ヤシマ作戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五使徒ラミエルを殲滅するために取られた作戦。
作戦内容は日本中のエネルギーを自走陽電子砲を用いて同使徒に放ちA・Tフィールドを貫くき撃破するというもの。
作戦は見事に成功し、殲滅に成功している。
芦ノ湖をはさんだ二子山山頂を狙撃地点として実施された。

なお、名前の由来は日本の古称である「八州」と源平の合戦が行われた「屋島」の二つの意味があるとされている。
八州は日本中のエネルギーを使うことから、屋島は武者が一撃で目標を射止めたという故事にちなんでのもの。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|