※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メイジ

EternalGreenのクレリック系のメンバー
(ゲーム内のことや、キャラクター育成で困ったら質問しよう)

skill/デーヴァ/メイジ
メイジ
攻撃魔法に長けた術者です。
攻撃魔法以外にも、各種バフ魔法と回復魔法を使用することができ、攻撃型術者か、補助型術者のどちらかを選択することが可能です。(公式抜粋)



メイジの特徴



クレリックの攻撃魔法を追加、強化した職業で魔法攻撃を中心としたソロもできる。
もちろん今まで通り殴りあいで戦う事も可能。
プリーストよりブレス系スキルの上限が上がるのが早いので、早期から高Lvのbuffを使う事ができる。
そのぶん、マスMPリジェネレーションなどがないのでMP管理には気を遣う必要有り。
マスHP/MP、サンライトブレスがない以外はプリーストとそれほど変わらないので、
クレ時代と同じくPT需要が非常に高い職業でもある。



プリーストとメイジの違い



プリーストは上級回復魔法でPTを立て直すことが可能、メイジは範囲DebuffでPTを援護することが可能。
また、メイジはスキルの性質上、少数PTの方が活躍できる。
プリーストに比べるといざという時の回復が劣るため、プレイヤースキルによって、上手い下手が分かれてくる。
基本的にはプリーストと違い回復魔法が弱いため、メイジならではのループフォール、コールドボルト、スノースライド等を駆使して、PT全体を援護する必要がある。
回復のみに徹するのなら、プリーストの方が上。



オススメのペット



ソロ時に攻撃魔法を使うならソウルチップを多用する事になるのでレッドピクシーが望ましい。
殴りで戦うなら鳥、セイレーンなどの火力があるペットか、
亀、オーク、イエティなどの頑丈な前衛として活用できるペットがオススメ。
PT時はお好みでどうぞ。



おすすめ育成情報



まずは攻撃魔法メインか打撃メインかを決めて育成を心がけること。
どちらをメインにするにせよ、ブレス系を最優先で上げるのは同じ。
ブレス系の前提としてマジカルトレーニングLv11が必須になるので、
早い段階から魔法の威力がそれなりに高くなるはず。

攻撃魔法メインの場合
パッシブはマジカルトレーニング優先で。他はあまり必要ないので無視しても問題ない。
攻撃魔法は、コールドボルト、ループフォールの二つが詠唱が早く扱いやすい。
クールタイムの問題があるので、連発のできるエネルギービートもある程度上げておくと戦いやすくなる。
というか、フラッシュ以降のスキルを修得する為にエネルギービートLv11が必須になるので、
火力として実用に耐えうる程度には威力が上がる関係で使用する機会が増えるはず。
なお、エネルギービート以外は消費MPが高いのでMP管理には気をつけること。
追加効果のある魔法が非常に豊富なので上手く使い分ける事を心がけよう。
魔法コンボの一例)ソウルチップ→ループフォール→ランドスピア→コールドボルト→エネルギービート
人数の多いPTの場合は支援に徹するか、アシッドスプレーなどのdebuff効果を活用する程度にとどめておく方が賢明。
自分や他のクレ系がタゲられた時はよほど状況が悪くない限り、
ループフォールなどの足止め効果のある魔法で対処が可能。
タゲ外し目的で使うなら高確率でスタンを狙えてタコ殴りにしても問題のないランドスピアLv1が一番よさげ。
ループフォールは殴ってしまうと封印が解除されてしまうので過信は禁物。
チップつきシャイニングバスターは消費MPが非常に高いので確殺できない限りはやめておいた方が無難。
燃費の関係で攻撃魔法を使う場合は基本的にLv1で十分。
高Lvを使っても思ったほどダメージが上がらず、燃費の関係で連発しにくい。
逆にシャイニングバスター、エネルギービートなどのダメージ狙いの魔法やアシッドスプレーは高Lvで使った方がいい。
打撃メインの場合
「パッシブはアーマーマスタリーを優先で」と言いたいところだが、
ここは我慢してシャイニングウエポンとシャイニングアーマーの取得を最優先で目指したい。
というか、マスタリーをとってもさほど防御力は上がらないので後回しでOK。
PTでもソロでも非常に役立つスキルなのでとって損は無し。
攻撃魔法を後回しにできるぶん、修得は比較的楽なはず。
基本的に自分の火力よりペットや仲間の火力を底上げした方が良い場合が多いので、
パッシブを上げるのはJPに余裕があればで十分。
PTではメイジであろうとプリであろうとbuff要員やヒーラーとして期待されるものなので、
大人数のPT狩りではよほど余裕がある状況でない限り下手に殴りかかったりしない方が無難です。