浅間山地震研究所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浅間山火口内にて謎の影が観測されたことにより、調査のため葛城ミサト日向マコトが赴いた場所。
無人観測機により、謎の影を使徒と判明した直後に研究所は完全封鎖されNERVの管轄下におかれた。

本来は地震予知のため浅間山のデータを観測、調査するための研究所のようである。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|