ebannge


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネブカドネザルの鍵
                                                                                                                                    わかっているのは「神と魂を紡ぐ道標」
人類補完の扉を開くもの


ちなみに参考までに・・

旧作において、インパクトというのは生命の肉体がLCLに還元される現象であり、これだけではただみんな融けただけです・・。
ここからそれらの存在が新生するにも、一つに補完されるにも、それらの魂がちゃんと新たな存在となる者などに導かれないといけません。

つまり人類補完計画を成し遂げるには、
【インパクト(肉体の還元であり、魂の肉体から解放)+魂を導く】
という2つの行為が必要でした。

そしてこの魂を導く事が出来るのは、どうやら始祖であるアダムやリリスとなっていました。
だからその魂を持つカヲルとレイがいる。
彼らに魂をちゃんと導いてもらうと、彼らが造られたわけです。

つまり、彼らが魂の道標であり、補完の扉を開く者なわけです。

以下エヴァ2の台詞↓
「渚カヲル、己が存在。魂はこの時の為に。道標となりて、魂を導くがいい。」
「レイ、お前はその扉となり、全ての心を補完する為の道標となるのだ。」

新劇場版のネブカドネザルの鍵というのも、聞いた感じだと、このような存在に近しいモノなんじゃないかと・・
まぁまだ全然わかりませんけどね
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|