※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んん……」
 真里は右目だけを薄く開いて、親指を駆使してアラームを解除する。
 ステップモードになっているので、音量がどんどん大きくなっていく。
「……うるさい……」
 右手だけでは解除できない。そこで、左手も出動することになった。
 ……しかし、アラームは解除されない。
「……また?」
 何で「また」と思ったのかわからないまま、体を起こして胡坐をかくと、布団が落ちた。
 布団の端に引っかかっていた携帯電話の充電コードが、音も無く外れた。

 充電中ランプが消えると同時に、画面におかしな文字が表示され出した。
「……?」
 真里は顔を近づける。まだ満足に頭が働いていない。しかし、何かが引っかかっている。
 目をこすっていると、その文字が読み取れるようになってきた。

 バクダン_

 画面にはそう表示された。
 普通に考えてこれは「爆弾」なんだろう。ゲームが好きな真里は、咄嗟に「ボンバーマン」を思い浮かべた。
 しかし「ボンバーマン」は関係なさそうだ。
 もっと重要な「何か」に関係がある気がする。

 バクダン サドウ_

 文字が更に表示された。ますます意味がわからない。ますます頭の奥底に引っかかるものがある。
「爆弾作動?」
 声に出す。「ボンバーマン」のアイテムで「リモコン」というのがあるのを思い出した。
 爆弾をセットして、離れてからポチッとボタンを押すと爆発する優れものだが、別のアイテムの効力で火力が増しているのを忘れていて押したら自分だけ爆死して相手は逃げていたという経験があるのだが、それよりも先に、直前まで見ていた「夢」の内容と酷似している事に気づいた。
「改行する」

 バクダン サドウ
 タイムリミット_

「改行した」

 バクダン サドウ
 タイムリミット
 ノコリ 5:00:00_

「五分」

 バクダン サドウ
 タイムリミット
 ノコリ 5:00:00 (5minits)

「やっぱり」
 真里は理解したのか、「ふぅーん」と言って何度か大きく頷いた。
 要するに、「あと五分で爆弾が爆発するから、時間内になんとかしろ」という事だ。
「……ヤバイ……かな」
 まだアラームは鳴っている。とりあえず真里は電源ボタンを押そうとしたが、夢の内容を思い出したので、押さずにそっとベッドの上に置いた。
 机の上を見ると、何故だろうか、工具箱が置いてあった。中にはマイナスドライバー、ペンチ、スパナ等が入っていた。
「……これで解体しろっちゅーこと?」
 工具箱を持ってきて、とりあえずドライバーを握る。
 携帯電話を慎重に持ち、色々な角度から眺めていると、バッテリーの蓋の所に小さな手紙が貼っているのが見えた。
 ドライバーを虫眼鏡に持ち替えて、手紙を見る。

『まずはネジを外せ』

「……ネジ?」
 裏側のカバーの四隅に、ネジがあるのを見つけた。その内のひとつをドライバーで外そうと回すと、小さく音が鳴った。
 画面を見ると、一番下の数字がえらい勢いで回転していて、「秒」の数字も回転していた。

 バクダン サドウ
 タイムリミット
 ノコリ 4:59:** (5minits)

「わ、動いた」
 流石に二度目だから、真里は大して動じていない。地味に焦っているが。
 カバーを外すと、バッテリーと基盤が見えた。そして、手紙も。

『電源を切ると爆発する』

「バッテリー外せないのか……」
 基盤を見ると、赤と青のコードが延びていた。画面側の中に繋がっているようだ。
 画面のカバーも、ネジを外して取り除く。なにやら液体が入っている小さなカプセルにコードが繋がっている。
 二枚の手紙がコードの間に貼ってあった。

『どちらかを切れば爆弾は止まる』
『俺は青が好きだ』

「じゃあ青?」
 でも爆発するかも。
「赤かなぁ」
 でも爆発するかも。
「青が好きだと……切ったりなんかできないか」
 そんな考えで、真里はためらわずに赤のコードを切った。

 アラームが止まった。

 本体に残された画面に、文字が表示された。

 バクダン カイジョ
 セイコウ オメデトウ_

「……おぉー、オイラすげぇー」
 ベッドに寝転がる。
「とりあえず、この喜びを裕ちゃんに知らせねば」
 携帯電話を探す。
 たった今解体したのを思い出す。
 真里はふてくされて、バラバラの携帯電話を机に移して、もう一度布団にくるまった。