新ジャンル「甘えクール」
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172608551/
1 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:35:51.19 ID:bqaZZI5u0
男「おい起きろ女、遅刻するぞ」
女「おはよう男、早速だが服を脱がせてくれ。制服はそこにある」
男「自分でしなさい」
女「ほう・・・仕方がない」

女「着替えたぞ男、朝食はまだか?私は腹が減っているのだ」
男「目玉焼きと食パンだ、食え」

女「さあ、学校へ行こうか。男、靴を履かせてくれ」
男「へいへい・・・」

女「学校へ出発!」
男「女・・・俺の背中で暴れるな」


2 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:36:51.64 ID:hJ29CIul0
早く寝ろ

3 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:39:57.01 ID:sK2QV++X0
【マフラー】

女「男、おんぶ」
男「はいはい」
女「今日は寒いな」
男「んー、そうですね」
女「カバンの中にマフラーがあるのだが」
男「……巻けと。そういうのはおんぶの前に言ってほしいですね」
女「いや、自分で巻く。いいから前見て歩け」
男「…」

パサ…

男「……?あれ?」
女「……手作りだぞ……暖かいか?」
男「……そうですね。あったかいです。なんかちくちくしますけど……」
女「む。ちょっと私の髪の毛も巻き込んでしまったからな。痛かったぞ」
男「そういうときは髪を結ぶべきですよ」
女「いいから前見て歩け。……いつもありがとう……」
男「…////」



4 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:40:44.89 ID:sK2QV++X0
【お返し】

女「あ、男」
男「女さん。今日は早いですね」
女「なにを言ってる。待ってたんだぞ。おんぶ」
男「はいはい……」
女「……そのマフラー……」
男「?昨日くれたやつですよ?気に入ったんで巻いてきました」
女「……ふん。まあいい」
男「それと……はい」
女「?なんだこれは?」

男「手袋です。女さん寒そうにしていたから……お返しです」
女「……うぁ……ん、ありがとう」
男「いえいえ」
女「ん」
男「え?」
女「なにをぼーっとしている?早くつけてくれ」

手を突き出して…ああ、手袋をはめろと。

男「はい。これでいいですか?」
女「///あったかいな///お気に入りだ。大切にするぞ」
男「それはどうも……ほら、行きますよ?」
女「ん」


5 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:41:17.02 ID:sK2QV++X0
【飴】

女「男、男」
男「ん?どうしました?」
女「さっきな、そこで飴を売ってたんだ」
男「……だめですよ甘いのは。歯医者行ったばっかりですよ?」
女「……食べたい」
男「だめです」
女「どうしてもか?」
男「ええ」
女「泣くぞ」
男「ご自由に」

女「…」
男「…」
女「……どうしてもだめか?」
男「……買うだけ買ってあげますよ。あしたの治療が終わったら食べていいですよ」
女「!!ほ、ほんとうか!?早く!早く行くぞ!」
男「わっと!袖を引っ張らないでください!」
女「あのな、ぐるぐるしてるやつだ。いいか?ぐるぐるしてるやつだぞ?」
男「はいはい…」



6 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:41:21.45 ID:ibXF2HhM0
            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \
        //, '/     ヽハ  、 ヽ
        〃 {_{       リ| l.│ i|    
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    
         ヽ|l ●   ●  | .|ノ│    ん~
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    
         | /⌒l,、 __, イァト |/ .|    
          | /  /::|三/:://  ヽ |    
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, .|


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         。   / /" `ヽ ヽ  \
      o   //, '/     ヽハ  、 ヽ
       ゚  〃 {_{⌒    ⌒リ| l │ i|
         レ!小l三    三 从 |、i|
          ヽ|l/// 、_,、_, ///  |ノ│  アリにょろ~!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

7 :クリフト ◆NknFhHs./w:2007/02/28(水) 05:41:49.01 ID:p1uoekam0
とても傲慢な女性ですね

8 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:42:01.91 ID:sK2QV++X0
【テスト】

女「こら、寝るな男」
男「んん……ああ、すいません」
女「ちゃんと勉強しないと、進学できないぞ?」
男「分かっちゃいるんですが……やっぱり苦手ですね」
女「そんなこと言うな。教えてやるから頑張れ」
男「そうですね。折角女さんに教えてもらってるんですから……頑張ります」



女「こら、寝るな男」
男「……おっと!すいません……」
女「……もう五回目だぞ?そんなに勉強嫌いか?」
男「すいません……」
女「それとも私がダメなのか?教え方がだめか?」
男「あ、いえいえ。女さんは何も……」
女「……男が進学できなければ……私は誰に甘えればいいのだ?」
男「…」
女「やだぞ。一人なんてやだ。ちゃんと勉強しろ」
男「……/////わかりました////」
女「うむ」


9 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:42:57.68 ID:sK2QV++X0
【結果オーライ】

女「なあ、男」
男「はい」
女「たまには男をおんぶしてやりたい」
男「……はい?」
女「ほら、ほらほら」
男「……無理ですよ」
女「わからんぞ?やってみる価値はあるはずだ」
男「…」

女「ふにっ……んんん……」
男「無理ですって。これじゃただ僕が抱きついてるだけですよ」
女「…それでもいいか」
男「…////」
女「じっとしてろ。寒いんだ」
男「女さんは寒がりですね……あ、流れ星だ」
女「!!ね、願い事!」

女「……あー……」
男「間に合いませんでしたか?」
女「ふん」
男「どんなことお願いするつもりだったんですか?」
女「…お嫁さんだ」
男「…////」
女「こら。もっとちゃんとはぐはぐしろ。寒いぞ」



10 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:43:05.47 ID:S3+qfEfu0
申し訳ないが男に萌える

11 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:43:30.36 ID:sK2QV++X0
【ねこたん】

男「女さーん……あれ?」
女「ここだ」
男「おっと!どうしたんですか?道路に寝そべったら汚れますよ?」
女「……みろ」
男「?あ、猫」
女「車の下から出てこんのだ……カリカリで釣ろうとしてもこない」
男「?なんででしょうね?でも逃げようとも……あ、なんだ」
女「?」

男「よっと、いてて!こら!暴れるな!」
女「!!やっとでてきたか。やっぱり男は手が長いな」
男「痛いって!噛むな!いてて!」
女「?やけに暴れてるな?」
男「そうですね。ほら。怪我してるんでしすよ。いててっ!」
女「!!だ、大丈夫か?ねこたん!」
男「どうやら足を怪我したみたいですね。轢かれたのかな?」
女「!!し、死ぬのか!?ねこたん死ぬのか!?」
男「大丈夫です。病院に連れて行きましょう」
女「ほら!ねこたん!カリカリあげるから頑張れ!」
男「……ねこたん////」



12 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:44:16.83 ID:sK2QV++X0
【だめ】

女「なあ男」
男「あ、ちょっと待っててください」

女「おい男」
男「あ、ごめんなさい。ちょっと先生のトコへ行く途中なんです」

女「男」
男「ごめんなさい!移動教室なんで、また帰りに!」

女「…」
男「あ、女さん。さあ、帰りましょう」
女「ちょっとこっちこい」
男「え?あ!」

男「どうしたんですか?」
女「……はぐはぐしろ」
男「こ、ここでですか?」
女「早く」
男「…」
ぎゅー…
女「今日三回無視した。寂しいから無視するな」
男「ああ、すいませんでした……」
女「私のこと好きか?」
男「ええ、もちろん」
女「……ならいい。許す。私も大好きだ」
男「////」



13 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:44:52.29 ID:sK2QV++X0
【こわいゆめ】

ピンポーン
男「?誰だ?こんな時間に……」
ガチャ
女「……こんばんは」
男「!!女さん!?どうしたんですか!?こんな時間に……」
女「……会いたくなった」
男「??」
女「さっきな、恐い夢を観たんだ。男が私の隣から居なくなる夢だ」
男「…」
女「おんぶしてほしいのに男は居ないんだ…呼んでも声が響くだけで…」
男「……それで……パジャマで走って来たんですか?」
女「恐かったんだ……」

男「バカ!」
女「!!」
男「こんな時間にそんな格好で……変な人に襲われたらどうするんですか!」
女「お、男……」
男「そんなときは電話しなさい。なんのために一緒に携帯買ったんですか……バカ!」
女「だ……だって……だってぇ……」
男「……ほら。風邪引きますよ。入ってください」
女「!!」
男「今日は、一緒に寝ましょう。親も居ないですし……隣で寝ててあげます。ほら。入ってください」
女「……うむ」
男「あーあ……スリッパですか……ほんとにもう……」
女「////」



14 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:45:19.93 ID:WoWTkK1yO
全然ダメだな

15 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:46:44.91 ID:WbcocJuG0
やばい、かなり好きだ

16 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:46:58.33 ID:7UnzVH0H0
女「やあ、こんばんは、男」
男「女・・・なんだこんな夜中に」
女「お風呂が壊れた」
男「そうか・・・」
女「しかし、私はお風呂にはいりたい」
男「・・・銭湯・・・行くか?」
女「うん」

男「ボディソープ」
女「よし」
男「シャンプー」
女「よし」
男「リンス」
女「よし」
男「タオル」
女「よし」
男「バスタオル」
女「よし」
女「アヒル船長・・・よし・・・!!さあ、行くぞ」
男「アヒルは置いていけ、アヒルは」

女「さあ行くぞ男号」
男「・・・背中で暴れるな、落ちるぞ」

17 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:47:36.45 ID:7UnzVH0H0
女「男、私の家に来てくれ」
男「なぜだ」
女「今日は両親がいない・・・分かるな?」男「・・・」

女「ときに男」
男「なんだ」
女「カレーには催眠効果があるのを知っているか?」
男「ほう・・・つまりは夕食のカレーをつまみ食い、もとい半分食べたと・・・」
女「・・・あぁ」
男「・・・」

女「風呂に一緒に入ろう」
男「断る」
女「仕方ない・・・アヒル船長と一緒に入るか・・・」

女「さあ、風呂にも入ったし寝よう、布団までおんぶしてくれ」
男「はいはい」

女「寝ようか」
男「なぜ俺とお前が同じ布団で寝なければならんのだ」
女「いいじゃあないか・・・おやすみ・・・」
男「抱きつくな・・・おやすみ・・・」

18 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:48:05.03 ID:g1lHnsOBO
>>13
萌え死ぬ

19 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:48:33.51 ID:orR2ShW+0
C.C.じゃないか

20 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:51:23.17 ID:bqaZZI5u0
>>17
一個忘れてるぞ。


21 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:52:29.61 ID:sK2QV++X0
【お弁当】

男「はい。女さん」
女「…?」
男「今日は僕がお弁当作ってきましたよ」
女「ああ、ありがとう」
男「いつもありがとうございます」
女「……当たり前だ。私は男のお嫁さんになるんだ。花嫁修業だ」
男「////」
女「で、中身はなんだ?」
男「はい。女さんの好きな甘い卵焼きです。母親に教わりながら作りました。食べてください」
女「…」

男「?」
女「何してる。あーんだ。あーん……」
男「ああ、そっか///はい、あーん……」
女「もぐもぐ……」
男「どうですか?」
女「……まだまだだな。やっぱり私のほうが上手い」
男「……そうですか……」
女「ほら。つぎだ。あーん……」
男「…」(でも全部食べてくれるんですね……)
女「むぐむぐ……男も食べろ。あーんしろ?あーん……」
男「////ほんとだ。ちょっとしょっぱいや///」
女「な」


22 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:53:40.49 ID:7UnzVH0H0
女「男くん。疲れたからおんぶしてくれ。」
男「はいはい。」
女友「ちょっと、女。男くんの扱いここんとこ激し過ぎない?」
男友「そーそー。奴隷とか下僕って感じ?」
女「何を言う。私は男くんの事を下僕等と思った事は、一度足りともないぞ。」
男「……へ?」
女「男くん。何故君が一番驚いた顔をしている?」
男「いや、だって…」
女「一番依存しているのは、私なんだ。男くんが居なければ何一つできない。
私には、君が必要なんだ…。
……わかってくれたかい?」(ぎゅぅっ)
男「お…、おう…。」(////)
女「む!購買が開く時間だ!
プリンを買いに、行くぞ男号!」
男「うおおぉぉっ!みなぎってきたぁあぁあぁ!」(ドドドドドド


男友「魔女だな、ありゃあ…。」
女友「魔女ね…。」

23 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:55:48.24 ID:t4ZKy7dy0
俺もC.Cで再生された

24 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:56:11.84 ID:sK2QV++X0
>>23
C、Cってなんだ?

25 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 05:58:39.84 ID:sK2QV++X0
【抱っこ】

女「男。帰るぞ」
男「あ、はい」

女「今日はな、おんぶじゃなくていい」
男「え?」
女「抱っこだ。抱っこ」
男「///抱っこですか////」
女「うん。そっちのほうが甘えやすい。ほら、抱っこ」

ぎゅっ

女「うんうん。いいぞ。あったかい」
男「///でもこのまま帰るのはちょっと難しいです……」
女「?なんでだ?」
男「……俺そんな体力ないです……」
女「私が重いのか?」
男「いえ、今日は体育がサッカーだったんで……足ががくがくです」
女「そうか……じゃあ抱っこは今度だ。あ……おんぶもダメか?」
男「……すいません」
女「しかたないな……」
男「その代わり、手を繋いで帰りましょう」
女「もちろんだ。男に貰った手袋。片方貸すから、素肌で暖めろ」
男「////」

ぎゅっ


26 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:01:07.83 ID:t4ZKy7dy0
>>24
ギアスのキャラだよ


27 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:01:41.95 ID:UPUN/OEDO
>>24
クロスカントリーじゃね?

28 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:03:14.68 ID:WbcocJuG0
>>24
CCガールズだろ

29 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:04:38.47 ID:5d2t7hHKO
これはダメだ。もう俺はダメだ。なんかきた。

31 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:04:58.15 ID:gwSyynJAO
>>24

家畜人ヤプー

33 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:06:29.22 ID:H1jP10rkO
…………畜生!かわいい!

34 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:07:25.60 ID:IiY7Ilxv0
あ、これキタわ

35 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:08:11.50 ID:sK2QV++X0
【ちょっと昔①】

男「……こんな所に呼び出して何の用ですか?」
女「すまない」
男「?」
女「どういえばいいのかよく分からんが……はっきり言うぞ?」
男「はい?」

女「好きだ」
男「……!!!え!?」

女「?だから好きだ。付き合ってくれ」
男「え?ええ?」
女「?」
男「そ、そんな……」
女「……だめか?」
男「だ、ダメじゃないですけど……俺なんか……」
女「男じゃないといやだ。ずっと男におんぶされたかったんだ」
男「……おんぶ?」
女「うん」


36 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:08:51.81 ID:sK2QV++X0
【ちょっと昔②】

男「……おんぶですか……」
女「うん。さっそくいいか?」
男「え?あ、はい」

女「よいしょっ……ん、温かいな」
男「////」
女「これからよろしくな。私今すごいどきどきしてるぞ」
男「////僕もですよ////」
女「あ、白髪」
男「え?いたたっ!抜かないでください!」


37 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:11:27.55 ID:w3W83M9t0
あぁこれは全然ありだわ

38 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:12:02.76 ID:g4zH1bfsO
甘えっていうかものぐさな感じね

39 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:16:44.03 ID:g1lHnsOBO
こういう恋人が欲しい。

40 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:17:09.44 ID:sK2QV++X0
【電車】

男「女さん」
女「なんだ?」
男「今日は僕の買い物に付き合ってもらっていいですか?」
女「ん、もちろんだ。どこに行くんだ?」
男「ちょっと欲しいCDがあるんです。電車に乗りますよ?」
女「……電車か……」
男「?」

女「電車な、乗ったことない」
男「あ、そうですか……じゃあ今日が初めてですね」
女「うん。楽しみだな?」
男「そうですね」
女「あれか?駅弁を食べるのか?」
男「……そんな遠くには行きませんよ?」
女「む、そうか……」
男「おなか空きましたか?」
女「…」
男「じゃあ駅弁買いましょう。でもそんなお金ないから――」
女「ひとつでいい。食べさせろ。食べさすから」
男「/////はい///」
女「可愛いのな」
男「はい」


41 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:18:18.30 ID:WlRfje1pO
これはいい

42 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:18:22.98 ID:jMSLyUl9O
あっちむいて

男「ほい」
女「む」
男「僕の勝ちですね」
女「今のはずるいぞ、タイミングが遅い」
男「‥いや、ぜ」
女「遅い」
男「‥はい、すみません。じゃあもう一度」
女「ん」

あっちむいて

女「ほい」
男「‥今、僕のを見てからやりませんでした?」
女「この位で気にしては勝負にならないぞ、次」
男「はいはい、じゃあいきますよ」
女「ん」

43 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:21:17.81 ID:sK2QV++X0

女「男」
男「はい?」
女「なんかな、ぼーっとする」
男「??あ、風邪ですか?」
女「わからん。でもしんどい」
男「そりゃ風邪ですね。いけない、家に帰りましょう。」
女「やだ」
男「いけませんよ。もっと悪化しちゃう」
女「やだ。三日ぶりに男に逢えたんだ。もっと一緒に居る」
男「…」

女「くしゅん!」
男「ほら。くしゃみでた。帰りますよ」
女「……いやだ」
男「わがままだめ。大丈夫。一緒に居ますから」
女「……でも親が居るぞ?」
男「いいですよ。あいさつしましょう」
女「……結婚か」
男「!!ち、ちがいます!!あーあ、真っ赤になって////」
女「////」



44 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:22:19.41 ID:a76yTkbh0
えっち編の甘えクールはどうなるのか気になります

45 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:22:41.20 ID:iKb3sSfMO
なんだろうこの世界。

46 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:24:58.03 ID:sK2QV++X0
【キス①】

女「なあ男」
男「はい、なんですか」
女「キスだ」
男「!!!!」
女「?なにをびっくりしてる?」
男「キ、キスですか?そそ、そんないきなり……」
女「む?いやか?」
男「いやじゃないですけど……////」
女「早いか?まだか?」
男「///いいんですか?」

女「もちろん」
男「で、でもなぁ////」
女「忘れてるな?」
男「え?」
女「今日は何の日だ?」
男「???」
女「……もういい」
男「あ、待って!」


47 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:25:04.73 ID:BPUspotBO
これは良ジャンル

48 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:27:58.27 ID:sK2QV++X0
【キス②】

女「…」
すたすた…

男「女さん?待ってくださいよ!」
女「…」
すたすた…

男「…?怒ってる?」
女「…」
ぴた!

男「!」
女「ほんとに忘れたのか?」
男「……すいません……」
女「……泣くぞ?」
男「え!?そんな大事なことですか?」
女「うん。もう泣きそうだ」
男「!!ちょ、ちょっと待って!!……えーと……あ」
女「思い出したか?」
男「もしかして……」


49 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:29:10.30 ID:rZGD0LslO
うん…なんか…良いよ

50 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:29:21.39 ID:vxR8mhrDO
このスレの発案者はいつくるかな

51 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:31:43.11 ID:sK2QV++X0
【キス③】

男「今日って……付き合いだして一ヶ月……」
女「その通り」
男「!!ご、ごめんなさい!俺……そういうの覚えれなくて……」
女「そうか。もうだめだ」
男「あ!」

女さんの目から…涙が零れだした。

女「ひっく……」
男「……ごめんなさい……」
女「ばかばか……ひっく……」
ぽこぽこ!
男「ほんと……すいません。だめですね。僕」
女「ばかばか。ずっと我慢してたんだぞ。ずっとキス我慢してたんだ……」
ぎゅっ…
男「何でですか?」
女「ひっく……キスは……うぅ……初キッスは記念日にするって決めてたんだ。ばかばか」
ぽこぽこ!


52 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:31:45.67 ID:bqaZZI5u0
>>50
オレは代理。
『そろそろ真面目に新ジャンルを考えようぜ』が発祥。
発案者は、日が変わったせいで分からん。

降臨してくれるのを期待しているが。


53 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:32:38.59 ID:530ok4YwO
コレは…キタわ。
イミフとかでまとめられて欲しいなぁ。
ガンガレ>>1

54 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:32:54.46 ID:sK2QV++X0
>>50

発案者降臨するまでは俺がんばるさー


55 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:34:20.57 ID:7UnzVH0H0
この調子なら落ちることもなさそうだな安心

56 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:34:48.19 ID:5d2t7hHKO
だめだこれは俺には最高

57 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:35:33.88 ID:edVyKihn0
適当におもいついた反省はしてない
女「男、今日の放課後暇かい?」
男「暇だけど?」
女「じゃあ付き合って欲しいところがあるんだ。」
男「わかった。放課後な。」
そして放課後
男「付き合って欲しいところって公園かよ。しかも人気が全く無いぞ」
女「計算どおりだ。さて、しようか。」
男「え・・・するって何を・・・?」
女「決まってるだろうSEXだ。」
男「ちょ・・・それは無理だろ。こんな所で・・・」
女「男も私も一人暮らしではない、更に金も無い。だから
ここでするのは合理的だと思うが?それに私も恥ずかしいのだ。
女に恥をかかせるな。」

そして・・・・・


58 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:36:22.68 ID:sK2QV++X0
【キス④】

男「ほんとごめんなさい……」
女「うぅ……」
男「うん。キスしましょう」
女「……ほんとか?」
男「はい。目を閉じてもらえますか?」
女「……ん……」

ちゅっ…

男「……ぷはっ!////今までありがとうございました///これからもよろしくお願いします!////」
女「///どきどきだな///もういっかいして?///」
男「///」

ちゅっ!

女「ふぃ////大好きだ。もう記念日忘れるなよ?また泣くぞ?」
男「はい……もう忘れませんよ。愛してます」
ぎゅー…


59 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:36:41.24 ID:Yegrev700
なにこの智代みたいな女

60 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:37:00.65 ID:Wpo/Gd/lO
素晴らしい。これは噂の執事萌えか?

61 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:37:36.21 ID:g1lHnsOBO
>>57
アッー!

62 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:37:36.80 ID:7UnzVH0H0
どうしてもハヤテが浮かんでしまう

63 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:37:45.24 ID:sK2QV++X0

ちなみに俺の得意分野はエロだ。

でもむつごくなりそうだから…ここは純愛で…

64 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:39:46.83 ID:5d2t7hHKO
【SEX⑬】

65 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:39:58.43 ID:bqaZZI5u0
>>63
この短時間に、よくそんなに書けるなぁ。
尊敬するぞ。


66 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:40:21.99 ID:Wpo/Gd/lO
>>62 あ~なるほど!君主が浮かんだ俺は死ぬべき。

67 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:40:40.27 ID:H1jP10rkO
ID:sK2QV++X0ってスレいくつ掛け持ちしてるんだ?
こんだけ書けるって凄いな…

68 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:40:50.91 ID:rZGD0LslO
ブリーチのルキアが浮かんでしまう

69 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:45:12.85 ID:sK2QV++X0
【膝枕①】

女「男の部屋は綺麗だな」
男「そうですか?」
女「うん。男の子の部屋って汚いものだと思っていた」
男「はは、僕は趣味もなにもないですからね。あんま物置かないんですよ」
女「……ベッドもふかふかだな」
男「///」
女「?なんだこれは?」
男「え?ああっ!!」

女「……裸……」
男「そ、それは……その……」
女「……えっちだな」
男「!!す、すいません……」
女「裸見たいか?」
男「!!!?」
女「……恥ずかしいが……恋人だもんな」
男「え!?あ、あの……」
女「……やっぱ無理だ……どきどきがとまらん……ごめん」
男「///いいですよ。そんなのまだ早いんですよね?」
女「…」
こくん


70 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:45:22.38 ID:jMSLyUl9O
~公園~
女「あのブランコに乗ろう」
男「懐かしいですね」
女「しかも立ち乗り」
男「僕も昔よくやりましたよ」
女「よし、もっと押してくれ」
男「大丈夫ですか?」
女「ん、もっと」
男「はい」
女「もっと」
男「はい」
女「…」
男「…」
女「…」
男「…」
女「止めて」
男「?」
女「…」
男「…」
女「…ちょっと怖かった」

71 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:47:33.08 ID:edVyKihn0
暇なので
男「昼休み屋上に呼び出して何ですか?女さん」
女「ふむ。男は毎日食堂でパンだそうだな?」
男「そうですよ。でも、今日はもう無理だから昼飯抜きっすね。」
女「阿呆め。私がそんな事を考慮していないとでも思ったのか?」
男「え・・・」
女「ほら、弁当だ。私の手作りだぞ。」
男「俺・・幸せだなあ。ん?もしかして指の包帯は・・・」
女「そうだ。しかしそんな事はどうでも良い。早く食え。
初めて作ったんだ。」
男「いただきまーす。」
女「ど・・・どうだ?美味か?」
男(やばい・・・これはこの味は調味料の配分がめちゃくちゃだ・・
しかし)
男「旨い。すげえ旨い。」
ガツガツガツ
女「ほ・・本当か。それはよかった。さて、私も弁当を食べるとしよう。」
男「ほんt・・・・・う・・・m・・・い。」
パタッ
女「男!どうした!しっかりしろ!誰か!誰か救急車を!」


72 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:47:59.55 ID:sK2QV++X0
【膝枕②】

男「すいません……そんな本捨てますね?」
女「む。そのほうが嬉しいな」
男「…」
女「辛いか?」
男「!!そんなことないですよ!?」
女「……男の子だもんな」
男「……///」
女「えっちなことは……よくわからんが……ちょっとだけ大人なことをしてやろうか?」
男「え?」
女「あのな。漫画で読んだんだ。ちょっとこっちきて」
男「???」

ベッドに座る。女さんが正面に来るように。



73 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:52:30.18 ID:+SNABNaaO
女「今日は私がしてやろう。ほら、力を抜け」
男「えっ? ちょっ……女さん、待って……」
女「えーと、確か……こう、だったか」
男「くっ……」
女「ん…しょっ、と」
男「ふっ…ん……」
女「そして、ここを…こうっ」
男「んはぁ!」
女「ふふ……可愛い声だな。もっと聞かせろ」
男「あぁぁ……女さん…くぅ……ぅああ……」


女「ふぅ……どうだった、私の肩もみは」
男「最高でした」

74 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:52:32.23 ID:sK2QV++X0
【膝枕③】

女「ほら」
男「?」
女「膝枕。こっちこい」
男「!!!」
女「いやか?」
男「!!と、とんでもない!いいんですか!?」
女「うん」
男「////では、失礼……」

ぽふん!

女「どうだ?」
男「///いいです///最高です///」
女「そうか」
なでなで…
男「!!」
女「大好きだぞ。甘えろ」
なでなで…
男「////」
女「いつも私が甘えるばっかだからな。たまにはいいだろ」
男「そうですね////」
女「…」



75 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:52:39.33 ID:5d2t7hHKO
女「トイレ」
男「………」
女「はやく…」
男「………」

76 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:52:44.91 ID:1B94+nvVO
wktk

77 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:52:52.77 ID:rZGD0LslO
テカテカ

78 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:53:28.10 ID:bqaZZI5u0
『ご立腹』

女「男、ちょっとこっちに来るんだ」
男「? どうしたんですか?」
 ペシッ
男「いたっ! え、な、なに? 
  いたっ 痛いっ!」
女「お前はバカモノだッ」
 ペシッ ペシッ
男「痛いですって!
  オレが何したんですか!?」
女「そこがお前のバカなところだ。
  見ろ、この冷蔵庫を。プリンが切れてしまったではないかっ!」
 ペシッペシッ
男「痛いですって!
  分かりました。今から買ってきますよ。それでいいですね?」
女「おんぶ」
男「……ついて来るんですね」
女「当然だ。私は男が一緒じゃないとダメなんだぞ?
  よし、それでは行けー、男号ー!」


79 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:53:28.58 ID:7UnzVH0H0
>>75
じわじわきたwwwwwwww

80 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:54:27.33 ID:H1jP10rkO
( *´д`)あまーい!

81 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:55:55.69 ID:sK2QV++X0
【膝枕④】

男「さ、もういいですよ。ありがとうございました」
女「ん……そうか……」
男「?なにぼーっとしてるんですか?こんどは女さんですよ?」
女「え?」
男「ほら。おいで?」
女「…」

ぽふん!

男「うん。相変わらず可愛いですね///」
なでなで…
女「ん。やめろ///照れる///」
男「やめていいんですか?」
女「……やだ。やめるな。なでなでしろ」
なでなで…
女「/////やっぱ甘えるのがいいな///」
男「はい。僕は甘えられるのがいいです///」
女「大好きだぞ」
男「愛してます」
なでなで…


82 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:57:03.73 ID:iKb3sSfMO
女さんのタメ口と男さんの敬語がマッチしててイイ!

83 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:57:08.05 ID:7UnzVH0H0
今だけ俺の頭から消えろハヤテえええええええええええええ

84 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:57:22.99 ID:ibXF2HhM0
  ワクワク
 +   +
|  +  +
|" ̄ ゙゙̄`∩  + クマクマ
|      ヽ +  +  +
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、+
| (_●_)  ミ     ヾつ +
| ヽノ  ノ●   ● i
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ

85 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:58:56.77 ID:jMSLyUl9O
男「…あの」
女「ん」
男「…一つ…いいで…すか」
女「何だ」
男「もう…げ、限界です…耐えられませ…」
女「もう少し」
男「…」
女「…」
男「…」
女「嫌か?」
男「いや…嫌とい…訳では…な」
女「じゃあもう少し」
~お姫様だっこ耐久レース~

86 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 06:59:17.45 ID:H1jP10rkO
もう悶死しまくりな俺ガイル

87 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:00:27.78 ID:sK2QV++X0
【公園①】

男「あったかいですね」
女「うん」
男「こうやって公園にくるのもたまにはいいですね」
女「うん」
男「さて、お弁当食べてもいいですか?」
女「うん。今日は頑張ったぞ。三段だ」
男「うわ、すごいですね……」
女「あ」
男「?どうしました?」

女「……お箸忘れた……」
男「あ……そうですか」
女「どうしようか……」
男「簡単ですよ。膝に乗ってもらえますか?」
女「ん?うん」

ぽすん!


88 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:02:42.54 ID:edVyKihn0
お前らの才能に嫉妬

自宅にて
女「エアコンの温度が暑い。下げなければ・・・。しかし、目標の
リモコンまで4mもある。手が届かない。くそ・・ここから動くのは
面倒だ」
1時間後
女「暑い・・・死ぬ・・・・。」
男「女さーん。遊びにきましたよお。部屋はいりますね。」
ガチャ
男「うわ。あつ。何だこの温度。・・・女さん大丈夫ですか!」
女「男か・・・頼むエアコンを消してくれ。さもないと私は死ぬ。」
男(なんでこんなに近い所にリモコンあるのに・・・。まあ、仕方ないか)
ピッ
女「有難う。男はやはり私の見込んだ男だ。そうだなお礼をしなくては。
ちょっと、こっちに来い。」
男「何ですか?また、なにかおさせようと・・んっ。」
男(え・・・キス・・しかも唇に・・・。)
10秒後
女「ふふ、ディープキスの味は・・どうだった?」

なんか分けわかんなくなった

89 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:03:06.07 ID:bqaZZI5u0
『乗り物酔い』

女「男、時間だ」
男「あ、もうこんな時間でしたか。
  それでは、みなさん。お先に失礼します」
女「まずいぞ。
  プリキュアの時間が迫っている」
男「どうしましょうか」
女「男、走るんだ。全速力で」
男「え、いいんですか?
  そうすると、背中の女さんが」
女「私に構わない。さあ、行けー!」
男「分かりました、ちょっと揺れますよ」


男「ハァハァ、着きましたよ、女さん」
女「男、酔った。
  酔い止めをくれ……」
男「はいはい」
女「はい、は一回だ……うっぷ」


90 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:03:40.80 ID:sK2QV++X0
【公園②】

男「なにが食べたいですか?」
女「?じゃあたこさんウインナー」
男「はい。あーん」
女「!こら!手で食べたらダメだぞ!ばい菌が――」
男「大丈夫ですよ。ちゃんと洗いましたから。ほら、あーん」
女「そうか?ん、もぐもぐ……」
男「美味しいですか?」
女「もちろんだ。誰が作ったと思ってるんだ?」
男「はは。そうですね。ほら、おにぎり」
女「むぐむぐ……手が汚れるぞ?」
男「いいですよ。拭きま――」

91 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:07:59.94 ID:sK2QV++X0
【公園③】

ちゅっ、ちゅー

男「!!」
女「ん……しょっぱいな。塩つけすぎたかな?」
男「///」
女「ほら。男もあーんしろ。おにぎりでいいか?」
男「///あーん……もぐもぐ……美味しいですね」

ぴと

男「?ん?なんでほっぺにご飯粒付けるんですか?」
女「ほら。ちゅーでとってくれ」
男「……////」
女「早く」
男「///」
ちゅっ…

女「くすくす……くすぐったいな?」
男「////はい、あーん」
女「むぐむぐ……ほら、あーんだ……あーん……」
男「////あったかいですね///」
女「ん」

92 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:08:02.82 ID:rZGD0LslO
膝枕萌えた

93 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:09:55.51 ID:7UnzVH0H0
  _、、_ _、、_
 (Д´≡`Д)

94 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:12:31.18 ID:ibXF2HhM0
あ~こういう彼女マジで欲しい

と思う俺末期

95 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:13:18.02 ID:bqaZZI5u0
『欲しい物』

女「男、止まるんだ」
男「どうしました? 女さん」
女「(じーっ)」
男「女さん?」
女「ダメだな。
  私のお小遣いでは足りない」
男「僕がいくらか出しましょうか」
 ペシッ
女「バカを言うな。
  いくらなんでもそこまで甘えられるか」
男「でも」
女「でも、も何もない」
男(僕は気にしないのだけど)
女「(じーっ)」
男(これは誕生日にプレゼントしてあげましょうか)

 視線の先には特大のウサギのぬいぐるみ



96 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:14:04.02 ID:M+pw38wsO
萌えだな

97 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:14:33.21 ID:7UnzVH0H0
この時間に伸びるねぇ

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2007/02/28(水) 07:15:33.45 ID:Gnrd68y6O
彼女がツンデレなんだがジャンル的にはもう古いんだな…

99 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:19:58.88 ID:edVyKihn0
動物園その1
女「男、日曜日に動物園に行こう。」
男「日曜って明日じゃないですか。全くいつも急なんですから。」
女「嫌か?嫌ならいいのだが。」
男「行きますよ。女さんとならどこにでも。」
女「まったく。君は嬉しい事を言ってくれるな。////恥ずかしいじゃないか。
と・・とりあえず、予定は今日の夜メールするから忘れないように。」
男「わかりました。」
日曜日
男「女さん遅いなあ。寝坊だろうか・・。」
タッタッタッ
女「待ったか男よ。」
男「そりゃ待ち・・・・ってその格好。」
女「ん?私なりに男が喜びそうな格好をしたんだが。」
男「さ・・・最高です。有難うございます。」
女「ふふ・・・男は可愛いのう。」


100 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:20:48.09 ID:7UnzVH0H0
執事喫茶行こう・・そうしよう・・

101 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:23:15.67 ID:bqaZZI5u0
『たまには』

男「次は移動教室ですか」
女「……男、何をやっているのだ?」
男「えっと、おんぶですが」
 ペシッ
女「そんな恥ずかしいことを、私にやれというのか」
男「え、だっこの方が良かったですか?」
 ペシッ ペシッ
女「大声で言うことではない」
男「すみません」
女「手をつなぐのだ。
  その方が男も負担が少ない」
男(僕のことを考えてくれてるんでしょうけど)
女「どうした、早く行かないと遅刻になるぞ」
男(次は四階ですよ。
  階段大丈夫ですか、女さん)


102 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:25:31.38 ID:sK2QV++X0
【洋服】

女「どうだ。この服は」
男「うわ///どうしたんですか?すごい可愛いですね//」
女「だろう」
男「いいですね……もしかしたらゴスロリとかも似合うかも知れませんね?」
女「ゴスロリ?」
男「ああ、こういうのです」

女「……派手だな」
男「そうですね。でも女さんは綺麗な髪してるし――」
女「いや」
男「あ、あれ?なんでですか?」
女「男の服装を考えろ。あわないだろ?こんな服」
男「……そうですかね?」
女「そうだ」
男「じゃあ僕もっと自分を磨きますね?」
女「いい、そんなことするな」
男「??」
女「そんなことして他の女の子に好かれたらどうする?」
男「…」
女「私泣くぞ?浮気なんかしてみろ。泣くぞ?」
男「……ふふっ」
ぎゅー…

男「なに言ってんですか?浮気なんかするわけないじゃないですか。ずっと一番は女さんですよ」
女「ん、私もだ。安心だな」
ちゅっ…

103 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:26:54.23 ID:oWUadK6aO
男に萌えた

104 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:27:19.20 ID:edVyKihn0
動物園その2

そして動物園についた2人
女「ほう。動物園とはこのようになっているのか。」
男「え・・動物園来たこと無いんですか?」
女「ああ・・小さい頃は体がよわかったのでな。」
男「そうなんですか。見たい動物とかいます?」
女「ほら、あれだ茶色くてでっかくて鮭やハチミツを食う奴だ。」
男「・・・・熊ですか?」
女「そうだ。そのクマとかいう奴だ。」
男「クマなら・・・」
地図を見て確認する男
男「こっちですねいきましょう。」
女「ちょっと待て。こういうときは手をだな・・・」
無言で手を握る男
女「////あ・・」
ぎゅっ と握り返す女
そして二人は熊のオリの前に

105 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:28:54.28 ID:cdCtkIrnO
書いてる奴が童貞丸出しで泣いた

106 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:30:05.25 ID:9FMnTAn40
ハヤテのごとくみたい

107 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:30:58.01 ID:EMemrXZKO
男「じゃあ次は俺の象さんみしてやんよ」
女「うぃぃ」

108 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:32:03.30 ID:sK2QV++X0
【雪①】

女「おんぶ」
男「はいはい……」

女「すごいな……雪が積ってるな」
男「そうですね。今年初めてですね」
女「あ、そうだ。雪だるま作るぞ」
男「いいですね。公園に行きましょう」

男「着きましたよ?下りてください」
女「ん」
男「それじゃ雪を集めますか」
女「そうだな……きゃっ!」

すてん!

男「おっと!大丈夫ですか!?」
女「いたた……うぅ……おしり打った……痛い……ひっく……」
男「あーあ、泣かないでください」


109 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:32:44.29 ID:bqaZZI5u0
『ぴんち』

 プルルルルル
男「はい」
女『男か? 今、ちょっと危機的状況ですごく困っている。
  すぐに着てくれるとありがたいのだが』
男「ええ!?
  どこですか? ハイハイ。
  じっとしていて下さいね、すぐ行きますから!」

女「助かったぞ。
  子猫を追いかけて行ったら、うっかり迷ってしまってな」
男「それは構いませんが、その飴は?」
女「親切なおばさんから貰ったのだ。
  この街は人情味があふれていて良い所だな」
男(たぶん、小学生に間違われたんだろうな)

 ぐるぐる飴をなめる女と真っ赤な空


110 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:33:15.65 ID:9FMnTAn40
カワユス

111 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:35:40.24 ID:7UnzVH0H0
俺の脳内で伊澄さんとヒナギクが出てきて収拾がつかなくなった

112 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:37:32.83 ID:jMSLyUl9O
女「ううー疲れたー」
男「今日は頑張りましたね」
女「くっついてやるー」
男「近すぎですよ」
女「よいではないかーないかーああー」
男「楽しそうですね」
女「なでろ」
男「はいはい」
女「もっと」
男「はい」
女「ちがう」
男「こうですか?」
女「ふふ…ちがうぞ、こうだー!」
男「うわ、ちょっと…こ…くすぐったいですよ」
女「よし、私にもやってみろー」
男「今日は甘えたがりですね」

113 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:37:55.53 ID:sK2QV++X0
【雪②】

女「危ないな……雪は危険だ」
男「そうですね。女さんはただでさえよく転ぶんですから……気をつけてくださいね?」
女「ん」

男「さて、こんなもんかな?」
女「おおきいな」
男「へへ、がんばりました。顔はできてますか?」
女「ん」
男「あらら、ちょっと小さいですね……」
女「……ごめん。手が冷たかった」
男「あ、そっか。ほら、手を貸してください」
女「?」

男「うわぁ、冷たいですね」
女「うん。冷たいし痛いし……結構雪は辛いな」
男「そうでもないですよ?」
女「?」
ぺと!
女「ひゃん!」
男「ふふ、僕の手も冷たいでしょ?」
女「こら//顔を触るな///」
男「ふふ、女さんの顔温かいですね?」
女「お返しだ」
ぺと!


114 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:38:19.15 ID:edVyKihn0
動物園その3
男「付きましたよ。」
女「ふむ・・・これが本物のクマか。あんまり可愛くはないのだな。
もっと、こう黄色のハチミツを良く食うクマ的なのを期待してたんだが・・・。」
男(常識的に考えてそれはないよ女さん)
男「あ・・向こうで虎の赤ちゃんが特別展示されてるみたいですよ。」
女「何!それを早く言わぬか。」
虎のオリの前に行く2人
女「・・・人だかりで見えないな。」
男「そうですね・・・。そうだ、肩車すれば。」
女「肩車だと。////は・・・恥ずかしいではないか。」
そうう言いながら肩車される女
女「ほう・・あれが虎のあかちゃんか。かわゆいのお。」
男(女さん楽しんでくれてるみたいだな。よかった。))
30分後
男「お・・女さん。もう俺限界なんですが・・・。」
女「かわゆいのお。ああ・・お主はかわゆいのお・・・。」
男「・・・・・。」



115 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:42:44.28 ID:sK2QV++X0
【雪③】

男「うひぃ////」
女「ふふ、なんだ?可愛い声だすんだな?」
男「こら、からかわないでください。ほら?手はどうですか?」
女「ん?あ、冷たくないな……」
男「でしょう?僕の顔のおかげかな?」
女「なんだそれは、あんぱんまんみたいだぞ?」
男「あはは///」

ちゅっ…

女「……ん……これで顔もさむくないだろ?」
男「////」
女「体が寒い。はぐはぐしろ」
男「わかってます……」
ぎゅー…

女「雪だるま……顔ちっさいな」
男「そうですね」
女「もうちょっと我慢して雪を集めるべきだったな……すまない」
男「いいですよ。なんか笑ってるみたいだ……」
女「キスしろ」
ちゅっ…

女「ん、大好きだ」
男「はい」
ちゅ!



116 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:44:53.04 ID:bqaZZI5u0
『肩車』

女「男、もう少し上だ。
  いや、ちょっと右に……いくらなんでも、行き過ぎだ」
男「すみません」
女「謝っている暇があったら、早くする」
男「はい」
女「よし、そこでいい。
  ……いいか、怖くないぞ。早く降りて来るんだ。
  君にはそこは危険な場所でありすぎる」
男「すみません、女さん。
  この姿勢はちょっとキツイのですが」
女「もう少し、もう少しの辛抱だ。
  ……いいな、こっちに来るんだ。よしよし、それでいい。
  にぼしも用意してある。よし、取ったぞ!」
猫「ふぎー!」


男「しかし、脚立を使ってはダメなんですか?」
女「脚立では危ないではないか。
  グラグラして安定性に優れない」
男「そうですか」

 鈍い肩の痛みの代償は彼女の笑顔だった


117 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:53:39.19 ID:sK2QV++X0
【滑り台】

女「あ、公園だ」
男「あれ?ほんとうですね。こんなところにあったなんて……」
女「たまには違う道に来てみるものだな」
男「そうですね」

女「滑り台」
男「はい」
女「苦手なんだ」
男「はい?」
女「あのな、着地できない」
男「着地……ですか?」
女「うん。うまいことできんのだ。そのまま転がる」
男「あらら」
女「ということで、受け止めろ」
男「はい」

女「いくぞ」
男「どうぞ」

しゅー

男「えいっ!」
女「ゴールだ。やっとまともに滑れた……楽しいな。もう一回だ」
男「はいはい……」


118 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:54:13.61 ID:zyJ/9LrTO
ほっしゅ

119 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:56:00.61 ID:rZGD0LslO
朝っぱらからなんというトキメキ…

120 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:56:07.47 ID:rJ9pDlrU0
ハヤテとC.Cの組み合わせのスレはここですか?

121 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 07:59:35.00 ID:bqaZZI5u0
『アレ』

 プルルルルル
男「はい」
女『男か? 大変な事態に陥った。武器をもって大至急、来て欲しい。
  詳しい状況は……む、奴がすぐ側まで迫っている。すまない電話を切る』
男「女さん? 女さーん!
  ……切れた。いけない、早く行かないと」

男「ハァハァ、女さん、大丈夫ですか!」
女「おお、男か。待ちわびたぞ。
  武器は、殺虫剤は持ってきたか?」
男「へ?」
女「この黒いギトギト虫を仕留めるには、殺虫剤しかないだろう。
  もしかして、持って来なかったのか」
男「えーと」
女「あ、ギトギト虫!」
 ベチンッ
女「しまった、思わず潰してしまった。
  拭いてくれ、男。気持ちが悪い。ベトベトする」
男(泥棒が入ったかと思ったけど)
女「何をしている、早くしてくれ」
男(女さんが無事だったから、いいか)
 「あ、はい。いま布巾持ってきますね」


122 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:00:14.14 ID:sK2QV++X0
【夢①】

女「私はな」
男「なんですか?」
女「夢があるんだ。今日はそれを叶えたい」
男「?」

男「屋上ですね」
女「だれもいないな?」
男「?はい」
女「……はぐはぐしてくれ」
男「…」
ぎゅっ…

女「ん……私のこと好きか?」
男「何度聞いても同じです。大好きですよ」
女「そっか。うん、私もだ」
男「夢ってこれですか?」
女「ここから。あそこに連れてってくれないか?」

女さんが指さすそれは…

男「貯水槽?」


123 :靴下おばけ ◆s.c.s.o.c.:2007/02/28(水) 08:02:56.80 ID:sG4DlORLO
β様にしか思えない

124 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:03:28.57 ID:sK2QV++X0
【夢②】

女「うわ……さすがに恐いな……」
男「そうですね。暴れないでくださいよ?落ちちゃうから……」
ぎゅっ
女「しっかりはぐっていてくれ。さあ夢を叶えよう」
男「?」
女「ここでキスしてほしい」
男「え?ここで?」
女「うん。それもな、大人がするようなキスだ」
男「!!それって……」
女「いやか?」
男「……ごめんなさい。今日はなんの記念日ですか?」
女「……今日はな、私が男に初めて恋した日だ」
男「えっ……」


125 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:05:04.98 ID:f43xIFcrO
そうだとも 私はC.C.だからな

126 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:08:36.20 ID:sK2QV++X0
【夢③】

女「男が覚えてないのもしかたない。そんなの知ってるほうが不思議だ」
男「……そうですか……」
女「男をな、グラウンドで初めてここから見たんだ」
男「あ、前にも上ったことあるんですね」
女「うん。ちょっと恐かったけど……どんな景色か気になった」
男「それで僕を見つけてくれたんですね。なんか神秘的だなぁ……」
女「あの瞬間世界が変わったんだ。だから……ここで大人キスしてもう一段階世界を
  変えたい。それには男が必要だ。大好きな……君が」
男「……女さん……」

先生「!!こらぁ!お前らそこでなにをしている!?」

女「あ!まずい!見つかった!」
男「ほんとうですね……先生怒ってる」
女「いけないな。降りよう……また今度だ」
男「ダメです」
女「ふぇ?」



127 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:13:31.45 ID:bqaZZI5u0
『空腹』

男「? どうしました?」
女「いや、大した事ではないのだが」
 ぐぎゅーるるるー
女「……///」
男「えっと、何か買って帰りましょうか」
女「ダメだ。
  お小遣いは、先週使い切ったからな。家まで我慢だ」
男「じゃあ、僕が菓子パンか何か買いますね。
  ちょうどお腹が減っていたんです。半分個しましょう」
女「な、それは幾らなんでも悪いぞ」
男「僕が勝手に買って、食べきれなくって女さんに食べて貰うんです」
女「む、それなら仕方ないか。
  捨てるのはもったいないしな」
男「あ、アンパンにします?」
女「できればジャムパンの方がいいな」
男「はい、そうしましょう」


128 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:13:50.89 ID:sK2QV++X0
【夢④】

男「今日が記念日なんでしょ?これを逃したらもうだめですよ」
女「でも、先生が……」
先生「おらー!早く下りんか!そんなとこで何をしとるかぁ!」

男「関係ないです」
女「え?あっ」
ちゅっ…

女「……んっ……ん」

ちゅっ…ちゅ…


男「……ありがとう。僕を見つけてくれて。またこれからもよろしくね?」
女「////どきどきがすごいぞ////私も男も……えっちだな////」
男「へへっ。さあ、降りますよ。先生に見つからないように逃げましょう?」
女「ん」

貯水槽を下りて、階段の裏に隠れて先生から逃れた。
そのときも…また大人キスしてみた。

女さんは甘かった。とっても甘くて…やさしい味がした。



129 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:27:18.30 ID:ibXF2HhM0
何故か俺の脳内では南チアキで再生される

130 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:27:21.51 ID:sK2QV++X0
【だれもいない】

女「今日はな」
男「はい」
女「家に誰も居ないんだ」
男「あれ、そうですか」
女「それでな」
男「はいはい」
女「昨日恐い映画を観てしまったんだ」
男「眠れないと」

女「そうだ」
男「……僕が一緒に寝ててもいいんですか?」
女「もちろん。親にも伝えてある」
男「///僕は幸せ者ですね////」
女「ちゃんと抱きしめててくれ。ほんと恐いのだったんだ」
男「わかってますよ……」


131 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:30:59.01 ID:sK2QV++X0
【あのマフラー】

女「寒いな」
男「はい」
女「マフラーはどうした?」
男「ありますよ。でも着けてません」
女「どうしてだ?私のこと嫌いか?」
男「そうじゃないです。ほら、鞄にしまってるんです」
女「なんだ……泣きそうになった」
男「なんで着けないかわかりますか?」
女「なんでだ?」

男「これ一人じゃものすごい長いんです。ちょっと気をぬくと地面で汚しそうで……」
女「……ごめん」
男「だからこれは……女さんと僕の二人で使うようです」
くるくる…

女「あったかいな」
男「はい」


132 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:34:23.69 ID:f43xIFcrO
【2ちゃん】
男「フヒヒwww良いスレwwwwなんというC.C.たんwwwww」
女「何を見ている」
男「あ、少し面白いスレを見つけたんですよ(うほww甘えクールktkrwwww)」
女「くだらないスレを見るな。今見ている奴らみたいに腐るぞ」
男「ええ、そうですね。もうやめます(サーセンwwwww毎日VIPですwwwwwwwwww)」

133 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:36:07.34 ID:sK2QV++X0
【鼻血】

女「大変だ」
男「見れば分かります。鼻血ですね。ほら、横になって……」

女「なんかぽかぽかしたんだ」
男「そうですか……気分は大丈夫ですか?」
女「うん。良好だ……やさしいな」
男「当たり前です。彼氏ですよ?」
女「でもな」
男「ん?」

女「クラスの子が言ってた。いくら彼氏でも……おんぶなんてしてもらわないって」
男「そうですか」
女「それに私は男に甘えすぎだって言われた」
男「そうですか?」
女「……変なのかな?」
男「全然。僕達は僕達ですよ。人なんて気にしちゃいけません……止まりましたか?」
女「……大好きだ」
男「はい」


134 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:39:25.52 ID:FPblgOQsO
これはいい

135 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:42:10.06 ID:9FMnTAn40
これは萌える

136 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:46:51.47 ID:sK2QV++X0
【しりとらない】

女「しりとらないしよう」
男「なんですかそれ?」
女「しりとりの逆。おしりの文字を頭にしちゃだめだ」
男「?簡単じゃないですか?」
女「だからスピ-ド重視。2秒以内。いくぞ、まずは……かめ!」
男「え?あ、うし!」

女「からす!」
男「たいこ!」
女「くりすます!」
男「ろっそ!」
女「ばーすでぃ!」
男「あれ?意外と知ってるんですね?」
女「はい、男の負け」
男「あ、やっちゃった……ロッソの次にバースディがくるから……ミッシェルって言えばよかったな」
女「?まずろっそってなんだ?」
男「ん?なんでもないです。で、罰ゲームとかあります?」
女「そうだな。私がいいって言うまではぐはぐしろ」
男「……罰ゲーム?」
女「早く」

ぎゅー…


137 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 08:51:27.81 ID:sK2QV++X0
【トエエイ】

女「なあなあ」
男「なんですか?」
女「にーってして」
男「?にー……」
女「……」

男「?なんですか?」
女「男は歯が綺麗だよな」
男「え?ああ、虫歯になったことはないですよ」
女「私はどうだ?にー……」
男「うん。綺麗ですね。虫歯の治療痕も見えないし……」
女「もーいっかいにーして」
男「にー」

ちゅっ…

女「ふふ、歯にキスだ」
男「////」



138 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:01:34.25 ID:sK2QV++X0
【はさみ】

女「はさみってな」
男「はい」
女「なんではさみって言うんだろうな?挟んでないのにな?」
男「……それもそうですね」
女「ごはんですよもそうだ。あれはごはんじゃないよな?」
男「そうですけど……商品名ですから」
女「でも外人さんに説明するときどうする?嘘になってしまうぞ?」
男「え?え?ちょっと待ってくださいよ……ごはん……ノットライス……えーと」
女「男がバカなのは知ってるぞ」
男「あ、失礼ですね」

女「とにかく……言葉って難しいな」
男「日本語は特にそうですよね」
女「……男の好きは本当か?」
男「ん?もちろんです」
ちゅっ…

男「……こんなこと、大好きな女さんにしかしませんよ?」
女「私もだ」



139 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:02:25.56 ID:+SNABNaaO
女「ねこたん!!」
男「え?」
女「木の上! ほら!」
男「あ、本当だ。まだちっちゃいのにあんなところに…」
女「かわいいなぁ……なでなでしたいなぁ……」
男「しきりに鳴いてるとこを見ると、降りられなくなったのかもしれませんね」
女「それは大変だ。よし、助けるぞ」
男「危ないですよ、女さん。木登りなんかできるんですか?」
女「何を言っている。お前がやるに決まっているだろう」
男「あー……はい。わかりました」
女「がんばれよ。助けたら男もなでなでしてやるからな」

男「よっ……もう…ちょい……」
女「男がんばれー! ねこたんもがんばれー!」
男「よし、捕まえ……うわっ!」
―バキバキッ! ドサッ!
女「おおおおお男ぉー! 大丈夫か!?」
男「イテテテ……一応受け身は取ったんでなんとか……」
女「大丈夫か!? ホントにホントにだいじょぶか!?」
男「…えぇ、怪我は無さそうです。でも…」
女「なんだ、どうした!? 痛いのか? 飛んでけ! 痛いの飛んでけ!」
男「いや、ねこさんには逃げられちゃいました……ごめんなさい」
女「…………なでなで」
男「あ……」
女「いい。男が無事ならそれでいい。」
男「でも」
女「それに、男はちゃんとねこたんを助けた。エラいぞ。……なでなで」
男「女さん……」
女「私のワガママで痛い思いさせて、ごめんな。なでなでなでなで……」
男「//////」

140 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:08:57.42 ID:sK2QV++X0
【かりかり】

女「ねこたん」
男「あ、ほんとだ」

女「ねこたん」
男「あ、今度は二匹」

女「ねこたん」
男「……いつのまにか猫だらけですね」
女「ねこたんおいで?ふふ……かわいいかわいい」
にゃーにゃーにゃー
男「女さんは猫に好かれてるんですね」
女「ん、にゃんでだろうか?」
男「なんでですかね……」(にゃんで…)
にゃー

女「あ、そっか?またかりかりがほしいのか?あまえんぼうなねこたんだな?」
男「……いつもかりかり持ってるんですね?」
女「ん?そうだな。ほら、ねこたんおいで?ふふふ/////」
男「…」(それだな)
女「ねーこたん?」
にゃー


141 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:09:47.80 ID:bqaZZI5u0
『おやすみなさい』

男「起きてください、女さん」
女「うー、とは言っても眠いぞ」
男「また寝ないで下さい。
  もう朝ですよ?」
女「むー」
男「女さん!」
女「しかし、だな、昨日は、三時まで起、きていたのだ、ぞ。
  今日、は日曜で休み、だし眠って、いても問題はない、はず」
男「仕方ないですね。
  せっかく、おいしいプリンを用意したのですが、食べて貰えないなんて残念です」
女「プリンー?
  うー、それなら起きるぞ」
男「パジャマはいけませんよ。ちゃんと着替えてください」
女「うー」

男「……」
女「……zzZ」
男(スプーンをくわえたまま眠っている……)



142 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:10:21.89 ID:bqaZZI5u0
という訳でおやすみなさい。

ノシ

143 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:11:34.16 ID:sK2QV++X0
>>142

ノシ

144 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:12:14.26 ID:7UnzVH0H0
(^o^)/オヤスー

145 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:19:28.33 ID:IodPHWE40
これさ、俺の持ってるノベルの「君と僕の壊れた世界」って本に出てくる
黒猫さんがガチで全く同じなんだが・・・。

146 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:22:04.59 ID:+SNABNaaO
女「ラーメンだ」
男「ラーメンですね」
女「ラーメンはな、熱い」
男「そうですね」
女「だからな、いつも男にふーふーしてもらってるわけだがな」
男「はい」
女「そんな男の苦労を察した私はな、今日は秘密兵器を用意した」
男「それで扇風機ですか」
女「なかなか理解が早い。よし、スイッチオン!」
ぶぉーー
女「……寒い」
男「この時期ですからね。まぁ、ラーメン食べれば暖まりますよ」
女「そうだな。いただきます」
男「いただきます」
女「では早速、麺を扇風機の風で……」
ぺしっ
女「………………」
男「(め、麺が顔にっ……!)」
女「……男。スイッチを切ってくれ」
男「はい」
女「やっぱり男のふーふーがいい」
男「はい」

147 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:22:29.69 ID:sK2QV++X0
【将来】

女「おとこは卒業したらなにをするんだ?」
男「いきなりですね。就職です。といっても親父の跡継ぎですけど」
女「おとうさんは何をしている人なんだ?」
男「あ、言ってませんでしたね。建設関係のお仕事です。僕は現場が大好きで……」
女「……辛くないのか?」
男「え?ああ、大丈夫ですよ。頭悪いけど、そういうところなら慣れてますから。男の生業
  ってやつです。安心してください。無茶はしませんから」
女「ん。でも勉強は大事だぞ?」
男「女さんは頭いいですよね。なにか目指してるんですか?」
女「いや」

男「?なにかなりたい職業とかは?」
女「ひとつだけしかないな」
男「なんですか?」
女「なにを今更。男のお嫁さんだと言ってるだろう?」
男「////そっか////」
女「幸せにしろよ?子供も作って……ねこたんも飼って……楽しい家庭にするぞ?」
男「はい///がんばります////」


148 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:24:33.03 ID:7UnzVH0H0
>>146
キュンってなった

149 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:26:51.13 ID:r/Q/3Cb40
imkt
何この萌えるジャンル。wwwwww

150 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:29:14.83 ID:sK2QV++X0
【お泊り】

女「今日は男のおうちにお泊りだ」
男「誰に言ってるんですか、それ」
女「誰もいないのか?」
男「はい。だから呼んだんですよ?」
女「私は親が居ても平気だぞ?男も私の親と仲いいだろ?」
男「まあそうですけど……うちは歳の近い兄もいますから……」
女「えっちなのか」
男「ええ、えっちです」

女「……男も……そういうのしたいか?」
男「まあ……したくないことはないですけど……」
女「するか?」
男「いいえ。まだでしょ?」
女「……そうしてくれるとありがたい。よくわかんないし恐いんだ……」
男「はい。まだまだ先です……キスはいいですよね?」
女「もちろんだ。はぐも一緒だ」

ちゅっ…ぎゅー…

女「んっ……ふふ///大好きだぞ////」
男「はい」


151 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:30:42.34 ID:hmPufuUl0
このエロゲはどこに行けば買えますか?

152 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:33:04.59 ID:sK2QV++X0
なんか俺今日はのりにのってるみたいだwww

ちょっと休憩してまた頑張る。


153 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:35:24.09 ID:r/Q/3Cb40
>>152
乙wwwwww是非製品化よろwwwwwwwww

154 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:36:13.13 ID:v4iyNhei0
なんだイミフにのる

155 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:40:40.00 ID:gDH+b3+s0
CLANNADの智代みたいな感じなのかな
俺は割と好きだぞ
頑張ってくれ

156 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 09:47:31.31 ID:vinMnCPz0
やばいなんだこの良スレ

157 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 10:06:05.69 ID:bSeN2Ygd0
いつまでも待ってます

158 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 10:22:34.65 ID:wwxoFUdn0
ホス

159 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 10:34:44.43 ID:+SNABNaaO
女「こたつはいいなー」
男「いいですねー」
女「一生出たくないなー」
男「それは流石に同意しかねますねー」
女「じゃあお茶を頼む」
男「はいはい、ちょっと待っててくださいね」

男「はい、どうぞ」
女「ありがとう。男のお茶はおいしいから好きだ」
男「僕も女さんのこと好きですよ」
女「……ろ、論点をずらすな////」
男「あははは……さて、もう一杯どうですか?」
女「うん、頼む」

男「はい、お待ちどおさま。羊羹もあったから切ってきましたよ」
女「ようかんか。ようかんも大好きだ。やっぱり男は気が利くな」
男「いやいやー」

女「うー……」
男「女さん? 体調でも悪いんですか?」
女「ん…いや、そう、じゃないんだけど……」
男「何か僕にできることってありますか?」
女「んーと……じゃあ、代わりに行ってくれるか?」
男「どこへ?」
女「トイレ」
男「……いいですけど、何も解決しませんよ、それ」
女「そうだよなぁ、そうなんだよなぁ……あ! そうだ!」
男「なんですか?」
女「男、こたつごと私を……」
男「えぇい、早く出なさい!」

160 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 10:35:18.98 ID:b5dEBt90O
携帯から保守

161 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:06:09.45 ID:orR2ShW+0
ほふ

162 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:10:14.51 ID:GNO0RQpl0
てめえら保守はええよ
そんなにこのスレ埋めたいのか?

163 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:18:47.63 ID:sK2QV++X0
さあ
眠気をバイツァ・ダストして頑張ろう…

164 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:24:35.13 ID:sK2QV++X0
【春のうた】

女「暖かくなったな」
男「そうですね。もう春です」
女「春はどこまで来てるのかな?」
男「もうすぐにここまで来ますよ。ほら、あのサクラの木が……」
女「あれは銀杏」
男「……あれかな」
女「うめ」
男「…」

女「あれだよ。あの木」
男「ああ、そっか……うん。つぼみが沢山ついてますよ」
女「花が咲いたら、お花見するぞ」
男「ええ」
女「お弁当作るから……また男のお膝でランチタイムだ」
男「そうですね。楽しみです」
女「さ、おんぶ」
男「はい」



165 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:28:37.11 ID:sK2QV++X0
【ぽかぽか】

女「…」
男「女さん?」
女「……ん……」
男「……寝たか……」
女「男……大好きだぞ……ずっと一緒だ……」
男「ふふっ、どんな夢をみてるんだか……」
女「うん、そうだ……はぐはぐ……ん」
男「……なんだかはっきりした夢ですね?」

女「……あ、寝てた……」
男「はい、おはようございます」
女「ん、おはよ。あ、ごめん……背中によだれついた……」
男「あらら。ぐっすりだったんですね?」
女「うん。なんだか幸せな夢を観たぞ。いい夢だ」
男「そうですか」

166 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:28:40.83 ID:dg4mlzFW0
おかえり
なごんだ

167 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:29:43.85 ID:uwxT9MrFO
ほっす


ここ最近神的な新ジャンルが多い

168 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:29:45.17 ID:99njI0qEO
…ごめん。
精神年齢が低い素直クールにしか見えない…

169 :(^ω^)心ひろいお ◆B5SdK9u6S6:2007/02/28(水) 11:30:45.23 ID:3GvPw8OkO
一歩間違えたら相当寒いぞ

170 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:32:58.05 ID:sK2QV++X0
【だっことおんぶ】

男「ねぇ女さん?」
女「何だ?」
男「ちょっと質問します」
女「ん?」
男「おんぶとだっこ……僕がどちらか片方しかしないって言ったらどうします?」
女「え?……うー……」
男「ふふっ、難しいですか?」
女「そうだな……うん、わかった」
男「答えは?」
女「泣く」
男「……あはは。思ったとおりですね」
女「当たり前だ。だっこもおんぶも、両方欲しいの」
男「愛されてますね、僕」
女「当たり前」
男「キスしますか?」
女「当たり前」

ちゅっ…


171 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:35:44.42 ID:JikjgNfP0
僕の一部分が卍解しそうです

172 :(^ω^)心ひろいお ◆B5SdK9u6S6:2007/02/28(水) 11:36:49.61 ID:3GvPw8OkO
読んでて恥ずかしくなる

173 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:37:34.36 ID:TqEEc8msO
これはないわ

174 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:41:22.21 ID:+SNABNaaO
女「今日は夕飯をご馳走するために呼んだわけだが」
男「呼ばれました」
女「実は重大発表がある」
男「ほほう」
女「なんと、カレーは2日目が一番おいしいのだ」
男「…………?」
女「そしてな、カレーは作ったんだ。本当だぞ? 作ったんだがな、まだ1日目なんだ」
男「はぁ」
女「男にはな、一番おいしいカレーを食べてもらいたいんだ」
男「……つまり、今日の夕飯は無いという意味ですね」
女「いや、明日も来て欲しいという意味だ」
男「……そうきますか」
女「来て……くれないのか?」
男「うっ……き、来ますとも、もちろん」
女「そうか。すまないな、私がドジなばかりに」
男「いいんですよ。気持ちだけでも嬉し過ぎるぐらいですから」
女「ありがとう。ところで男よ」
男「なんですか」
女「お腹が空いたから何か作ってくれ」
男「……はいはい、仰せのままに」

175 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:44:17.73 ID:sK2QV++X0
【朝】

女「おはよう」
男「おはようございます……ふぁ……」
女「?どうした?眠いのか?」
男「はい……昨日はなんだか眠れませんでした」
女「だめだな……そうだ」

男「?どこいくんですか?」
女「公園。あの綺麗な芝生の公園だ」
男「え?学校始まりますよ?」
女「いいの。たまには不良したい」
男「…?」

男「ふぁ……あったかいですね……これは気持ちいい……」
女「こら、そこで寝るな。ここで寝ろ」
ぽんぽん!
男「……膝枕ですか……失礼しますね?」
女「ん」
ぽふん!

男「んー……気持ちいいなぁ……」
女「ふふっ、初めて学校サボったな?」
男「そうですね。二人とも悪い子だ」
女「なぁ」
男「でもたまには……こういうデートもいいですね」
女「ん」

176 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:49:58.41 ID:sK2QV++X0
【わたあめ】

女「わたあめ食べたい」
男「そう言うと思ってました。はい」
女「……なんで分かったの?」
男「雲がなんかわたあめに見えたからです。おんなじこと考えてるなって……」
女「以心伝心だな」
男「え?なんです?」
女「…」

男「美味しいですか?」
女「ん」
男「そうですか。よかった」
女「ほら、食べろ」
男「はい、いただきます」
女「あ、待った」
男「ん?」
女「あーんして」
男「あーん……」
ちゅっ…
女「……ん……どうだ?甘いか?」
男「……わたあめの口移しは不可能ですね」
女「そっか」
男「でも甘いです」
女「ん」

177 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 11:54:41.57 ID:sK2QV++X0
【ダイエット】

女「最近な」
男「はい」
女「太った」
男「?そうですか?」
女「うん。ダイエットしなくちゃ」
男「あ、いいですね。じゃあおんぶやめて走りますか?」
女「やだ」
男「……楽しても痩せられませんよ?」
女「大丈夫だ。これがある」

男「……そのパックは……」
女「ん?納豆だが?」
男「だめ。それは嘘ですよ?大体食べ物食べてやせるわけないじゃないですか」
女「……だって……」
男「それに女さん全然太ってないですよ?ほら、よいしょ!」
女「ん、高い高い?」
男「はい。こんなことできますもん。変わってないと思いますが?」
女「でも、小学校の頃のスカート履けなかったぞ?」
男「……それは成長です」
女「あれ?」


178 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:05:13.26 ID:sK2QV++X0
【落し物①】

男「……あれ?」
女「…」
男「どうしたんですか?女さん?」
女「あ、男。これ……」
男「サイフ?」
女「落ちてた」
男「ああ、落し物ですね。警察に行きましょうか?」
女「それが……」
男「?」

男「で、僕の彼女が拾ったんです」
警官「ほほう。じゃあ最初っから中身は空っぽだったんだね?」
男「そうらしいですね」
警官「なんで本人が来ないんだい?」
男「自分が疑われるんじゃないかって……ちょっと臆病なんです」
警官「ふっふ。そっかそっか、わかった。ちゃんと届けるよ」
男「よろしくお願いします」


179 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:05:46.37 ID:sK2QV++X0
【落し物②】

女「……どうだった?信じてくれたか?」
男「ええ。もちろんです」
女「ごめんな?」
男「なにを謝るんです?女さんはいいことしましたよ?」
女「でも……あのサイフ……元々は中身入ってたんだろ?私がもう少し早く見つければ……」
男「それはわかりませんよ。初めから空だったかもしれませんし」
女「…」
男「いいことした御褒美に、キスしてあげます」
女「ん」
ちゅっ…


結局落とし主は中身を取られていたらしい。でも一緒に入っていた子供の写真が帰ってきたのが
嬉しくて、僕に連絡をくれました。女さんには内緒。またよけいな心配しそうだったから…


180 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:12:47.65 ID:sK2QV++X0
【赤燈】

女「夕日だ」
男「綺麗ですね」
女「ちょっと休もう。降ろしていいぞ」

女「真っ赤だ」
男「真っ赤ですね」
女「すごいな、太陽は」
男「ん?」
女「赤や黄色や白……いろんな色を出すんだもの」
男「ああ、そうですね。どの色が好きですか?」
女「えっと……」

男・女「「あか」」

男「……ふふっ」
女「一緒だ」
男「綺麗ですね」
女「ん」


181 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:19:43.98 ID:sK2QV++X0
【噛】

女「あーん……」
男「……もぐもぐ」
女「はい、あーん……」
男「……んぐんぐ……」
女「……ちゃんと噛んでるか?」
男「え?あ、はい」
女「何回噛んでる?」
男「……何回かな……20回?」
女「だめ。30回噛め。顎弱くなる」
男「あ、わかりました」

男「はい、あーん」
女「むぐむぐ……あーん」
男「はいはい」
女「もぐもぐ……」
男「……ちゃんと噛んでますか?」
女「もちろん男にせっかくあーんしてもらってるんだ。50回は噛んでる」
男「……噛み過ぎもどうです?」


182 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:28:36.15 ID:sK2QV++X0
【敬語】

女「なー」
男「なんですか?」
女「なんで男は敬語なんだ?」
男「え?あ、んー……さあ?なんででしょう?」
女「私が恐いのか?」
男「何言ってんですか?そんなわけないでしょう……」
女「じゃあ普通に喋ってみて」

男「これでいいか?」
女「え?あ、う、うん」
男「さあ、今日はどこいく?また公園行くか?」
女「あ……はい」
男「どうしたの?おんぶしなくていいのか?」
女「…」

男「やっぱ変ですね」
女「うん。男じゃないみたい」
男「ふふ、僕はコレが自然なんですね。ほら、おんぶしますよ?」
女「ん、おねがい」



183 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:33:19.77 ID:sK2QV++X0
【ベイビー・スターダスト】

女「なに聴いてるんだ?」
男「ん?ミッシェル・ガン・エレファントです。聴きますか?」
女「うん」

女「…」
男「ありゃ?だめでした?」
女「なんていうか……男の子だな」
男「ふふ、そうですね。女の子じゃないかな?」
女「もっとゆっくりがいい」
男「それじゃ今は持ってないですね。また今度持ってきますよ」
女「うん」

男「かっこいいなぁ……」
女「そのCDか?」
男「はい。チバさんはかっこいいです」
女「……男よりもか?」
男「はい」
女「……うそつけ」
男「ちょ、なんで?」


184 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:37:23.91 ID:9FMnTAn40
wkwk

185 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:40:05.62 ID:knk0BINlO
授業中にニヤついちまったwwwwwwwww

186 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:40:08.60 ID:+c3nJbElO
開発者にありがとうを言いたい

187 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:42:26.32 ID:sK2QV++X0
【自転車】

男「女さんって自転車乗れますか?」
女「何?ばかにしてるのか?」
男「あ、いやそういうわけじゃ」
女「乗れるとも。多分びっくりするぞ」
男「え?」

男「…」
女「な?」
男「……まさかBMXに乗ってくるとは……」
女「ほれ?ジャックナイフだってできるぞ?」
キュッ!
男「なんとまあ」
女「な?」
男「すごいですね……なんで自転車で学校通わないんですか?」
女「だって自転車は冷たい。男は暖かい。だから」
男「……///」
女「もういいや。おんぶして」
男「はい////」


188 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:44:59.47 ID:sK2QV++X0
【アウトサイダー】

男「この星にメロディーを」
女「?」
男「君にロックンロールを」
女「??」
男「あの子にキスを……」
ちゅっ…

女「なになに?なんだ?」
男「ふふっ、さあ?」
女「???」

189 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:50:03.25 ID:sK2QV++X0
【ツンデレ】

女「ねえ男?」
男「ん?」
女「つんでれってなに?」
男「……どこでそんな言葉覚えて来たんですか……」
女「なに?」
男「えっと……まあ人の前ではツンツンしてて……好きな人の前じゃ甘える子みたいなのです」
女「ほほう」
男「たとえば、頑張ってお弁当を作ってきたのをばれるのが恥ずかしくて、別にあなたのために
  つくってきたんじゃない!って言うんです。それがなんか……いいんです」
女「そういうのが好きか?」
男「んー……俺は女さんみたいに、どこでも甘えてくる子のほうが好きですよ?」
女「なー。好きなのに隠してもいいことないよね?」
男「……ほんとに女さんでよかったです……」
女「?」


190 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:58:00.38 ID:sK2QV++X0
【髪】

女「髪型を変えたい」
男「またいきなりですね?どうしました?」
女「伸ばしっぱなしもどうかと思ってきた。どんなのがいい?」
男「……俺……ポニーテール萌えなんだ」
女「え?なに?」
男「……なんでもないです。僕はどんな髪型でも好きですよ?でもパーマ当てたりとかは
  いやですね。折角綺麗な髪してるんですから……でもショートでもいいな……」
女「…」

次の日

女「切った」
男「うわ!ばっさりいきましたね……」
女「どう?」
男「もちろん。すっごい可愛いです」
女「////」
男「あれ?照れてますか?」
女「顔のぞくな////キスしろ!」
男「難しいですね……」

ちゅっ!


191 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 12:59:36.95 ID:dg4mlzFW0
今日のID:sK2QV++X0はのりにのってる

192 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:00:26.36 ID:ibXF2HhM0
ちゅーばっかしてんじゃねえ!!もっとだ!!

193 :190:2007/02/28(水) 13:01:37.94 ID:WNjBgXFaO
はい
おさるさんくらいました
タスケテー

194 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:03:39.18 ID:dg4mlzFW0
>>193
まだ慌てるような時間じゃない
ネタをチラシに書き綴れ

195 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:04:20.25 ID:9FMnTAn40

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 セクロスセクロス!
 ⊂彡

196 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:06:16.25 ID:hEDpn5wQO
>>190
良いセンスだ

197 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:10:23.06 ID:UyzedhPTO
やべぇ
すげぇかわいいよこの二人

198 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:14:27.24 ID:sK2QV++X0
【風船】

女「デート」
男「そうですね」
女「抱っこ」
男「してますよ」
女「キス」
男「さっきしました」
女「あ……風船……」
男「貰ってきますね」

男「お待たせしました。赤いのでよかったですよね?」
女「ん」
男「高校生じゃないみたいですね?」
女「いいの」
男「ふふっ、はい」
女「キス」

ちゅっ


199 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:19:12.86 ID:sK2QV++X0
【にゃ】

女「今日もいい天気だな……にゃ」
男「そうですね。最近はずっと晴れだ」
女「洗濯物がよく乾くんだ……にゃ」
男「あ、自分で洗濯してるんですね?えらいなぁ……」
女「?当たり前だろ?にゃ」
男「そうですかね?」

男「さて……そろそろ帰りますか。もう遅い時間だ」
女「まだ帰りたくない……にゃ」
男「……だめです。もうねこたんもお母さんのところに返してあげましょう?ね?」
女「……ねこたん……ばいばい」
にゃー!

男「……ふかふかでしたか?」
女「うん。おかげで毛だらけだ」
男「ほんとですね」
ぱんぱん!


200 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:21:49.19 ID:sK2QV++X0
【海】

女「海に行きたいな」
男「なんですか突然?」
女「泳ぎたい」
男「……室内プールならありますよ」
女「ムードがないな。男と二人で遊びたいんだ」
男「/////」
女「夏になったら一緒に水着買いに行くぞ」
男「はい////」
女「可愛いのな」
男「あんまり大胆なのはいやですよ?」
女「そんなの私もだ。どきどきする」
男「////」


201 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:29:09.62 ID:sK2QV++X0
【テスト】

女「散々だった」
男「僕はいつもですけどね……」
女「なんかな、おかあさんに見せたら遊びすぎだって言われた」
男「あ、すいません……」
女「で、あんまりうるさいから家出してきた」
男「…・・・だからそんな大荷物なんですか……」
女「一緒に暮らす」

男「ほら、帰りますよ?」
女「やだ。おかーさんなんか嫌い」
男「そんな小さい子みたいなこと言わないでください……ほら?」
女「……だって……男と一緒に居たいもん……ひっく……好きなんだもん」
男「…」
ぎゅっ…

女「やだやだ!離れるのなんてやだ!」
男「そんなおおげさな……僕も一緒に行きますから、おかあさんに謝りましょう?」
女「男が好きなの!遊ぶなって言われても……そんなの無理!やだやだ!」
男「よしよし……」
なでなで…

結局女さんの家まで行った。なんだかお母さんも言いすぎたって…僕はすんなり許された。
まあ前から…女さんのご両親には気に入られていたが…女さんがここまで僕を必要としてくれてるとは…

いつもと違う甘えられ方は…すっごい可愛かった。


202 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:33:50.44 ID:LFjkCfX70
>>201
もはやクールではない

203 :561:2007/02/28(水) 13:33:54.82 ID:QYay1mfV0
今北
あああああ、お願いだハヤテ、今だけは脳内から去ってくれww

204 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:35:19.69 ID:QYay1mfV0
誤爆ww
名前つけっぱだった(´・ω・)

205 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:35:26.65 ID:sK2QV++X0
【ハチマキ】

男「毛虫」
女「し……塩鮭」
男「け?鍵盤ハーモニカ」
女「かみのけ」
男「またけですか……ん……」
女「もうないだろ?負けだ」
男「あ、ありました」


男「結婚しよう」
女「え?あ、うん。そのつもりだが?」


男「……」
女「どうした?」
男「女さんの負けですね」
女「あ、そっか……卑怯だな」
男「えへへ///」
女「罰ゲームだな」
ぎゅー…
男「……これ罰ゲームじゃないよなぁ……」
女「……幸せにしろよ?」
男「はい」


206 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:42:14.55 ID:sK2QV++X0
【ハンモック】

女「あ、なにあれ?」
男「え?ああ、あれですか?ハンモックですね」
女「ハンモック……」
男「タイとかによくあるのかな?あの上で寝たりするんです」
女「楽しそうだな」
男「誰も居ないし……乗ってみますか?」
女「うん」
男「よいしょ……」

男「どうですか?」
女「……不安定で……安定してるな」
男「あはは。そうですね」
女「……ぽかぽかで気持ちいい……」
男「……おやすみ……」
女「手を握っていてくれ。そのほうがなんか……安心……する……くぅ……」
男「えぇ。放しませんとも」


207 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:43:21.84 ID:aWJhkDjuO
電車内でこれをみてニヤニヤしてる俺はどう見ても変人

208 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:44:41.00 ID:N3lGBrOX0
ノーマルの素直クールとどの辺が違うの?

209 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:45:34.81 ID:rJ9pDlrU0
>>208
・幼いイメージ
・彼氏がハヤテ

210 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:46:26.20 ID:BaNsOp0yO
つかエロ描写まだー

211 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:46:32.13 ID:sK2QV++X0
【というわけで電車】

女「なんだ?あの人なんかにやにやしてる……」
男「あんまりじろじろ見ちゃいけませんよ。あの人もなんかいいことあったんでしょう」
女「そうか。そうだな」
男「どうですか?電車慣れましたか?」
女「うんでもな、満員電車のほうがいいな」
男「?なんでですか?」
女「男と引っ付いててもなにも思われないだろ?」
男「///ほんとに僕好きなんですね////」
女「うん。キスしていいか?」
男「だめです。下りてからね?」
女「ぬぅ」


212 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:47:18.87 ID:sK2QV++X0
>>210

残念!!今回はエロ書く気ねーですwwwww

213 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:50:11.88 ID:9FMnTAn40

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 MOTTO!MOTTO!
 ⊂彡

214 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 13:55:01.64 ID:sK2QV++X0
【素直クール】

女「また新しい言葉を覚えたぞ」
男「外人ですか?」
女「素直クールだ」
男「え?なんですかそれ?」
女「そのまんま。素直でクールな子らしい。私かな?」
男「ああ、そういうのですか。素直……うん。クール……うんうん。
  そうですね。おそらく女さんかと」
女「……そうか……」
男「あれ?いやですか?」
女「なんかそれじゃあ、冷静な子ってイメージがある」
男「そりゃあ、活発な子じゃあないでしょ?」
女「でも私はしたいようにしてるだけだぞ?男が大好きだから甘えてる」
男「そうですね」
女「クールなのは……しかたないのかな……」
男「いいじゃないですか。可愛いですよ」
女「本当か?」
男「はい。とっても可愛いです」
女「うん。ありがと。大好きだ」
ぎゅー…

いったいこの子はどこでそんな言葉を覚えてくるのか…変なの。


215 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:01:18.39 ID:sK2QV++X0
【パイン】

女「苦手な食べ物ってある?」
男「そうですね……なんかイクラとかダメですね。ああいうぷちぷち系は……」
女「そうか。私はこれ」

男「……パイナップルですか?」
女「うん」
男「なんで嫌いなのに丸々一個?」
女「嫌いじゃないんだ。好きだ。でもな……ひりひりする」
男「え?ああ、なんか毒みたいなの含まれてるんですよね?」
女「らしいな。で、私はコレを綺麗に食べたい」
男「?」
女「そこで男の出番。……もぐもぐ……ふぇ……きたきた……あー」
男「あー?」
女「はやくー。なめてー?」
男「////そういうことですか////」
ちゅっ…ちゅー…
女「……うん!これなら食べられそうだ!どんどん食べる……あー」
男「////」
ちゅー…
女「ふふっ、美味しいな?」
男「そうですね///」
女「あー」

216 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:02:49.88 ID:9FMnTAn40
うはwww
これはニヤけるwww

217 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:02:50.40 ID:rJ9pDlrU0
ID:sK2QV++X0のタフガイっぷりに惚れた

218 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:05:38.45 ID:QYay1mfV0
>>217
そうか、俺もID:sK2QV++X0なら掘られても良い

219 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:08:57.77 ID:sK2QV++X0
【睡眠時間】

女「眠いな」
男「そうですね……もう寝ますか?」
女「んーん。せっかく男が泊まりにきたんだ。起きてる」
男「や、無理しないでも……明日も一緒ですよ?」
女「……ん……」
男「ほら。もううとうとしてる」
女「……人間ってな……なんか睡眠時間四時間半でもいけるらしいな……」
男「そうなんですか?でも女さんは無理です。もう寝ますよ?」
女「……くぅ……大好きだ……」
男「おやすみのキスです……お姫様」
ちゅっ…



というわけで…少し寝さしてください……また夕方……ノシ


220 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:12:33.65 ID:9FMnTAn40


221 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:14:38.99 ID:zKkBWpIt0
>>219


222 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:22:17.78 ID:QYay1mfV0
>>219


さて、夕方までは保守するか!

223 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:25:38.36 ID:KWCDSak00
さて。おまいら勢い余って二人にセクロスさせるなよ?泣くぞ?

224 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:26:20.65 ID:HYYd7CEo0
>>219


軽く死にたくなるようなお話をありがとう。

225 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:31:54.80 ID:knk0BINlO
文中の男が自分だと妄想しながら
このスレを閲覧してる俺は負け組ですか?

226 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 14:33:59.74 ID:6gAOBHxr0
>>219
乙乙



230 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 15:11:10.80 ID:X6hfoaWM0
やっと追いついたと思ったら書き手はダウンか。ええい、絵師はまだか

231 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 15:19:51.92 ID:BaNsOp0yO
絵師まだー
ほす

232 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 15:24:00.97 ID:KWCDSak00
>>229 IDがUSA

233 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 15:48:46.43 ID:bDH8OlG8O
女「なぁ、男」
男「なんですか?」
女「私のどこが好きなんだ?」
男「うーん…赤いタンバリンを上手に打つから、ですかね」
女「?なんだそれ」
男「人は愛し合うために生きてるっていう噂、本当かもしれないって事ですよ」
女「それは…男も…?」
男「もちろん。女さんと愛し合うために生きてるんです」
女「////」


234 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 15:49:00.14 ID:xoUlMPOKO
追いついた
これは胸がズギューーーーンってなるなw

238 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 16:23:20.61 ID:+c3nJbElO
〉〉219


242 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 16:43:46.10 ID:h1HiGi5IO
男「起きろ女」
女「あと5分待ってくれ・・・」
男「いつもいつもそう言って起きないだろ」
女「今日は・・・今日だけは・・・」
男「ダメ」
女「わかった・・・その代わり、今日はおんぶじゃなくてお姫様だっこだぞ」
男「はいはい・・・」

243 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 16:52:56.35 ID:9FMnTAn40
GJ
じゃぁ保守祭りでもしようか

245 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 17:33:02.47 ID:h1HiGi5IO
女「男・・・風邪ひいた・・・看病してくれ」
男「熱は?」
女「38.6℃ ・・・」
男「よし寝ろ、氷もってきてやるから」
女「嫌だ、男が視界から消えるなんて嫌だ」
男「わがまま言うんじゃありません」
女「だって・・・」
男「少しの辛抱だから、な?」
女「・・・わかった」
男「いい子だ」ナデナデ
女「早く・・・戻ってきてね」

男「氷もってきたぞ」
女「ありがと」
男「抱きつくな・・・お粥つくったから食え」
女「男・・・風邪が治ったら、もっともっと一緒に居よう」
男「おう」

246 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 17:36:28.27 ID:9FMnTAn40

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 そのままセクロス!セクロス!
 ⊂彡

247 :愛のVIP戦士:2007/02/28(水) 17:37:56.81 ID:h1HiGi5IO
>>246
だが断る

249 :テンプレ :2007/02/28(水) 17:44:19.27 ID:LD1Zu5Ca0
女「」
男「」
女「」
男「」
女「」
男「」
女「」
男「」
女「」
男「」
女「」
男「」
女「」
男「」
女「」
男「」