8時だよ全員集合

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土曜の夜に逝ってしまいました
長さんありがとう。本当にありがとう。
俺の子供時代は長さんのおかげでたくさん楽しみました。

ドリフターズの全盛期、昭和40年代のあの頃、 俺はまだ中学に入ったばかりだった。
もう世の中が大分豊かになってきた頃だったが、我が家はまだ貧しくて、六畳二間の長屋に一家5人で暮らしていた。
友達が家に遊びに来た時に白黒テレビを見られるのが たまらなくいやで、カラーテレビを見たい、買いたいという一心から、俺は新聞配達をはじめた。
新聞配達は今にして思ってもきつい仕事で、朝4時から7時まで毎日休まず働くのは想像以上に大変だった。



俺が新聞配達をはじめて3ヶ月たった頃だった。
我が家に突然、カラーテレビが届いたのだった。
俺が新聞配達まではじめたのを見かねた親父が、ローンを組んでまで買ってきてくれたのだった。
弟たちもは大喜びだったが、親父に経済的負担をかけたという思いがあって、俺は素直に喜べずにいた。
茶の間にいるのがなんだか気まずい感じだった。親父も何故か妙に無口だった。

はじめてのカラーテレビで見た最初の番組は忘れもしない「8時だよ!全員集合」だった。
家族みんなで笑い楽しんだ。ドリフのおかげで気まずい雰囲気もとれて、幸せな気持ちで床についた。



翌朝4時に目を覚ますと何故か親父が起きていた。
「俺は学がないから苦労してきた。今日から俺が新聞を配るから、お前はその分頑張って勉強しろ」

その後、俺は大学を卒業し、あの頃の親父と同じ歳になった。親父が亡くなってから、もう7年が経つ。
親父は何の趣味も持たず、働きずくめの人生だった。
だけど、一番大事なことを教わった、教えてくれた。
だけど、親父や長さんの存在感はとても真似できやしない。

俺は今、何の不自由もない生活をしているが、親父や長さんみたいに一番大事なことを子供達に教えているのだろうか?と思えてならない。
偉大だった故人のご冥福を謹んでお祈りします。


ババン バ バンバンバン

ババン バ バンバンバン


おい、どうした?悪ガキ共、
人間なんてのはいつかは死ぬもんだ、悲しい事など何も無い。
まあ、俺はちょっと予定より早かったけどな
今、天国で久しぶりに注のバカヤロウと酒飲んでんだ。
じゃあ、最後にアレいっとくか?
オイッス~~!!!!
どうした?声が小さい!!!
もいっちょオイッス~~~!!!!!

今までありがとうよ・・・・


さよならするのは辛いけど

時間だよ

仕方がない

次の回まで

ごきげんよう


今までありがとうよ・・・・
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
2chでの泣ける話を中心にまとめてます。