※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 にゃあ。

 鳴き声がして、私はふと足を止めた。
「ランチ?」
 そう呼ぶと、彼女は木の裏から顔を覗かせる。
「やっぱり。ごきげんよう、ランチ」
 にゃあ。
 再び彼女はそう鳴いた。

「祐巳さま」
 顔を上げると、笑顔の可南子ちゃんがいた。
「ごきげんよう」
「ごきげんよう」

「祐巳さまは、猫にも好かれるんですね」
「どうやら私の体質らしいね」
「天使さま」
「可南子ちゃんがそう望んだんじゃない」

 背中に伸びた翼をぱたぱたと動かして、私は可南子ちゃんとランチを包み込んだ。

 私たちは空を見る。
 雲の向こうに見えるのは、青い青い地球。

 私を天使に、と願った可南子ちゃんは向こうにいて。
 天使となった私の横にも可南子ちゃんがいる。

 くすり、と笑って、手を伸ばす。

「おーい、私は幸せだよー」

 そっちはどう?

 遠い遠い火星より。
 青い青い地球の私へ。