※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【社会】 「ショック」 若い女性に大人気のブランド“Pinky Girls”、販売員が数回着た服を新品として販売

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/12/11(火) 19:32:23 ID:???0
   ・新年恒例の初売りでは、「福袋争奪戦」も起こる10代や20代前半の女性に人気のブランド
    「Pinky Girls」。その店舗で、店員が着用後の商品にタグを付け直し、新品として販売して
    いたという。
    この問題に、「Pinky Girls」の製造・販売をする大手アパレル「サンエー・インターナショナル」と
    その子会社「FREE'S INTERNATIONAL」は、新聞紙上などで、「販売促進目的で、
    販売員が店頭で商品を試着して、実演する手法をとっていました。現在までの調査に
    よれば、1つの商品の試着回数としては、1回から3回との報告を受けています。お客さまの
    誤解を招く可能性にかんがみ、本年11月7日より中止しており、今後も行いません」との
    お知らせを掲載した。

    しかし、この問題を告発したかつて「Pinky Girls」の店舗運営を委託されていたA社の幹部からは、
    さらに驚きの証言が聞かれた。
    問題を告発したA社幹部は「(着用後)抗菌消臭剤をかけて店頭に並ぶ。1日だけではなく、
    1週間自分がその服を着て売っていたと。えり染みがあったケース、そんなの考えられない
    ですね。試着でつくものでない。車の試乗車を新車として売るのとまったく一緒だと思う」と
    証言した。

    田中 喜代重弁護士は、「中古なのに、新品と偽るという2つの要件にあてはまると消費者
    契約法で取り消すことができるという話になる。(新品から中古になる法律的な考え方は?)
    そこら辺は、何も固まってないでしょうね。やっぱり、これから先、常識的に考えて判断する
    よりしょうがないんでしょう。今回の場合は、消費者契約法に違反するかどうかというのは
    非常に難しい微妙なケースだと思いますね」と話した。

    しかし、そもそも、販売員が着用することと客の試着を同様に扱っていいものなのか。
    街では「試着は、サイズを確かめるだけ」、「店員さんが着てると、時間が長いから、その分嫌」、
    「新しい服を買っている意識があるので、結構ショックですね...」などといった声が聞かれた。(抜粋)




カウンター: -


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
メニュー

トップページ


メニュー





2014



2013



2012



2011



2010



2009


2008


2007



その他情報



2010

  • 以下今後作成予定



リンク



ここを編集する
rss & コンタクト & タグ