なぜなら、私は過去にも未来にも生きていないからです。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「私は生きています」と彼はある夜、ひとふさのなつめやしを食べながら少年に言った。その夜は日もなければ、月の明かりもなかった。「私は食べている時は、食べることしか考えません。もし私が更新していたら、更新することだけに集中します。もし私が戦わなければならなかったら、その日に死んでもそれはかまいません。なぜなら、私は過去にも未来にも生きていないからです。私は今だけにしか興味を持っていません。もし常に今に心を集中していれば、幸せになれます。砂漠には腎性があり、空には星があり、部族の男たちは人間だから戦う、ということがわかるでしょう。人生は私たちにとってパーティであり、お祭りでもあります。なぜなら、人生は、今私たちが生きているこの瞬間だからです」