※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私の母は未婚の母です。父は本妻さんと、私の腹違いの兄姉夫婦と暮らしてます。
二人はもうそういう関係ではありません。
が、私がたまに郷に帰ると、電話が来ます。
「酒のもう」と。で、指定された店に行きます。
と、席に付いた途端、酒から刺身から寿司、テンプラと、ものすごい量の料理がテーブルに並びます。
父が予約で、料理を一から注文しておくのです。
父はもうとうに還暦を過ぎて、身体の調子も良くないというので、料理にほとんど手を付けず、私の方に押しやります。
「食え、食え、もっと食え」とエンドレスに言います。
父は、自分の酒は必ず手酌で、私にばかりお酌します。
私の酒杯は常に満タンです。
食べきれない・飲みきれないでふうふう言って、店を出る頃、父は
「何か困ってることはないか」と言います。
旦那の仕事は上手くいってるか、暴力なんて受けていないか、体は大丈夫か、お金に困ってないか、と続きます。
「なにもかも大丈夫」と答えます。
最後に父は、目をそらして
「お前には何もしてやれないで、申し訳ない」
と必ず言います。
「世の中には償えないことがある。」
と言うのが父の口癖です。
父は、私の祖父の前で、
「誰に何を言われても別に何も構わないが、娘は俺に文句のひとつも言わない。それが俺のした事の罪だ」
と言って、泣いたそうです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
2chでの泣ける話を中心にまとめてます。