※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原文

特技はイオナズン


面接官「特技はイオナズンとありますが?」
学生 「はい。イオナズンです。」
面接官「イオナズンとは何のことですか?」
学生 「魔法です。」
面接官「え、魔法?」
学生 「はい。魔法です。敵全員に大ダメージを与えます。」
面接官「・・・で、そのイオナズンは当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
学生 「はい。敵が襲って来ても守れます。」
面接官「いや、当社には襲ってくるような輩はいません。それに人に危害を加えるのは犯罪ですよね。」
学生 「でも、警察にも勝てますよ。」
面接官「いや、勝つとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
学生 「敵全員に100以上与えるんですよ。」
面接官「ふざけないでください。それに100って何ですか。だいたい・・・」
学生 「100ヒットポイントです。HPとも書きます。ヒットポイントというのは・・・」
面接官「聞いてません。帰って下さい。」
学生 「あれあれ?怒らせていいんですか?使いますよ。イオナズン。」
面接官「いいですよ。使って下さい。イオナズンとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
学生 「運がよかったな。今日はMPが足りないみたいだ。」
面接官「帰れよ。」

改変後

特技は神気鳥


面接官「特技は神気鳥とありますが?」
佐賀 「はい。神気鳥です。」
面接官「神気鳥とは何のことですか?」
佐賀 「うpスレや電波スレでファイルをうpして乞食に崇められる事です。」
面接官「え、ファイルをうp?」
佐賀 「はい。主にアニソンやゲーソンです。著作権違法万歳です。」
面接官「・・・で、その神気鳥は当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
佐賀 「はい。乞食が襲って来ても満足させられます。」
面接官「いや、当社には襲ってくるような輩はいません。それに勝手にファイルをうpするのは犯罪ですよね。」
佐賀 「でも、警察も満足させられますよ。」
面接官「いや、満足させられるとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
佐賀 「nyや洒落にも落ちてないファイルも持ってるんですよ。」
面接官「ふざけないでください。それにnyや洒落って何ですか。だいたい・・・」
佐賀 「ファイルを共有できるソフト、俗に言うP2Pです。Winnyやshareとも書きます。P2Pというのは・・・」
接官「聞いてません。帰って下さい。」
佐賀 「あれあれ?怒らせていいんですか?うpしますよ。東方アレンジ。」
面接官「いいですよ。うpして下さい。東方アレンジとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
佐賀 「運がよかったな。今日はスレが建ってないみたいだ。」
面接官「あぁ、じゃぁ後で建てとくよ。」

特技は神気鳥に誰よりも早くリクる事


面接官「特技は神気鳥に誰よりも早くリクる事とありますが?」
乞食 「はい。乞食です。」
面接官「乞食とは何のことですか?」
乞食 「神様です。」
面接官「え、神様?」
乞食 「はい。神様です。注目されたい構ってちゃんの神気鳥にリクしてやる神様です。」
面接官「・・・で、その乞食は当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
乞食 「はい。神気鳥が襲って来てもリクできます。」
面接官「いや、当社には襲ってくるような輩はいません。それに勝手にファイルをうpさせるのは犯罪ですよね。」
乞食 「でも、警察にもリクできますよ。」
面接官「いや、リクできるとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
乞食 「いずれは神気鳥になれるかもしれませんよ。」
面接官「ふざけないでください。それに神気鳥って何ですか。だいたい・・・」
乞食 「nyや洒落でせっせとファイルを掻き集めてる奴の事です。佐賀とも書きます。佐賀というのは・・・」
面接官「聞いてません。帰って下さい。」
乞食 「あれあれ?怒らせていいんですか?リクしますよ。初音ミク。」
面接官「いいですよ。リクして下さい。初音ミクとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
乞食 「運がよかったな。お前のリストには俺が欲しい物がないみたいだ。」
面接官「( ゚д゚)ポカーン」

特技はスレを止める事


面接官「特技はスレを止める事とありますが?」
住民 「はい。スレッドストッパーです。」
面接官「スレッドとは何のことですか?」
住民 「電波スレのことです。」
面接官「え、電波スレ?」
住民 「はい。電波スレです。最近人がいない所為で1000はおろか300も行かない電波スレです。」
面接官「ところで、私も電波スレ住民なんですよ。」
住民 「おや、奇遇ですね。」
佐賀 「俺も電波スレ住民なんですよ。」
住民 「あなたには聞いていません。」
面接官「私は~~というコテハンでして。」
住民 「私は○○です。」
面接官「ああ、貴方が○○さんでしたか。」
住民 「ええ。」
面接官「さすがにこの頃は人少ないね」
住民 「少ないね」

~こうして傷の舐め合いが始まるのであった~