第六使徒ガギエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガギエル - Gagiel

第六使徒は、その形状、性質等からみて水中活動に特化した使徒と思われる。
その流線型のフォルムは水の抵抗を極めて小さくしており、水中での高速移動を可能にしている。
移動は魚類と同様に、その巨大な身体をくねらせる事で行われる。

主な攻撃は体当たり。その巨体と高速度から生み出される甚大な物理エネルギーは、国連海軍の艦艇を次々に轟沈させている。
体当たりで撃破できなかった目標に対しては、前面に配備された口らしきものを開口、口内部に並んだ牙をもって目標を粉砕する。
使徒の弱点であるコアは、この口の中にあり、通常は露出しない。

太平洋に於いて国連海軍太平洋艦隊及び弐号機と戦闘。
弐号機を海中に引きずり込むも、同機によりA・Tフィールドを中和、開口されコアを露出させたところに戦艦2隻の主砲による零距離射撃を受け撃退された。

なお、これは15年振りに再来した使徒第三新東京市以外を目標とした初めてのケースである。

太平洋艦隊は、弐号機とその専属操縦者であるセカンド・チルドレン惣流・アスカ・ラングレーの移送任務中であり、使徒の攻撃はこれらを狙ったものとされているが、実際は加持が輸送中だったアダムを狙ったモノであった。

ちなみにガギエルは、『魚』を象徴する天使である。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル