※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おはなし

『マホタニア』

この島は全人口の8割が魔法にたずさわる魔法の国
はるか東の洋上にある島国
温暖な気候で四季の変化がある
青い空とエメラルドグリーンの海がひろがり
ちょっぴりこわいモンスターも生息する

そんなある日、いつもは平和な島がざわめいている

『魔宝石』

この石は魔法力の根源であるマナの塊で
それ単体でも綺麗な装飾品であるうえに
人に活力を与え魔力を生み出す不思議な力がある

この島でのみ取れ、高値で取引をされている
大きさ、色、透明度に比例して含まれているマナの量が増え
珍しい石はヒト一人が一生暮らせるほどの値段で売れる

『噂』

うわさによると願いをかなえる力があるという
いままでにない大きさで珍しい色の石が発見されたらしい
それを狙ってさまざまな者たちが島へとやってきている
さまざまな目的があるのだが、どちらにしろ彼らは石を追い求める
だがしかし、魔物達が活発化しているという

『主人公』

その魔法の国の魔法学校に通う少女「アリス」
どこにいくにもおばあちゃんからもらった魔法のセグウェイでいきおいよく飛んでいく
異変を敏感に察知した彼女は普段は人が寄り付かない森へと足を踏み入れる