※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<2日目/二条乃梨子/3階廊下>

 蓉子さまのお部屋と、聖さまのお部屋から、動かせそうな家具は全て廊下に移動させた。それを使って、聖さまのお部屋のドアを塞ごうというのだ。
 提案者は聖さま自身。あの時、疑わなかったといえば嘘になる。でも……。
 信じたくなんかない。江利子さまや蓉子さま、それに由乃さまが殺されたなんて。令さまがあんなに取り乱すのも見たくなかった。姿を消した瞳子だって。それに、聖さまが犯人かも知れないなんて。
「乃梨子ちゃん」
 聖さまの声。私は部屋の中を覗いた。
 困ったような表情を浮かべる聖さまと、可南子さん。聖さまは犯人じゃない、と言い、可南子さんも一緒に残ると言ったのだ。
「志摩子や、祐巳ちゃんのことをお願いね」
「……はい」
「じゃあ、バリケードお願いね。──ごきげんよう」
 ゆっくりとドアが閉まる。閉まったと同時に、少し離れた場所にいた祥子さまと祐巳さまがため息をついた。志摩子さんは、ずっと廊下にしゃがんだままだ。
「──祐巳さま。バリケードを……作りましょう」
「うん……」

<2日目/支倉令/資料室>

 冷たい。
 冷たい。
 頬をそっと撫でる。
 瞳は濁ったまま。
 心臓は動いていない。
 両手はだらりと下がったまま。
 口は少しだけ開かれて、端から血の筋が一本。
 それを舌先で舐めとる。
 由乃の味。
 由乃の血の味。
 ざっくりと裂けた背中。
 溢れ出た血液。
 凶器は目の前にある。
 この大きな日本刀が、由乃の命を奪った。
「由乃」
 名前を呼ぶ。
「お姉さま」
 あの笑顔はもう見れない。
「蓉子さま」
 あの声はもう聞けない。
「……由乃……お姉さま……」
 涙は出ない。
 枯れたかも知れない。
 壊れたかも知れない。
「私は、どうしたら……」
 そう呟いた時、気づいた。
 強く握られた由乃の右手。
 何かを、握り締めている。
「……」
 私は、そっと開かせた。
 血で汚れた紙。
 そこにあったのは──。
「……蓉子も、聖も、仲間よ……」
 誰だ。
 この文面を書いたのは誰なんだ。
 蓉子さまたちを呼び捨てにできるのは、ここに来たメンバーではただ一人。
「お姉さまが……、お姉さまと、蓉子さまたちが、仲間?」
 何のことだ。
 ただ一つだけ言えるのは、これを書いたのがお姉さまだとして、三人の中で生き残っているのは聖さまだけだということ。
 何かの計画があり、三人の中で仲間割れがあったとか?
 ──聖さまに訊かなくては。
 場合によっては、聖さまを殺さなくてはいけない。
 犯人である可能性が俄然高いのは、あのお方なのだから。
 私は由乃をそっと床に寝かせて、廊下に出た。
「──バリケード……?」
 一番奥の部屋は聖さまの部屋だが、そのドアの前には棚や椅子が積み重ねられている。
 あれはバリケードなのだろうか。
 聖さまは、あの部屋の中にいるのか。
 私はゆっくりと廊下を歩く。
 右手には、ああ、愛する妹の、私の唯一の女神の血を吸った、日本刀を持って。

<2日目/???/3階のとある部屋>

 ──処理は終わった。
 最初に私の姿を見たとき、この目の前に倒れている長身の少女はとても驚いたっけ。
 悲鳴をあげる間もなく、スタンガンで気を失わせた。
 異変に気づいたときにはもう遅く、白薔薇さまも今は深い夢の中。
 二人で生まれたままの姿になって、まるで獣のように身体を重ねていたわよね。
 リリアンの乙女が、はしたない。
 そんな二人には、罰を与えなくてはね。
 だから眠らせてあげた。
 そして、二人の手足を縛ってあげたのは私。
 小さく開かれた口に猿轡を噛ませたのも私。
 このまま殺すのは簡単。
 でも、このまま殺すのは面白くない。
 今は、別のメンバーがどう動くかを観察しようじゃないか。
 ああ、資料室のドアが開いた。
 ミスターリリアンがどう動くか楽しみにしながら、私は自慢の髪型を少し整え、にこりと微笑んだ。