熱膨張


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一定の圧力下において、温度の上昇と共に物体の体積が増大する現象。
熱によって分子運動が激しくなり、その結果分子間の距離が大きくなるために発生する。
異なる物体同士で組まれた構造は熱膨張によって隙間やヒビが生じてしまう。
アスカ曰く「物は温めれば膨らんで大きくなるし、冷やせば縮んで小さくなる」とのこと。

本編第10話においてNERV内のプールにてシンジがこの問題に取り組んでいた。
また、同話に襲来した第八使徒サンダルフォンもこの現象により身体強度に変化をもたらし殲滅された。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|