二次創作 > 二次創作用語 > LAK


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LAK(エルエーケィ)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』の二次創作における、カップリング形態の一つ。「Love love Asuka Kaworu」の略である。

惣流・アスカ・ラングレー渚カヲルの恋愛関係、ないしは恋愛に成長する過程を描くもので、このカップリングを主軸に据えたFFは「LAK物」と呼ばれる。
また、作家や読者の嗜好を表現する場合にも用いられる。

本編においては、アスカカヲルの間には接点がなかったが、劇場版『DEATH』内のイメージシーン「第三中学校」の影響もあってか、女性作家を中心にLAK物が執筆された。
しかし、管理者の事情から掲載サイトが閉鎖していく一方で、『エヴァ』FFにおいてLAS物が主流となっていく風潮が重なったため、LAK物は新規作家に引き継がれなくなりマイナーなジャンルに位置づけられた。
また、『終局の続き(仮題)』を知ってか知らずか、三次創作において「ナルシスホモ」発言が多用されていることも、ジャンルとして広がらない要因の一つとも考えられている。
現在でも閲覧できるFFにおいてよくあるシチュエーションは、LRS展開に付随してアスカカヲルに惹かれるというものであり、学園?エヴァに多い。

尚、LAKの作品をメインとするファンサイトについてはこちらを参照
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|