※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1. 脂肪の多い食べ物を避ける。また摂取量を減らしましょう。
バター・マーガリン・油脂は少な目に、またはジャム・はちみつなどでパンは食べましょう。

2. 食物繊維の多い食べ物を摂りましょう。
野菜・豆類・(のり・わかめ・昆布などの)海草類・きのこなどを食べて便の量を増やし、便中の発癌物質を薄めます。

3. 牛肉・豚肉・鶏肉の摂取を減らし、さかなを多用した食事を増やしましょう。
成長期の子供をのぞき、成人はたくさん必要としません。
いわゆる日本食(和食)を見直し、大腸の健康食として積極的に食べましょう。

3. 母乳の初乳やヨーグルトに多く含まれるラクトフェリンに大腸ポリープを小さくする作用があることがわかりました。






Registration tag on this page: