パパからのメール

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

姉と妹は母と、私は父と、それぞれ仲がいい。

去年の秋、父が亡くなった。

父の携帯は解約したけど、家で話す相手のいない私は父のメアドにメールを送った。
「パパに会いたい」「パパ助けて」「もう死にたい」…
宛先不明で返って来るのに、バカみたいに泣いて何通も送っていた。

受験前、母からメールが入った。

タイトルは「パパより」

もう正直、最初は「はぁあぁっ?」って感じで本文を読む気にもなれなくて放っておいた。
でも、なんか、試験の前日になってメールを開いたら

「パパはいつでも君を見ています。
 パパは今も君の傍にいます。
 君はパパの宝物、
 いつまでもいつまでも愛しています。」

「なんだよ、パパのフリしてんじゃねーよ、バーカ」って言いながら、涙が止まらなかった。

家に話す相手がいないのは、私が話しかけなかったから。
話しかけられても、私が無視していたから。

本当はみんなわかってたけど、自分からは何も変えられなかった。

このメールはそんな私を心配して、パパがママの心を通じて送ってくれたメールなんだ。

母のアドレスの父に、私は返信した。
「パパ、私は大丈夫だよ。大好きな家族がいるからね」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
2chでの泣ける話を中心にまとめてます。