※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュウ酸の害を避ける

  • 1日摂取量を50グラム程にする。
 ⇒ 1束約150~200グラムなので、50グラムなら1/4~1/3程度
  • 水分を多量に摂取し、できるだけ沢山尿を出す。
  • カルシウムを一緒に摂取すると、緩和される。
 ⇒ カルシウム含有野菜
   パセリ、モロヘイヤ、しそ、大根の葉、ケール、つまみ菜、きょうな(=水菜)、かぶの葉、小松菜、つるむらさき、しゅんぎく、ちんげん菜


鉄分とタンニン

  • 鉄分とタンニンを一緒に摂取すると、鉄分の吸収が妨げられる。
 ⇒ 蓮根はタンニンが含まれる


ほうれん草

  • ビタミンEと一緒にとることで栄養成分がよりからだに吸収する
  • タンパク質と一緒に食べますと、口の中で噛んでいる内に、アミノ酸と結合してニトロソアミンと言う発ガン性物質に変わります。






Registration tag on this page: