※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――カラン。

星が瞬く夜に響く、ナイフが落ちる音。

刃は鮮血を吸い、鈍くも妖しい光を放つ。

目の前には細川可南子。

彼女はとても悲しそうな瞳で、私を見ている。


――貴女は、祐巳さまを独り占めにしたいのね。

――もう、祐巳さまは貴女だけを見ているというのに、まだ足りないのね。

――私、死ぬのかしら。

――祐巳さまに、お別れが、言いたかったな。

――さようなら、祐巳さま。

――さようなら、瞳子さん。

――私、貴女のこと、嫌いじゃなかったわよ。


……細川可南子は、倒れたまま、動かない。

彼女を中心に広がる、赤い水溜まり。

まるで泉に住む妖精のように、笑顔で……。

……ただ、悲しそうに、彼女の瞳は、私をずっと見ている。

私は涙を流し、取り返しのつかないことをしてしまったことに気付く。

冷たくなった彼女にすがりつく。


――お願い、目を覚まして。

――何か喋って。

――恨み言でも何でもいい、私に何かを喋って。


そんな私を、夜空の真ん中に浮かぶ月が、小さく嘲笑った気がした。