荷電粒子砲


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

別名加粒子砲。
第五使徒ラミエルの攻撃手段。
荷電粒子を円周部で加速、収束させることで射出される強力な熱エネルギー兵器。
分子を加熱して融解させる。
数秒の攻撃で初号機の胸部第三装甲まで融解させるほどの破壊力を持つ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|