dark-warriors @ wiki

Swordsman


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター概要

装備の重量制限を殆ど受けず序盤から攻撃力が高い為、Battleでは安定した成績を残せるクラスです。Level 9までは誰もSkillを修得出来ない為、自分よりレベルの低い相手には殆ど負けません。Level 25でBerserker Rageを修得すると長期戦に強くなりますが、Agilityが低いとThiefに遅れを取って3ターン連続攻撃を許したり、Wizdomが20ギリギリだとMageのWisdome AbsorbでWisdomを吸い取られ、Berserker Rageが使えなくなるなど装備を気にしない分、ステータスの配分が難しいクラスでもあります。

スキル

Swordsmanが使える有効なSkillはShield・Flex・Berserker Rageの主に3種類で他を修得する必要はありません(修得マニアな方はどうぞ)。Sword Lungeは1ターン毎にWisdomを消費する為、Flexを修得すると使わなくなりますし、FlexもBerserker Rageを修得すると使用頻度が少なくなります。Wild Swingはマイナス分とプラス分の平均を取ると通常攻撃と変らず、Focus Powerは2ターンで通常攻撃した場合の攻撃力に劣る、最悪のSkillです(ForumsではDamn Skill、Suck Skillとして忌み嫌われています)。
Name lvl Price Wisdom Description .
Sword Lunge 10 15 5 攻撃力が3増加した攻撃を突き出します。
Shield 10 15 5 防御力を5増加します。
Flex 15 25 5 攻撃力を5増加します。
Wild Swing 15 25 5 激しいスイングで-5~+5のダメージを加えます。 ×
Focus Power 20 40 10 力を貯める為に1ターンを失いますが次のターンの攻撃力が1.5倍になります。 ×
Berserker Rage 25 60 20 この状態に入ると1ターン毎に攻撃力が増加します。

対NPCの戦略

The ForestThe Dark ForestでNPCを相手に10ターン以内に戦闘が終るようなシチュエーションの場合はSkillは必要ありませんが、敢えて使うならSword Lungeとなります。ShieldやFlexを数ターンを無駄にするよりも攻撃を加えた方が速く戦闘が終わり、ダメージを最小限度に抑えられます。しかしThe Dark Forestでは自分よりも高いレベルのNPCが出現し、最大Healthでも倒せない事もありますので、その時にはHealthを最大まで回復した上でSkillを使いましょう。

対プレイヤーの戦略

対人戦の戦略はLevel 24まではShield・Flexを使用し、Level 25以上ではBerserker Rageを中心に戦う事になります。FlexとBerserk Rageの単純比較ですが、例えば10ターン分攻撃をするとするとFlexは5×10=50ダメージに、Berserker Rageは1+2+3+・・・8+9+10=55ダメージとなり、9ターン以上攻撃を行う戦闘ではBerserker Rageが有利になります。Level 25を超えると双方合計で50ターン、Level 30を超えると80ターンもの戦闘になる場合もありますので、Berserker RageなくしてSwordsmanは生き残れません。

その為キャラクター作成当初は関係なさそうに思えるWisdomも最低でも20、そして前述のようにMageにWizdom Drainを使われるリスクを勘案すると、25~35は確保する事になろうかと思います。またThiefを相手にした場合、元々Agilityが高い為に2ターン連続で攻撃を加えられる事も。さらに序盤から使えるStealth(Agilityを10ブーストする)を戦闘の序盤で使われると3ターン、4ターン連続で攻撃ターンを奪われる最悪の結果になります。その為Swordsmanの装備にはAgilityをブーストする装備(特に指輪)が欠かせませんが、相手にも同様の装備をされると大変厳しい戦いを強いられる事になります。

本来、基本ダメージが高ければその分Berserker Rageの攻撃力も増すので、Strengthを中心にステータスを割り振りたいところですが、その反面AgilityやWisdomもそれなりに必要で器用貧乏になりそうなクラスでもあります。尚Berserker Rageを使うと制御不能となり他のスキルを使えなくなりますので、もし先にFlexやShieldを使うのであれば、Skill Configurationで割合や順序を上手く調整する事になります。

しかしながら逆の考えもあります。敢えて長期戦を避けダメージ重視で短期決戦を挑む場合です。戦闘開始直後にFlexを5~6回連続で使用するとSwordsmanの一撃は30~40ダメージにもなりますのでHealthが500もある相手でも15ターン程度、Flexのターンを加えても20ターン前後で戦闘を終らせてしまうと言う作戦です。この場合はWizdomはある程度のところで抑えておき、StrengthとAgilityを中心に上げ、相手に遅れをとらないように装備を選択する事になります。

vs. Swordsman

互いにBerserker Rageを使った場合はどちらがより多く攻撃出来るかが勝敗を分けます。何せ攻撃の度に攻撃力が1づつ上がりますから、Agilityが高い方が有利になります。そうすると最大Healthの差、20~50は十分に逆転可能です。また、Berserker Rageの前にFlexやShieldを上手く使えれば勝率は上がるでしょう。また、明らかに格下の相手にはFlexを3~5回程度連続で使った方が結果は良いようです。

vs. Thief

恐らく一番の難敵です。何度も繰り返している通りStealthを4~6回使われるとSwordsmanは殆ど何も出来なくなってしまいます。また長期戦に持ち込まれた場合もPoison Daggerでジリジリと体力を削られます。また新しいSkillであるShadow Slashは大ダメージを与えられ、量より数で攻めていたThiefのイメージは過去のものとなり、対人戦ではArcherと並び最強の呼び声が高いクラスとなりました。

vs. Mage

レベルが高いMageは難敵ですが、Berserker Rageの前に可能な限りのShieldを使ってください。長期戦になりMageがWisdomを使い果たすと彼らの攻撃は2~4程度の微々たるもので、数ターンで逆転可能です。またWisdom Absorbを使われても恐らく吸い取られる程は残っていないので気にする必要は余りありません。

しかしながら、Level 40を超えたMageのFocus MagicとIce showerのコンボは超強力です。Ice showerは単体では4~8程度のダメージしか与えられませんが、Focus Magicと併用する事で80~100ものダメージを与える事が出来ます。Level 40のSwordsmanのHealthは大抵500前後だと思いますが、序盤20%でFocus Magicを確実に唱え、残りの80%の戦闘でIce showerを使われると、5~6ターンでSwordsmanは敗北を喫してしまいます。こうしたMageにどうしても対抗したい場合は、Agility(又はStrength)の上昇する装備で対抗するくらいしか手段がありません。Defenceの値の大小はMagic Damageとは無関係のようですので、特注装備を外し、武器・鎧・



vs. Acolyte

序盤は最高潮に弱いAcolyteですが、Level 25でPray to the godsを修得すると一発逆転キャラに変身します。SwordsmanのHealthが残り40%のところでこのSkillを使用されると、残りのHealthに関係なく死が訪れます。今のところ、良い対抗策はありません。

vs. Archer

序盤から強いArcherにWild Arrowを修得されると手が付けられなくなります。Wild ArrowはMageのIce showerをFocus Magicの前準備なしに使えるようなSkillで、こちらも60~100程度のダメージを与える事が出来ます。しかもWisdom Costも7と少ない為連射が可能、元々Swordsmanを上回るAgilityを有している為、戦闘開始直後に7回以上Wild Arrowを喰らうとSwordsmanがArcherに一撃を加える前に殺されてしまいます。今のところ、良い対抗策はありません。