|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

義眼の話題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■このページでは「義眼装着者の一般的な話題」について、有用であると思ったものを記載しています。全て、2chスレからのより抜きサザエさんです。


  • 被せる義眼、 それは特殊義眼といって
    http://www10.u-page.so-net.ne.jp/fk9/k-gigan/
    http://www.medweb.ne.jp/atsuzawa_prosthesis/
    http://www.gigan.co.jp/
    http://www.meishi.com/kajiyama/index.html
    これら義眼制作社などで制作できます。
    保険が利きますので10~15万しますが後で5万ほど 帰ってきます。
  • たばたば 失礼します。
    義眼の前に虹彩コンタクトレンズという案もございます。 一度、参考までにごらんください。http://www.joia.or.jp/souran/product_detail.jsp?pageId=188&mode=member&key=41
  • 小眼球の義眼への 知っている範囲でのお答え
    特殊義眼(義眼のサイトのリンクにて写真を見てください) は収縮した眼球に被せて使用する義眼です。眼球がない場合には 義眼台を埋め込み、眼球の形の義眼を挿入して使用します。 小眼球の方は特殊義眼を使用の際、装着後、健眼の大きさに戻すことが
    できるため、外見も目だけではなく、目の周りのまぶたや目の回りの くぼみまで正常な状態に近づけることができます。 また、義眼も動く為、想像以上の外見的ご満足が得られるとお察しします。
  • 障害者と認定されるにはみえるほうの目の視力が矯正器具を使っても 0.6以下で3級(?) に認められます。 就職の際、手帳があれば大きく採用の窓口が広がりますが、同時に 障害者としてのレッテルを張られます。 そちらを選ぶのも自由ですが、手帳を取得していない方が多いようです。
  • 運転免許は 普通車や2輪は取得できますが2種や大型は駄目な模様。 船舶は可能。  航空機は不可  車の2種免許と傷害認定 ”級”については、うろ覚えの為、確認をとられることを お勧めします。
  • 運転免許は視力+”視野”が問題にされます。
    試験場で、視野を測る器械で、視野150度以上かを測られます。 検査はお世辞にも厳密なものとはいえませんね。 更新も含め、場所を変えて7回はかられていますが、どの検査もあまり厳密では なかったですねえ。助かりますが。(笑 知合の女性は泣き落としたそうです。これは卑劣ですね。 2種・大型 その他詳細はここで。
    http://ganka.com/ophbasic/xlicence.html

    障害者手帳は取れるものだったら、取っとくべきではないでしょうか? 別に就職の時に呈示する義務があるわけではないですし、単に就職に限らず 保険・税金・乗り物料金等で得られる利益(法に認められた当然の権利)も 少なくないですし。 逆に手帳を取得しないからといって、何もメリットはないですしね。 片眼についての就職差別は”ある”というのが、私の持論なもので、制度は 上手に利用したいものです。