※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バルハイナーク


  • 出展作品
ファイツ

ヒガッチ星にてガヒイが最初に接触したバブー集団の1人。
武勇に優れ、バブ狩族との戦闘でも1人果敢に皆を守っていた。
ガヒイに見入られ、軍権においてバブ太郎・バブの助に次ぐ地位を得る。
メルズ制覇にて主力として申し分ない力を見せた。
四大列島、都会島制覇でも主力隊として活躍。
王国軍「セル」成立時にはセルの最高司令官として軍権を把握。
王国の軍部トップに君臨する。
その後はリーサ設立などによりバブ吉による四神会の下に入る。
一時期総戦総長の座をバブ吉・バブロンと共に争った事もある。
バブ太郎・バブの助に次ぐ古参のバブーとしてガヒイからの信頼も厚い。
物静かで奢り高ぶる事のない潔白の人。
また純白の毛並みと凛々しい井出たちから「白い巨人」と云われる。