特務機関NERV


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現時点に於いては唯一とも云える人類の対使徒兵器、人造人間エヴァンゲリオンを有するのが、第3新東京市に本部を置く特務機関NERVである。
2010年、同計画の調査機関であったゲヒルンを全面移管する形で組織された。
本部は第3新東京市
ドイツ、アメリカなどに支部を持つ国際組織でもある。
対外的には国連直轄の組織となっているが、実際には国連の影響力は皆無。ゼーレの指揮下にある。
EVAの運用も同計画遂行の為とされるが、詳細は不明。
対外的にはサード・インパクト?を未然に防ぐ為、使徒の調査、研究、撃滅を行っていると説明されている。
EVAを複数所有しており、使徒に対抗し得る唯一の戦力ともなっている。
ジオフロント内に建つピラミッド型の建物は、NERV本部のごく一部に過ぎない。
ピラミッド型の建物に隣接する正方形の湖の、真下方向に伸びるかたちで、約7kmの深さまで大深度施設が作られている。
大深度施設の大半がセントラル・ドグマ?と呼ばれる區域であり、シグマユニットはその一部である。
EVA同様、NERVの存在は一般には秘匿されており、組織内部の構成も最高司令官が碇ゲンドウ、副司令官が冬月コウゾウを頂点として、作戦部、技術開発部、特殊観察部、諜報部、管理部、調査部、医学部等の存在が確認されているが、その全貌は不明。

特務機関NERVの前身はゲヒルンと呼ばれる国際組織。
このゲヒルンは、人類補完委員会の調査機関としてセカンド・インパクト直後より活動が確認されており、早い段階での構成人員として現NERV司令・碇ゲンドウ、後にNERVの頭脳となるスーパーコンピュータMAGIを開発する赤木ナオコ博士、碇ゲンドウの配偶者でありサード・チルドレンの実母・碇ユイの名が見える。
彼らは同時に、国連直轄の組織として箱根に設立された人工進化研究所(AEL)の所員としても名を連ねており、中でも碇ゲンドウは同研究所の所長を務めていた。
この人工進化研究所は、ゲヒルンの活動を世間一般から秘匿する為の隠れ蓑であり、実際には研究所内部でエヴァの開発、生体コンピュータMAGIの理論構築などを行っていたようだ。
彼らの活動の一端が、垣間見えたのは2004年の同研究所職員碇ユイの死亡事故であった。
研究所には、この事件により生体実験の疑義が生じたが、結果、事故は隠蔽されてしまった。
事件直後、碇ゲンドウにより人類補完計画アダム計画の二つがゼーレに提出されている。
この後、ゲヒルンには、現E計画責任者赤木リツコ博士や、葛城ミサト作戦部長らも参加しており、NERVと云う組織の骨格は、この頃に形成されたといえる。
同組織は、E計画人類補完計画の推進に尽力したが、2010年に赤木ナオコ博士?MAGIを完成させると即日解体され、全計画の遂行組織たる特務機関NERVに全面移管された。
この時、赤木ナオコ博士が死亡している。
尚、MAGIの管理及びE計画の推進は、赤木ナオコ博士の実子である赤木リツコ博士に引き継がれた。
特務機関NERVの本部は、旧箱根に建造中の第3新東京市地下の巨大な空間中央に位置し、ピラミッド状の建造物と、そのピラミッドを逆にしたすり鉢状の部分で構成される。
同組織が地下に存在するのは、一般人からの秘匿の意味以上に、使徒からの防衛に主眼を置いたためと考えられる
NERVは米国、独国等にも支部を持ち、各地でエヴァの建造も行われている。
現在、第3新東京市に配備されている弐号機は、日本で設計と製造を、独国で組立と最終調整を行ったものである。
ちなみに、NERVの語源は独語の『Nerv(神経)』。
NERVに関連する組織、ゼーレ『Seele(魂)』、ゲヒルン『gehirn(脳髄)』は、全て独語を語源としており、組織自体が独国を起源とするのではないかと推察される。
尚、NERVのマーク下に併記された言葉---『God's in his Heaven All's right with the world(神は天に在り、世は全てこともなし)』は、19世紀の詩人ロバート・ブラウニング(Robert Browning)の『Pippa passes』の一節であるが、NERVと云う組織との関わりについては不明である。
ちなみに、セントラル・ドグマ?とは生物学の用語で、遺伝情報はDNA→RNA→蛋白質へと伝達されていくが、いったん蛋白質に伝達されてしまった遺伝情報は、核酸や他の蛋白質に伝達される事はない。この遺伝情報の流れをセントラルドグマという。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル