ドイツ第三支部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドイツにあるNERVの第三支部。EVA弐号機の建造が行われた場所であり、搭乗者の惣流・アスカ・ラングレーもここで訓練したものと思われる。
また、そのほかにアダムの復元やS2機関の修復などが行われた。
ちなみにアダム加持リョウジによって碇ゲンドウに横流しされ、S2機関米国第二支部?EVA四号機に搭載する実験中事故により消滅した。しかし、本支部にデータだけが残っている。
またEVA五・六号機の建造もしていた。

NERVがまだゲヒルンであった時代には葛城ミサトが入所した。
加持リョウジも本部に来る前はここに所属していた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|