仮面ライダーインペラー

【種別】 仮面ライダー
平成仮面ライダーシリーズ
仮面ライダー龍騎(平成第3作)
【名前】 仮面ライダーインペラー
【よみがな】 かめんらいだーいんぺらー
【変身】
【身長】 195センチ
【体重】 94キロ
【パンチ力】 10トン
【キック力】 20トン
【ジャンプ力】 ひと跳び50メートル
【走力】 100メートルを5秒
【9つの世界】 龍騎の世界
【声の出演】
【スーツアクター】
【登場話】 第6話
※オリジナルのスペックと異なるかもしれません。ディケイドで発表されたデータを記載予定。

【ディケイドの物語】

仮面ライダー裁判制度に参加した男がギガゼールほか、多数のレイヨウ型モンスターと契約したカードデッキを鏡に移すことで出現する変身ベルト「Vバックル」に、自分のカードデッキを装着することで変身する仮面ライダー。レイヨウ型のモンスターと契約しているだけに、頭部にシカの角が生えているなど、レイヨウの意匠が見られる。
契約したレイヨウ型モンスターとの集団攻撃が得意であり、ミラーワールドの街中で戦闘中の仮面ライダーディケイド仮面ライダーアビスの前に多数のレイヨウ型モンスターを引き連れて割り込み、ディケイドと戦闘になる。しかし、ディケイドの必殺技「ディメンションキック」を受けて撃破された。
また、右足の脛に装着されている召喚機「ガゼルバイザー」に「アドベントカード」を読み込ませることで、ギガゼールが与える力を使用することが可能。詳細は以下の通り。
カード名称 APorGP 効果
アドベント AP4000 ギガゼールほか多数のレイヨウ型モンスターを召喚し、援護させる
スピンベント AP2000 ギガゼールの頭部を模した二股のドリル「ガゼルスタッブ」を召喚する
スチールベント AP0000 敵の武装を奪い、自分のものにする。
ファイナルベント AP5000 多数のレイヨウ型モンスターが攻撃した後に膝蹴りを喰らわせる必殺技「ドライブディバイダー」を発動する

【オリジナルの龍騎の物語】

贅沢な暮らしをするためにライダーへとなった実は父親が大企業の社長であるアルバイトの24歳の青年「佐野満」が変身する。後に亡き父の遺産で贅沢な暮らしを手に入れるが、ライダーバトルを抜けることはできず、婚約者の百合絵とのお見合い中での戦闘で仲間だと思った東條悟=仮面ライダータイガに裏切られ、デストクローで攻撃された後敗走中に浅倉威=仮面ライダー王蛇のファイナルベント「ベノクラッシュ」を受け、カードデッキが破壊され、ミラーワールドで自分の運命を嘆きながら消滅する。テレビスペシャル「13RIDERS」では、仮面ライダータイガと共に先に姿が登場した。尚、タイガと違い声は異なる。劇場版「EPISODE FINAL」には未登場。

【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。