MAGI


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

正式名称は SUPER COMPUTER MAGI SYSTEM。略称はS.C.MAGI SYSTEM、MAGIなど。
赤木ナオコ博士が基礎理論を完成、システムアップをその娘、赤木リツコ博士が行ったスーパーコンピュータ。

特務機関NERVの頭脳とも云える存在で、多くの懸案、計画等を策定、検討、解決する。

詳細

第7世代の有機コンピュータに人間の思考パターンを移植した人格移植OSの第一号であり、この仕組みはエヴァンゲリオンの搭乗者とのシンクロにも使用されている。

MAGIは、MELCHIOR・1、BALTHASAR・2、CASPER・3、という三台のコンピュータで構成されており、最終的な決定は3台の合議で行われる。

同コンピュータは、それぞれ移植元である赤木ナオコ博士の思考パターンを3系統に分け微妙にプログラムをずらしてあり、人間の持つジレンマをシステム的に再現している。
MELCHIOR・1、BALTHASAR・2、CASPER・3のそれぞれに、科学者として、母として、女としての彼女が移植されている。

因みに、MAGIの名は『新約聖書』で、イエスの誕生を予言した東方の三賢者の事に由来している。
同型機は、それぞれ2号機は第2東京の松代、3号機は東ドイツのベルリン、4号機はアメリカのマサチューセッツ、5号機は西ドイツのハンブルク、6号機は中国の北京にある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|