※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原文

スイーツ(笑)


───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガシッ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

改変後

神気鳥(笑)


───アタシの名前は佐賀。心に傷を負った男子高生。うpレンジャーで佐賀市民な愛されボーイ♪
アタシがつるんでる愛すべき変態達は桃尻なももたん、なんか色々してるぎんちゃん。
ラノベをもって来ないお茶さん、その他諸々。
変態達がいてもやっぱり電波スレはタイクツ。今日も、ももたんとちょっとしたことで喧嘩になった。
男の子同士だとこんなこともあるからワームが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で直球へ行くことにしている。
頑張った自分へのご褒美ってやつ?佐賀らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながら乞食達を軽くあしらう。
「さがー、ちょっとうpしてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
直球の乞食はうざっこいしなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のexeを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、と神気鳥なアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっと男の顔を見た。
 「うほっ」
 ・・・チガウ・・・今までの乞食とはなにかが決定的に違う。ホワイターがアタシのカラダを駆け巡った・・。
 「・・(カッコイイ・・!!・・これってウイルス・・?)」
男は変化球の人だった。連れていかれてレイプされた。「アッー!」自重した。
 「ガシッ!ボカッ!」佐賀は死んだ。神気鳥(笑)


からあげ(笑)


 「あーうまそう」・・。そんなことをつぶやきながらお弁当を軽く持ち上げる。
「びんびん弁当びんびんです」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
電波な男はカッコイイけどなんか童貞だ。もっと等身大のちんぽで接して欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とアナル派なアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(美味しそう・・!!・・これって鶏肉・・?)」
男はコテだった。連れていって食べた。とり「キャーやめて!」味付けをきめた。
「ガッシ!ダンッ!!」とりは死んだ。から揚げ(笑)