66 ID:FDp4m0w8O
母「明日は参観日だ」
息子「…」
母「息子の勇姿はこの目にしっかり焼き付けねばならない」
息子「…」
母「しかし問題は服装だ、大阪のおばちゃん衆のごときド派手な服&香水まみれの姿は、間違っても晒せられない」
息子「(…母さんなら大丈夫だと思うけど、わりとセンスいいし)」
母「そこで服装安価>>息子」
息子「なんだよそれ…別に目立たなければなんでもいいと思うよ」
母「なるほど、目立たなければよしと…木の葉を隠すなら森というやつだな」
息子「そこまでは言ってない、しかしなんだろうこの嫌な予感」

60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:03:27.72 ID:gExB8Lel0
女「夏と言えばプール……」
男「……行きたいなあ、プール」
女「夏と言えば海水浴……」
男「……行きたいなあ、海水浴」
女「夏と言えば水着……」
男「……見たいなあ、シューの水着姿」
女「ありがとう……」
男「……どういたしまして」
女「……」
男「……」
女「実は着てる……」
男「……何を?」
女「水着……」
男「服の下にか?」
女「うん……」
男「マジで?」
女「君の要望にお答えして……」
男「見せてくれるの?」
女「じゃん、この夏新作の――って言うと魅力が10%くらいアップするって聞いたから言うけど――水着……」
男「おお、途中の説明が何か気になったけど凄く可愛いよ」
女「ああ、このサービスシーンの魅力はとても文章じゃ伝えられない、絵師さんが、絵師さんが来てくれないと……」
男「……露骨な催促はよせ」
女「と、いうことで女の子の水着姿を見て夏の暑さを吹っ飛ばせキャンペーンでした……」
男「……キャンペーン?」
女「涼しくなった……?」
男「体の一部分がむしろ熱くなったけどな」
女「……」
男「……」

61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:03:36.16 ID:7pdpF5yM0
wktk

62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:16:09.04 ID:7pdpF5yM0
干す

63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:18:06.63 ID:PYNIRU4R0
ここで寝る前保守

64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:27:46.52 ID:FDp4m0w8O
次の日、参観日当日
息子「いってきまーす」
母「いってらっしゃい、そして頑張ってねのはg」
息子「(華麗にスルー)」
母「…あのフェイントテクニック…全カバディ界に衝撃が走るな」
母「さて、準備をしよう…ふむふむ、私もまだまだいけるじゃないか」

学校
友s「おっはようMyベストフレンド!」
息子「おはよ、なんかテンション高いな」
友1「当然だろ、だって今日は参観日!!」
友2「当然お前のおばさんも来るよな!?」
息子「…来るけど、そんなにはしゃがれても、ところで3、そのカメラは?」
友3「これか?もちろんシューさんを隠し撮r」息子「ハーミットパープル!!(ドグシャア!!)」
友3「ああ!何てことを!」
息子「母親をみすみす撮らせてたまるか!」
キーンコーンカーンコーン
担任「おーい、そろそろ席につけよー…さあ、保護者の皆さん、中へどうぞ」
ゾロゾロ…あらまあ、やーねぇ

息子「(北か…さて母さんは…)」
息子「(………!!!)」
一瞬、時が止まった

65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:27:47.03 ID:/ymNc2PlO


66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:33:23.97 ID:gExB8Lel0
女「>>64流石にこの夏新作の水着で授業参観に来たら時間も止まるよ……」
男「予想はいいが、木の葉を隠すなら森、のくだりを無視するな」

67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 02:45:40.98 ID:7pdpF5yM0
寝る前保守

68そして時は動き出す :2007/08/04(土) 02:55:19.98 ID:FDp4m0w8O
息子「(い、今起こったことをry母さんがセーラー服で、最近不登校気味の孝一の席に座っていた!)」
息子「(友s、特に友3はもう発狂寸前だし…みんなも騒いでるよ…)」
ざわざわ…ざわざわ…
担任「えー静かにしてください、それでは授業を始めます」
息子「(突っ込めよ!何普通に流してんだ!)」
息子「(まあいい…落ち着け…実際あれが俺の親だって知ってるのは友sくらいなんだ、このままやりすごすんだ)」

担任(歴史)「はい…は…で…。ではこの頃起こった一揆のことを総じて何という?」
母「(ウズウズ)」
息子「(いかん…答えは米一揆!米のことで母さんが黙ってるはずがない!)」
母「は…(手を挙げかける)」
息子「はい!米一揆です!」
担任「正解、この辺テストに出すから覚えとくんだぞー」
息子「(ふー、間一髪)」

69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 03:12:15.53 ID:kKN4+C5e0
wktk

70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 03:36:12.69 ID:2EGlR7z80
寝る穂

71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 03:37:31.33 ID:FDp4m0w8O
授業終了、放課後
母「息子くん♪一緒に帰ろ☆」
息子「キモい。つうかさぁ…目立たない格好してこいって、言ったはずだけど」
母「してきたじゃないか、廊下を歩いてても誰も気付かなかったし」
息子「確かにギリギリ女子高生に見えないことも…じゃなくて、えーと…まあいいや、さっさと帰ろう」

帰り道
息子「それにしても非常識だ、息子の授業に参加する親なんて」
母「じょうしき?なにそれおいしいの?」
息子「…まあいいや、母さんの奇行は今に始まったことじゃないし、それにしても今回のは度がすぎる」
母「…私ね」
息子「…?」
母「親としてではなく、同じ生徒の目線で、君がいつもすごしてるクラスを見たかったんだ」
息子「…」
母「安心したよ、友達がいて、先生がいて、女子とも少し話したけどいい子ばかりで、とても楽しいクラスだった」
息子「…そっか」
母「過保護かもしれないけど、息子には最高の学校生活を過ごしてもらいたい、まああれなら心配ないようだ」
息子「…確かに過保護すぎるよ、でも…」
母「…でも?」
息子「…いや、何でもない」
母「いじわる」
息子「とにかく、こういうのはこれっきりにしてくれよ」
母「チッ」
息子「チッじゃない!」母「ちぇ☆」
息子「キモい」

息子「(でも、そんな母さんが大好…いや、まて、違うぞ、そう言う意味じゃry)」


72おまけ:もうみんな寝たかな? :2007/08/04(土) 03:44:50.36 ID:FDp4m0w8O
母「それにしても…」
息子「?」
母「若い頃を思い出しちゃうなぁ、こんな風にして、毎日男と一緒に帰ったもんだ」
息子「ふーん」
母「…ねぇ、息子」
息子「?」
母「…ちょっとだけ、腕組んでいい?」
息子「ブハッ!ななな何を」
母「何だか懐かしくなっちゃった」
息子「…まあ、ちょっとくらいなら…」
母「ありがと♪息子くん大好き☆」
息子「キモいっての」

母「(何だか…あの頃の男に似てきたかな?…ふふ、早いもんだ)」

73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 03:56:57.88 ID:kKN4+C5e0
GS!
そしてお母さんを僕に下さいwww

74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 03:57:36.60 ID:z1hhbrmP0
>>72
まだ起きてるんだぜ
乙なんだぜ


75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 04:17:17.13 ID:SLzctzNkO
ブフ

76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 04:29:53.26 ID:z1hhbrmP0
ポシュ

77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 04:54:09.53 ID:t819RNzoO


78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 05:19:22.52 ID:z1hhbrmP0
まー

79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 05:45:11.47 ID:KhVcvysu0
女「まんまみーや」

80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 06:06:29.67 ID:PYNIRU4R0
おはようほしゅ

81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 06:08:00.39 ID:PYNIRU4R0
そして遅ればせながら、おかーさんのひとGS!

82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 06:23:25.76 ID:MDlDGiTFO
おかーさん可愛いよおかーさん
シュール分大目なのもお願いしたい

83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 06:41:59.80 ID:z1hhbrmP0


84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 06:43:12.54 ID:KdKfhzToO
>>18になんて書いてあったかとてもKininarimasu保守

85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 07:05:01.58 ID:z1hhbrmP0


86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 07:26:50.80 ID:z1hhbrmP0
人いない?

87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 07:47:25.06 ID:z1hhbrmP0


88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 08:21:11.85 ID:z1hhbrmP0
ラスト保守

89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 08:54:38.99 ID:KhVcvysu0
ほしゅ

90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 09:06:55.44 ID:KhVcvysu0
>>14

女「お米を投げるのはもったいないことに気づいたんだ。」
男「確かに、食べ物を粗末にすることは良くないな。」
女「その代わりといっては何だが、消しゴムのカケラを投げよう。」
男「お前は小学生かっ!」
女「……えい。(ポイ)」
男「痛っ……くはないが、なんか地味にイヤだ!」
女「…えい、えい。」
男「って、よく考えると、それももったいないよな。」
女「…大丈夫。」
男「?」
女「この後、スタッフ(君)がおいしく頂くから。」
男「食わん!」

91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 09:44:10.42 ID:bHY5SaJtO
保守

92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 10:12:14.20 ID:PYNIRU4R0
(チ゜フ <わんわん。

93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 10:19:47.10 ID:MDlDGiTFO
(シ゚フ <こめこめ。

94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 10:31:29.55 ID:MDlDGiTFO
おっと間違えた
(シ゚フ はシベだった

(テ゚フ <では改めて、こめこめ。みんなも誤爆には気をつけよう。

95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 10:57:49.26 ID:16UgWLTvO
母は俺の嫁ほす


女「男!あの、よかったら手作りのお弁当を……」
男「弁当あるの!?ありがとう!」
女「作ってこい」
男「……命令!?」

96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 10:58:35.24 ID:y3RpMBHlO


97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 11:21:32.38 ID:kwPEh/rH0


98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 11:36:20.77 ID:y3RpMBHlO


99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 11:37:55.97 ID:16UgWLTvO
夢で逢えたら


男「なんだろうここ……妙に薄暗くて……視界もぼんやりしてる……」
男「……」
男「……シュー?」
女「……」
男「……どうしたシュー、元気がないぞ」
女「男。今まで私に付き合ってくれて本当にありがとう。とても楽しかった」
男「……シュー」
女「あんまりこういうのを言うのも私っぽくないけど……男。大好きだ。これからもずっと大好きだ」
男「……俺も、シューのこと大好きだよ。
  ていうかさ、今までってなんだよ?これからもずっと一緒なんじゃないのか!?」
女「ごめん、男。時間だからもう行くよ。私のこと忘れちゃ怒るからな」
男「……おい!待てってシュー!!どこに行くんだよ!!」


男「……夢」
男「なんだろう、凄く悪い予感がする」
  PPP……PPP……
男「はいもしもし男です。……シベリア?」
シベ『男さん、大変なんです……実は……女さんが……』
男「!!」
シベ『……相手が寝てるときに好きな夢を見せることが出来る機械を発明したらしいです』
男「そぉい!!!!」

100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 11:44:43.57 ID:GFptDtPPO
そぉい!!wwwwwwwwwwwwwwww

101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 11:53:57.74 ID:9K3WDvM/O
米粒噴いたww

102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 12:06:08.18 ID:FDp4m0w8O
今沖田保守

103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 12:35:55.85 ID:OegvTL100
もょもと

104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 12:46:20.52 ID:y3RpMBHlO


105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 12:56:49.42 ID:YDHkmbOe0
ほにゅ☆

106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:10:30.16 ID:SLzctzNkO
羽生

107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:21:18.58 ID:y3RpMBHlO


108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:21:30.19 ID:gExB8Lel0
女「羽入……」
男「羽入」
女「あぅあぅあぅ……」
男「あぅあぅあぅ」
女「……」
男「……」

109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:31:39.81 ID:0FrPmGgH0
クールが落ちたorz


110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:34:25.76 ID:FrdvavR00
油断したな…

でもあっちはまた月曜日に立つし。

111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:36:40.51 ID:9K3WDvM/O
女 「……」
男 「どうしたの?」
女 「姉が寝てしまった」
男 「お姉さん?」
女 「仕方ないから孝二に味噌塗ってくる」

孝二「……最近何か物足りないなあ」
女 「……」
孝二「あ、シューさん……あ! その手の物h」
女 「みそー、こうじみそー」
孝二「や、やめてくださいよぅ」(あれ? 何だろこの充足感は?)
シベ「……まともな人はいないんでしょうか」
チ゚フ 「……(類は友を)」
シベ「何か言いましたか?」
チ゚フ (何も言ってないのだ! だからレモンだけは、レモンだけは勘弁なのだ!)

112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:39:25.12 ID:gExB8Lel0
女「夏といえば夏祭り……」
男「そういえば今日だっけ?」
女「夏祭りといえば浴衣姿の女の子……」
男「おお」
女「ここに取り出だしたるは私の浴衣……」
男「おおお」
女「……」
男「……」
女「着付け手伝って……」
男「俺が!?」
女「うん……」
男「……俺わからんぞそんなの」
女「やり方は聞いてきた……」
男「じゃあその人に着付けてもらえよ……」
女「えーと、まず最初に服を脱いで……」
男「こら、脱いだ服をそこらへんに散らかすな」
女「ああ、このサービスカットは文章だけではとても表現できない、絵師さんがいないと……」
男「だから催促するのはやめろと」

113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:41:49.44 ID:xqIbFEAL0
男「油断した!クーさんが落ちた!」
女「米断よりまし。どうせクー姉は月曜日には復活するし」
シベ「米断?ねえ米断って?少しは心配しましょうよ」

114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:46:31.30 ID:lAb8goKm0
米断ってwwwwwwwwwww

115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 13:53:23.17 ID:gExB8Lel0
男「えーと、まずは浴衣に袖を通す……と」
女「あまりジロジロ見ないでよエッチィ……」
男「無理言うな」
女「で、次は……」
  (中略)
男「で、できた」
女「できたね……」
男「うん、可愛いぞシュー」
女「ありがとう……」
男「どういたしまして」
女「ああ、この浴衣姿の可愛さは絵師さんが……」
男「それはもういいっつーの」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「行こうか、お祭り……」
男「……そうだな」
女「……」
男「……」
女「手、つないでいい……?」
男「当たり前だろ」
女「男、大好き……」
男「俺もシューのこと大好きだよ」

116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:01:48.76 ID:Fczp+nj10
GJ!
絵師光臨期待☆保守

117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:03:16.98 ID:y3RpMBHlO



素直分多めも良いなー。

118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:08:18.33 ID:NHLqvKs9O
女「むぐっ・・ちゅぷ」
モニュモニュモニュモニュ
男「ん・・そこ」
女「れろれろ・・じゅ」
クリンクリンクリン
男「首らへんも・・・そう・・気持ちいい・・」
女「んむ・・・むふむ」
シュパシュパシュパシュパボチュ
男「ぅうぁ・・・い、いぃ・・・!!ひょひょぉおぉおぉおぉおぉお!!」
ビククッッ トロー
女「出ちゃった・・・お口の中から・・・」
男「肩揉み中はアイス棒食うのやめてくれっっ!!早く取って!冷たい気持ち悪い」
女「アイシングも肩凝りに効くかもしれない」
ヌルヌルヒヤー
男「やめろwww塗り広げずに早く取ってwwwヒヤッ」
女「もったいないから舐めて取ってみるか」
男「え・・・ぁ・・・」
女「ラッシー!チョビ!シーザー!カモン!」
ワオーン!ドドドドドッッ
男「え・・・ちょwwwwwwぃやぁぁぁぁぁぁwwwwwwwww」
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロワンワンハッハッ
女「む・・これは・・・アイス・・・!?って言ってる気がする」
男「ァヒィwwwァヒィwwwタスケァヒィwwwwww」

119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:09:16.11 ID:bHY5SaJtO
米断ちなんて無理よ! 残酷だわ


原曲わかったら尊敬する。むしろ引く

120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:11:35.64 ID:0x/8nrzU0
クールスレ、今回は落ちるの早かったね。


ク「少しは心配してくれてもよかろう」
シュ「姉者・・・迷って出てきたか。お盆はまだだぞ」
シュ男「落ちただけでまだ生きてるって」



121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:13:00.57 ID:0D3EkEL60
>>118
おっきした

122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:24:24.94 ID:GCPLzPJZ0
ラッシーチョビシーザーワロスwwwww

123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:38:15.65 ID:FDp4m0w8O
ピンクローター思い出したwww

124以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 14:50:14.03 ID:IyfaNUYt0


125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:01:25.41 ID:1KAjLF920
ほにゅ☆

126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:01:55.00 ID:y3RpMBHlO


127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:10:55.88 ID:y3RpMBHlO


128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:11:22.55 ID:k/ypvR4g0
女「好き・・・・・・・・・そう言えば君が米だ」
男「米!?俺は米だったのか?」

129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:22:17.68 ID:h38Y9DFI0
女「君だけじゃない、私も、シベリアも、孝二も、男友も女友もネコも、みんな米だったんだよ」
男「な、なんだってー(AA略」



130以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:24:11.60 ID:NHLqvKs9O
>>112>>115
男「これじゃ俺だけ見えない・・・」
女「米・・・美味しい」
男「米しか見えない・・・」
http://kjm.kir.jp/?p=133079

131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:28:10.12 ID:VgiOERBJ0
女「そう、これはみんな米の見ている夢なんだよ…だから・・・」
男「・・・だから?」
女「一つになろう」
俺「アーッ!」

ってところで昼寝から起きた俺ガイル。


132以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:38:13.47 ID:gExB8Lel0
男「ようやく自分のネタが絵になったことについてどうお考えですか?」
女「催促したかいがありました……」
男「……」
女「……」

嬉しいぜひゃっほう!!!
>>130GJ!!

133以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:41:26.39 ID:PYNIRU4R0
ほしゅーる

134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:46:30.06 ID:9K3WDvM/O
>>119
女「……脱穀の極意」
男「は?」
女「つまり和式フレイルを全力で振り回す準備動作」
男「当たりかどうかも微妙なのに、さらに変化させてどうするのさ」
女「……つまり野球観戦にはおにぎりが最適と言うことだな」
男「具は梅干しで良い?」
女「冷たい麦茶は任せてもらおう」

135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 15:48:38.54 ID:mDio/GKr0
女「米と※と*って似てるよね」
男「そうなのか?」
女「ということで、君の*に米を入れさせてくれ」
男「アーッ!」

136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:00:51.44 ID:NHLqvKs9O
男「なんで殺人事件現場にきたんだよ」
女「夏だし。それよりあれ・・・」
男「ん?字が書いてあるな・・・『お こ め』・・・??」
女「推理する」
男「唐突に・・・探偵漫画読んだな・・・」
女「わかった。アナグラムだ。」
男「アナグラムって・・・」
女「並び変えて読むんだよ。いくよ。お・・」
男「ちょぉぉぉwwwwwwストップゥゥゥwwwストップゥゥゥwwwwww」


137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:13:50.07 ID:16UgWLTvO
>>130
おまいさんからは80年代お色気漫画の匂いがする
無論いい意味で


女「なぞなぞ。ベッドの上でするもので、最初は痛くて血も出ちゃうけど愛があるからできることってな~んだ?」
男「それ俺知ってる。答えは『献血』だな!」
女「……」
男「……」
女「……私の」
男「??」
女「私の想い出を返せ……」
男「……!! ちょ、シュー」
女「痛くて泣きべそをかいてた私をギュッと抱き締めて
  『痛いか?ごめんな』ってキスしてくれた時、私は『この人でよかった』と心の底から思ったんだぞ!
  あの温もりを忘れたというんだな!!このバカ男ぉ!!!」
男「……忘れてなんかないさ。今だってシューのことが大好きだし」
女「……またあの時みたいにギュッとしてくれるか?」
男「……当たり前だろ」
女「よかった……。そうだ、言いたいことがあったんだ」
男「なんだ?」
女「答えは『献血』です」
男「(#^ω^)ビキビキ」

138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:23:11.22 ID:bHY5SaJtO
いまから秋葉行く保守

139以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:23:37.45 ID:GCPLzPJZ0
>>130 GS

140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:36:38.44 ID:GCPLzPJZ0
ho

141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:43:45.02 ID:sttSaOde0


142以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:46:37.92 ID:FDp4m0w8O


143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 16:55:57.36 ID:PYNIRU4R0


144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:02:31.93 ID:PYNIRU4R0


145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:10:53.11 ID:y3RpMBHlO


146以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:22:24.23 ID:GCPLzPJZ0


147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:28:59.52 ID:M3ydXzI50
ほオオオオオオオオオオオオオshuuuuuuuu

148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:36:03.84 ID:jd6iXWrFO


149以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:43:00.22 ID:V6OxHZUZ0
米・・・・・・そう言えば君が保守だ。

150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 17:50:27.88 ID:16UgWLTvO
女「保守もいいが何か書いていってくれたまえ。私への愛とか」
男「だが断る」

151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:02:17.65 ID:SLzctzNkO
もしゃあ

152以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:10:08.65 ID:jd6iXWrFO
わしゃあ

153以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:10:10.91 ID:mx8R5TWM0
愛を米て、保☆守!

154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:23:57.08 ID:FDp4m0w8O


155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:31:06.61 ID:y3RpMBHlO


156サザソのトリヴィア :2007/08/04(土) 18:31:31.40 ID:sM0cmgaV0
(´;ω;`)ブワッ

157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:38:52.69 ID:bHY5SaJtO
シューに愛を米て
保守

158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:40:46.62 ID:+7PDTbqRO
―――しりとり―――

男「んじゃ「あ」から」
女「あきたこまち」
男「父の日」
女「ひとめぼれ」
男「練習」
女「うるち米」
男「。。。。。」
女「。。。。。」
男「。。。。。」
女「。。。。。」
男「インコ」
女「米」

159以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 18:46:45.76 ID:jd6iXWrFO
ほしべりあ

160以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:00:35.62 ID:y3RpMBHlO


161以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:00:43.52 ID:bHY5SaJtO
>>158
男優しいですね

162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:04:08.05 ID:jd6iXWrFO


163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:16:53.67 ID:9K3WDvM/O


164協力求む :2007/08/04(土) 19:17:23.15 ID:cTN1GXux0
★,・:*:・゚本日午後9時にAAA公式ホームページに凸します,・:*:・゚☆

AAA(トリプルエー)のメンバー伊藤千晃がアメリカ、ボルチモアにある山の頂上のある岩にスプレーで「JPN AAA 2007」と落書き。自身のブログで報告。
公式掲示板ではこのことに批判する者と擁護する者とで論争となり炎上したが、本人による謝罪はいまだない。
このことに対し、2ちゃんねるではAAAの公式HPのTOPに田代砲及びゲイツ砲による攻撃(サーバーダウン)決行する。
☆攻撃開始時刻 本日8月4日 PM9:00
★攻撃目標 AAA公式ホームページ
☆仕様武器
・ゲイツ砲 (史上最強の田代砲です) ※推奨
・メガ粒子田代砲 (インストールなどの必要がないので楽です)
・携帯用田代砲 (携帯の方はこれを使ってください)
※詳しくはVIPへ http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1186191794/855

昨日有志が集いエイベックソに挑戦しましたが・・・

敗北

VIPがこれでいいのか??
有志よ!
今からでも遅くはない!
AAAに制裁を!!

165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:30:06.06 ID:9K3WDvM/O
おち

166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:48:45.18 ID:FDp4m0w8O
ぽしゃ

167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:51:39.62 ID:NzS0clfM0
>>130
おまwww
これはウィキにうp出来ないwww
今回スレを見ていたヤツは勝ち組だな

168以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:51:45.70 ID:jd6iXWrFO


169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 19:54:30.11 ID:bHY5SaJtO
素直シュールのSSを書こうとしていたらいつの間にか素直クールになっていた
何を言っているかわからry


普通のネタを素直シュールでやるのは難しい……

170以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:02:29.05 ID:Us8H5tmj0
ぃやっふう!

以下9レスの間ずっと俺のターン!!

171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:02:55.26 ID:Us8H5tmj0
『シュールな交錯 その後』



 鏡も砕けるであろう眩い笑顔に、ヘドロよりも気持ち悪い濁った眼。
 濃い紫色に所々黄色が混じった特徴的な長髪に純白の服装。
 俺の目の前に座っているのは紛れもない、間違えようもない――

「男、作ってきてやったぞ。弁当だ、弁当だぞ? 余りの便利さに
十得ナイフが市場どころか史上から消える危機だ! いや、ナイフは
機器だ! 奇気か? 奇々か? 奇々化? あっはっはっはっは」


 ――女だ。



 俺の人生、何を何処でどう間違えたのか、それとも最初から正解なんて
存在しなかったのか、バイクで登校(正確には窓をぶち破っての突入と言うか
テロと言うか)した俺と女は今生きている。
 俺は教室に突っ込んだ時に軽い打撲と擦り傷(奇跡である事は言うまでも
ない)、真っ直ぐにガラスをぶち破って教室に特攻したはずの女は何故か無傷
だった。
 不公平じゃね?

172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:03:19.08 ID:Us8H5tmj0
 何はともあれ校長室に呼び出され、こってりと絞られた俺と女。
 教室に戻ってきた時には既に昼休みだった事もあり、今に至る。

 滅茶苦茶に荒れていた教室も今ではすっかり元通りになりつつあるが、
突き破られた窓だけは緑色のビニールが全面に張られていた。
 言うまでもなく、破片が教室内に入ってくる事を防ぐためである。
 しかしクラスメイト達はそれをも話の種にする、という逞しさを見せ、
昼休みを昼食にて飾っていた。
 なんと張本人たる俺と女が帰ってきた時もノーリアクションである。
 ある意味では有り難かったが、ある意味では寂しくもあった。
 というか罵倒してほしかった。
 変な意味でなく。


「まぁとくと拝め、いや、拝まなくていいから見ろ。刮目しろ」
 俺が弁当を食べようとすると、女が机を寄せてくる。
「これが私の作った弁当だ。どうだ? 良い出来だろう? 褒めるな
誉めるな照れるじゃないか、あっはっはっはっはっはっは」

 そう言いながら色取り取りのおかずや真っ白のご飯が詰められた
弁当の写真を見せてきた。


 持って来いよ。


173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:04:01.87 ID:+hIayFbuO
さる回避

174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:04:10.66 ID:Us8H5tmj0
 その日の帰り。下駄箱置場を通過し、玄関から顔を出してまだ幾歩も
進んでないうちに、俺は女に捕まった。

「男、いやはや奇遇だな。私も丁度ここでお前を待ち伏せていたところだ」
 こいつは奇遇の意味を理解しているのだろうか。
 ――いや、こいつに理解を求めるのは些か以上に無駄かもしれない。
 俺は長い付き合いから悟っていた。
 女は理解しない。
 女がするのは解釈と介錯だけだ。

「……待ち伏せ?」
「ふふ、そう身構えるな。何も襲いに来た訳じゃない。これだよ、これ」
 女の指す方向、下へと視線をやると、
「後ろに乗れ、男。乗せて行ってやる」
 女はホッピングに跨がっていた。

 これはあれである。
 突貫工事に使いそうな工具の先にバネを装着し、跳ねる事をスポーツと
化させてしまう恐ろしい遊具である。
 当然ながら一人限定である事は言うまでも無い。
「どうした男。早く乗れ」

 ふざけるのも大概にしてもらいたい。


175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:04:37.91 ID:Us8H5tmj0
 朝方窓ガラスを突き破って登校してなくとも、そんな度胸試しは御免被る。
 例えスネオの謀略によって仲間外れにされた直後ののび太であっても、
脊髄反射で断る事は火を見るより明らかである。

「……勘弁してくれよ。第一何処に乗――」
「嫌なのか」

 途端、女の顔が曇る。
「男、お前がそこまで冷たい男だとは思わなかった」
 言いながらホッピングを胸ポケットにしまい、
「私は悲しいぞ」
 制服の首元から一本の氷結済み秋刀魚(さんま)を抜く。
「許せよ男。ダークサイドに染まったお前を私色に染め直す」

 女の七ツ道具の一、サンマブレード。
 氷結させる事により刃物に負けずとも劣らぬ殺傷力を持たせ、使用後は
時間の経過と共に融解し、銃刀法をもすり抜ける。
 さらに凍らせ方によってはブーメラン型にもダーツ型にも形状を変化させ、
投擲(とうてき)さえも可能。
 勿論緊急時には空腹をも満たす。
 その信じがたい使用範囲は女の頭脳も相俟って十徳ナイフも真っ青である。

 この秋刀魚を使い、教頭先生の最後の希望(一本)を断ち切ったのは余りにも有名。
 いつも威張っていた教頭先生の絶望振りより「波平からクリリン」という
諺(ことわざ)が誕生した。


176以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:05:03.19 ID:+hIayFbuO
回避

177以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:05:17.82 ID:Us8H5tmj0
「ま、まぁ待て女。俺が言ってるのは乗るところが無いって事だよ。
どう見ても一人用だろそれ」
 一人用もクソも、二人用のホッピングなど生まれてこの方見た事さえないのだが。
「……何を言うかと思えば」
 女は秋刀魚を胸ポケットにしまい、自分の背中に、
「特等席だ」
 立てた親指を向けた。

 黙れタコ。

「絶対嫌だ。断固として断る」
 即答。
 当然である。
「何だ、この前電車をこの背中で受け止めて見せただろう。何が不満だ」
「……考えろよ、俺の立場を」
 例え相手が女で無くとも、事もあろうに男子が女子に背負われて帰宅など、
まだ這って帰った方が万倍マシである。
 世間の目以前に、プライドの問題だ。

「……そうか。まぁ男だからな」
 女は拳を顎(あご)に付け、
「ふむ、無理もない」
 一人で呟く。


178以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:05:45.28 ID:Us8H5tmj0
「だろう? だから――」
「分かった。そこまで言うのなら分かった。ならばこの私の命、男、お前に
預ける」
 え。

「私が二人分の荷物を持ち、お前の背中に乗る。ハンドルはお前が持て」
 ぅえ?

「男、思い上がった私を許せよ。お前がそこまでのチャレンジャーというか、
勇気溢れる豪傑だとは思わなかった」
 ぅええ?!

「我が愛機『シベリアン』は少々気が荒いが、今のお前なら心配は無用だな。
ふふ、何処となしか、普段より頼もしく見えるぞ、男」
 ぅえええ?!!

「よし行くぞ男! 背中を貸せ!」
「ぅええええええええ?!」
「何だその返事は」
 何だその話の展開は。
「っざっけんなよ! 何でお前を乗せて跳ねまわりながら帰宅しなきゃ
行けないんだよ!」
 今考えてみれば、どっちが上でどっちが下かなど、然したる問題ではない。
 余りにも衝撃的過ぎて、行為そのものに問題がある事に気付けなかったのである。


179以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:06:16.06 ID:+hIayFbuO


180以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:06:30.04 ID:Us8H5tmj0
「んなぁに、そんな小さな問題などいざ跳び始めてしまえば気にならなくなる」
 それを世間一般に「ふっ切れる」「ヤケクソ」「後は野となれマウンテン」
と言う。
「良いから私を乗せろ、そして跳べ。新しい世界はすぐそこだぞ、男」
 そんな世界とは一生無縁で過ごしたい。
「……とりあえず俺は帰るよ。じゃあな」

 一歩。
 二歩。
 さらに数歩歩いたところで振り返ると、女はホッピングに掴り、顔を俯けて
いた。
「……」
 あいつが俺以外と口を利いた所など見た事がない。
 俺以外に一緒に帰る奴などいるはずもない。
「……」
 あいつなりに笑いを取ろうとしたのだろうか。
 余計なパフォーマンスは身を滅ぼす……というよりあいつは学習しないの
だろうか。
「……」
 女は俯きながらぶつぶつと何かを呟いている。
「はぁ」
 俺は溜め息一発、元来た道を後戻り。
 女の元へと歩を進めた。


181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:06:49.17 ID:Us8H5tmj0
 全く、一緒に帰りたいならそう言えばいい。
 無意味に不可解な行動を起こすから、周囲から仲間外れにされる。

「……シベリアン射出装置『シベ』解放準備、パワージェネレーター出力最大」

 あいつも何処かで間違えてなければ素直で良い娘になっていただろうに。
 何か辛い事でもあったのだろうか。

「……ジェネレーター出力、18Mボルト、パワーサプライ」

 情けとか偽善とか、もう考えるのも面倒だけど。
 このままだと後味悪いし。
 基本的に悪気なんてあった試しがないんだから、もう少しくらい。

「……目標N-52ーE170」

 もう少しくらい、付き合ってやっても――


 俺が最後に見たのは、地面が爆発するよりも一瞬早く突っ込んでくる女の腕。
 俺の腹辺りにそれは食い込み、俺の背中に空気の壁を突き破らせた。

 おれのいしきはそこらへんでとぎれたようなきがする


182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:07:17.77 ID:+hIayFbuO
回避

183以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:07:31.58 ID:Us8H5tmj0
「N方向に+0,1123°の修正が必要だな」
 俺が目を覚ますと、目の前には山が二つ、その先に女の顔があった。
 後頭部が柔らかい何かによって支えられている。
 体中が痛い。
 酷く痛い。
 考え事はあと回しにさせてほしい。

「なぁ男」
 それから女は飛んでいる時の心地を俺に語った。
 早過ぎて景色が見え辛かったとか、俺に話しかけても無視されたとか、
やっぱり地球は青かったとか。
 女は話し方が下手というか、言葉の表現が独特で、ノってくると解読が
難しくなってくる。
 俺は半分ばかし適当に聞き流す。

 女は楽しそうだった。
 口がよく動いているのが見える。
 唾飛ばすな。
 身振り手振りというが、心なしか手が三本に見える。
 ああ、あれ舌か。たぶん。

 ここが何処なのかは分からなかったが、蝉の鳴き声が聞こえてきた。 
 たぶん、日本。
 だといいな。なんか暑い。熱い。

 END

184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:08:22.52 ID:Us8H5tmj0
回避支援してくれた方に全身全霊の感謝を。

185以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:09:22.65 ID:bvSLrV830
GJ!
サンマブレードってwww
どこの生臭い殺し屋だよwww

186以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:12:30.27 ID:ky2nEjXf0
gj&gs!!

>>119
今更だがみのりんか

187以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:12:54.94 ID:+hIayFbuO
最後の方の雰囲気が秀逸

188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:14:58.02 ID:gExB8Lel0
なんかいい感じにヒートも混じってる気がするGS

189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:25:01.42 ID:gda5nNTV0
これはいい焼きおにぎり

190以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:32:37.14 ID:gExB8Lel0
女「花火、綺麗だね……」
男「あぁ、そうだな」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「『シューの方が綺麗だよ』は……?」
男「……言って欲しいのか?」
女「そうでもない……」
男「心配するな、シューは十分綺麗だ」
女「ありがとう……」
男「どういたしまして」
女「……」
男「……」
女「あ、米……」
男「……こ、米だ」
女「米の字花火……」
男「あの花火を作ったのは誰だぁ!!」
女「私……」
男「嘘つけ!」
女「こーめやー……」
男「誰がうまい米を食えと」

191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:37:09.76 ID:A73ZwLne0
米☆ミ

192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:41:25.95 ID:PYNIRU4R0


193以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:48:47.57 ID:FDp4m0w8O


194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 20:57:42.84 ID:A73ZwLne0
保守☆!

195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:00:10.26 ID:4dhTRqeO0
ほォー!

196以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:07:39.81 ID:PYNIRU4R0
ほゃー!

197以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:18:31.30 ID:jd6iXWrFO
ほぇー!

198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:24:45.46 ID:XRo/7/KB0
ほぅー!

199以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:30:40.63 ID:Us8H5tmj0
ほふぅ

200以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:31:26.52 ID:jd6iXWrFO
ふぅ

201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:39:04.60 ID:PYNIRU4R0
ふええ?!

202以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:43:39.78 ID:bHY5SaJtO
>>186
あ、ばれた

203以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:46:14.86 ID:bvSLrV830
0い0

204以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 21:53:05.06 ID:0D3EkEL60
ほっ

205以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 22:01:33.54 ID:jd6iXWrFO
はっ

206以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/04(土) 22:09:51.22 ID:FDp4m0w8O
線香花火

チリチリチリ…ポタッ
男「…あ、落ちた」
女「…やっぱり大きいと、垂れるのも早い」
男「そうだな…」
シベ「…なんで二人ともこっち見るんですか?」