第十六使徒アルミサエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十六の使徒は、『不定』であった。

強羅絶対防衛戦を突破した本使徒が、大涌谷上空で確認された当初、DNAを想起させる二重螺旋の円環と云う形状を取っていた。
しかし、ネルフ側が零号機を迎撃に向かわせるや、本体を紐状に展開。
紐の先端で零号機を貫く様に体当たりを敢行した。

又、零号機救援に赴いた初号機との戦闘では、その先端をヒト型に変移させている(この時のヒト型は零号機パイロットに酷似していたが、これは彼女の情報を一次接触で手に入れた故であろうか)。

この様に本使徒が核たる固定形態を持たない存在である事は戦闘開始直前に赤木リツコ博士が看破した通りであるが、先に本使徒が『不定』であると述べたのはその形状のみに留まる言説ではない。
大涌谷上空で確認された当初、本使徒はパターンを青からオレンジへと周期的に変化させていた。

云う迄もなく『パターン青』は使徒を意味する。

ネルフの計測システムが正常に機能していたと理解するなら、本使徒使徒使徒以外の存在に周期的に変転していた事となる。

特筆すべきは、零号機との戦闘中、同機の後背部から顕出した異形物である。
その物体は第三の使徒から第十五の使徒までを複合した様な形状に変移しつつ拡大・膨張した。
これらの使徒は一様にコアが見当たらず形状のみの模倣であったと考えられる。

興味深いのはこの異形物が零号機から発生した物体であると云う点。
これがアルミサエルによる現象であった事は疑い得ないが、フォルムの元になった情報を何処から得ていたのは不明。
使徒に他の使徒の情報をその身体に内包しているのか。
それとも零号機もしくは同機パイロットが第三から第十五の使徒の情報を保有していたのだろうか(ここで出現している使徒が第三の使徒以降である点にも注目すべきだろう。第一と第二の使徒は、第三の使徒以降と比して顕然と異なる特性を有する存在であるようだ)。

ヒトと使徒が全て根元を同じくする生命体であるとした仮説があるが、もし零号機の背面部から発生した異形物が、ヒト---つまり零号機パイロットの遺伝情報を元に展開・再構築されたものだとするなら、先の論も信憑性を増す事となろう。
初戦に於いて、単機出撃した零号機は本使徒に対してライフル?を使用。
しかし、超至近距離からの攻撃もA・Tフィールドによって難なく跳ね返された。

更に本使徒零号機に物理的接触を果たすや同機のA・Tフィールドを侵食、生体部品を融合していった。
使徒の戦闘力はネルフ本部に侵攻、半壊させたゼルエルにも劣らないものであると云えよう。

この後、零号機救援に出撃した初号機が本使徒に苦戦するのを見て、零号機パイロットはA・Tフィールドを反転。
自機と融合した使徒を自らのA・Tフィールド内に閉塞させた状態で自爆し、本使徒を消滅させた。

尚、戦闘終了後、ネルフ回収班は赤木リツコ博士の指示によりエントリープラグを極秘に回収、関連部品を処分している。
恐らくこれは使徒零号機が融合した部分の隠蔽を企図した所作と考えられる。

ちなみにアルミサエルは、『子宮』を象徴する天使である。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル