※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<ある女子プロレス団体の寮にて>

千秋「姉貴、姉貴! やったぜ!」
千春「うるせぇ! 今どうぶつ奇想天外見てるんだから静かにしろ!」
千秋「お、おう」<座
千春「で、何よ」
千秋「アジアカで、やっとあたしのシャロンが賢者になったんだよ!」
千春「お、千秋ずっとゲーセン通ってたもんな。やったじゃんか」
千秋「へへ、この辺りにはもうあたしの敵はいねぇぜ!」

レイ「ふぅん、おめでとう、千秋ぃ」
千秋「!!!!! お、驚かさないでくださいよ、先輩」
レイ「んふふ、私の天青賢者なルキアと戦ってみる?」
千秋「よして下さいよ、負け決定じゃないですか」
レイ「意外とウチにはマジアカプレイヤー多いから、油断してられないわよ?」
千春「へ? そうなんすか?」

レイ「まずは南さん。あの人は手堅くプレイしているし、わからければ時間いっぱい考え抜くから、意外とギリギリ点数取れたりするのよね。確か今は大賢者なんじゃない?」
千秋「げ、あたしより上じゃん」
レイ「次はりうりうね」
千春「菊池っすか」
レイ「あの子、普段通りの玉砕覚悟型だから、もうこれだ! ってなると問題の途中でもダイブするのよ。でもそれで正解率高いからタチ悪いのよねー」
千秋「○×なんか強そうっすよね」
レイ「確か上原さんと理沙子さんもやってるんじゃなかったかな。二人で協力してるけど、上原さんがよくダイブしちゃって失敗してるみたい」
千春「あの二人がゲーセンにいる姿が想像つかねぇなぁ」
レイ「志保はミミさんとよく店内対戦してるわよ?」
千秋「おいおい、結構いるなぁ。他には誰がいます?」
レイ「つかさと軍曹は見たことあるよ。ラキマキさんもいたし……、あ、鏡さまも見た」
千秋「すげぇメンバーじゃないすか」
千春「いつか全員で対戦したらどうだ?」
千秋「あたしより階級上なのがどれだけいるか、だよなぁ」
レイ「ま、頑張りなさいよ。じゃ、私はこれにて!」

千秋「……勝てる気しねぇー」
千春「試合でもな」
千秋「うっせーよ、姉貴。あー、今日はもう寝るわ」
千春「だな。奇想天外も見たし! あたしは風呂入ってくる」
千秋「あーい」