※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

甘味調味料

自然食品店で売っている(砂糖の入っていない)甘酒、米飴(玄米水飴なら最高)、果糖、メープルシロップ、甜菜糖、あまりお薦めできないけれども蜂蜜、などで甘味をつけます。

甘いお菓子が欲しくなくなる魔法の飲み物

“ブラックジンガーのライスドリーム割り”

ブラックジンガー

玄米を遠赤外線で黒く焙煎したものを25ミクロンの微粉末にしたもので、シガリオという会社が作っています。
焙煎、粉砕の過程でも玄米を酸化させることがなく、しかも玄米に含まれるある種のビタミンやミネラルは焙煎過程で増えているのだそうです。粒子を顕微鏡で見ると、細かい孔が無数に開いていて、腸内の悪玉菌が出す毒素や口から入ったダイオキシンを吸着して体外に排出するらしいのです。
便秘の解消→ダイエット効果も抜群だというお客様からの情報だったので、私も試してみたのですが、そちらの効果はイマイチでした。
玄米を焙煎しているだけに“にがい”ので、珈琲好きな方がお湯で溶いて珈琲代わりに飲まれるの分には美味しいらしいのですが、私は珈琲が苦手なので、カフェオレ調にしなければ飲めないというのもあり、牛乳ではなく温めたライスドリームで溶いて飲んでみたのです。

ライスドリーム

玄米から作られた飲み物で一番率直な表現としては“お米のとぎ汁を甘くしたもの”みたいな感じなのですが、これが当然ノンシュガーなのに本当に甘いのです。もちろんライスドリームだけでも飲めるのですが、ちょっと甘すぎるくらい甘いので、ブラックジンガーの苦味が丁度良く消えて最高!なのでした。

“ブラックジンガーのライスドリーム割り”の効果

これを飲み始めてふと気が付いたのが、「あっ。最近お菓子食べてない・・・」ということでした。きっと玄米のもつ自然の糖が、甘いものが欲しくなる低血糖状態をおだやかに抑えてくれているのだと思います。
それから、甘いものがやめられないお客様にご紹介して、ファンを増やしたことは言うまでもありません。
こんなことを実行しているうちに、以前はひよこ饅頭を一度に10個近く食べていた超甘党の私も、苦しまずに甘いものから遠ざかることが出来ました。

でも、やっぱり友達と会った時や、お土産でお菓子をもらってしまった時なんかは食べてしまいますよね!その場合は自己嫌悪に陥る前にビタミンB群を多く含むものを摂ることで何とか対処しましょう。






Registration tag on this page: