Doxywizard Wizardタブ設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Wizardタブの設定内容

ここで設定できる内容は、Doxygenを使用する上で必要最低限の設定をします。
以下のトピックスが設定できる内容になっています。
Project セクション
Project name
 プロジェクト名
Project version or id
 バージョン情報
Source code directory
 ソースコードが含まれるディレクトリ
Scan recursively
 再帰的にスキャンするかどうかの設定
Destination directory
 出力先のディレクトリ

Mode セクション
Select the desired extraction mode
 解析範囲を設定します。
Documented entities only :
 ドキュメント化された対象ファイルのみ
 All entities :
  全ての対象ファイル
 Include cross-referenced source code in the output :
  相互参照を含むソースコードを出力に含める
Select programming language to optimize the result for
  対象言語を設定します。
 Optimize for C++ output
  C++出力用に最適化
 Optimize for C++/CLI output
  C++ 出力用に最適化
 Optimize for Java or C# output
  Java出力用に最適化
 Optimize for C or PHP output
  C出力用に最適化
 Optimize for Fortran output
  出力用に最適化
 Optimize for VHDL output
  出力用に最適化

Output セクション
HTML
  HTMLを出力します。
 plain HTML
  普通(?)のHTML
 with frames and a navigation tree
  フレームでナビゲーションツリーを表示する。
 prepare for complessed HTML (.chm)
  complessed HTML(.chm)の準備
 (以下任意)
 With search function (requires PHP enabled web server)
  検索機能を有効にする (PHPのWebサーバーが必要)
LaTeX
  LaTeX形式で出力します。
 as intermediate format for hyperlinked PDF
  中間形式としてハイパーリンクPDFファイルを生成する。
 as intermediate format for PDF
  中間形式としてPDFファイルを生成する。
 as intermediate format for PostScript
  中間形式としてポストスクリプトを生成する。
Man pages
 Unixのmanコマンド用ドキュメントの作成
Rich Text Format(RTF)
 リッチテキスト形式で出力します。
XML
 XML形式で出力します。

Diagrams セクション
No diagrams
 何も出しません
Use built-in class diagram generator
 内蔵の図解ジェネレータを使用します。
Use dot tool from the GraphViz package to generate
  GraphVizを使用します
 Class diagrams
  クラス図
 Collaboration diagrams
  コラボレーション図
 Include dependency graphs
  インクルード依存関係グラフ
 Include by dependency graphs
  インクルード依存関係グラフが含まれる
  Overall Class
   全体のクラス
  Call graphs
   呼び出しグラフ
  Called by graphs
   グラフによって呼び出される


このページの参考にさせていただいたサイト



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。