※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 姉が妹にちょっかいを出している。と、そこに黒塗りの車が停まった。
「よっ、明日葉姉妹。相変わらずエロいな」
 窓を開けてそう言ったのは、二人の知り合いの海野流鏑馬である。にやにやしている流鏑馬に、ミドリは言った。
「エロくないです!」
「妹はそうでも、姉がエロい」
 ぼん、きゅっ、ぼんの身体に不釣合いなセーラー服。何度も言うが、そちらのお店の方ではない。
「ぅあ、確かに」
 姉に対して軽い敗北感を抱く妹。気持ち的にはorzな感じだ。
「ええ、私エロいの?」
 しかし妹の気持ちを知ってか知らずか、ユカリは驚きの声を出す。
「自覚ないの!?」
「あったらセーラー服着ねぇよ。ほら、後ろに乗りな。送ってやるから」
 呆れた風に流鏑馬が言った。
「でも」
「そのペースだと遅刻だろ。ほら乗った乗った」
「えへへー、一緒に助手席乗ろうよ」
「助手席はひとり!」ミドリが叱る。
「別に、膝に乗ればいいんじゃね?」
「おお、天才現る」
「流鏑馬さん!」
 結局二人は後部座席に乗ることになった。ユカリはミドリの肩に頭をあずける。
「えへへー」
 流鏑馬が、そんな二人を見て、尋ねた。
「なぁ。たまに思うんだけど、姉は頭が弱いのか?」
「し、失礼な!」
 ユカリが慌てて反論する。
「その反応がありゃ心配はねぇか。でも、妹の気持ちも考えろよ」
「ミドちゃん……もしかして、迷惑?」
 少し顎を引いた上目遣いのユカリ。狙ってではなく、天然でやるから困る。
「……ほんの少しだけ」
「……ふぇ」
「あ、あ、あ、泣かないでお姉ちゃん!」
 わたわたしている妹をバックミラーで見る。
 流鏑馬はため息をつき、こう思った。

 ──あぁ、頭じゃなくて心が弱いのか、姉は。

   *****

「おはようござーます!」
 ユカリが元気に挨拶をする。クラスメイトたちはみんな笑顔で返事をしてくれる。
 市立希望ケ丘女子高等学校。一年風組の教室である。明日葉姉妹の席は隣同士で、窓側がユカリ、廊下側がミドリだ。
 席につくや否や、ユカリに金色の獣が突撃してきた。
「Good Morning, ユカリ♪」
「ぐどもーにん、ジョー♪」
 アメリカからの留学生、ジョアンナ・ハミルトンである。ユカリと同じくらいのデンジャラスバディが教室を駆け抜け、ユカリに抱きついてきた。
「キョーもSexyだヨ、ユカリィ♪」
「てんきゅーてんきゅー。そう言うジョーもめちゃセクシー♪」
 この二人が会話すると、何故か語尾に♪がつく。いや、そんな気がする。
 とにかく教室は賑やかなもので、ユカリとジョアンナが国境を越えていちゃいちゃしていると、その横ではミドリが前の席の池澤卑弥呼と話をしていた。
 ──お姉さん、毎日楽しそうよね──
「そうね。特にジョーと一緒だと、元気が増してるみたいだわ」
 ──私も、あの元気さが欲しい──
「卑弥呼はそのままでいいよ。その方が、卑弥呼って感じ」
 ──そう。そう言ってくれると、嬉しいわ──
 池澤卑弥呼はやけに声が細い。どのくらい細いかと言うと会話しているのに「」が使えないくらいに細い。そんな卑弥呼と普通に会話ができるのだから、ミドリは卑弥呼との「通訳」もよくしていた。
「そろそろ先生来るんじゃない?」
 誰かがそう言うと、卑弥呼はミドリに微笑んでから前を向いた。ジョアンナは軽くユカリの頬にキスをして、「それジャ、またあとでネ♪」と言って自分の席に戻っていく。
 教室のドアが開いた。担任教師の巽翼が入ってきた。
「おはようございます、みなさん」
 厳格そうなイメージの教師だ。しかし、それは外見だけである事を、生徒たちは知っていた。なぜなら「おっはー、翼」とユカリが言えば、「おっはー、ゆかりん」と返すからだ。
 二人は元々同級生なのだが、何がどうしてこうなったのか、生徒と教師の関係になってしまった。
「さて、ホームルーム始めるわよ。委員長、プリント配って」
 今日もまた、ドタバタした学園生活が始まる。