※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 とある城の裏手にある、稽古場にて。

 木刀で素振りの練習をしているのは、この城に仕える麗蘭という剣士だった。生まれは海を隔てた国なのだが、ひょんなことからここの城主に気に入られ、それからずっと剣術の師範としてその腕を振るっていた。
 今日も朝早くから自主練習と家臣達への稽古を繰り返していた。この素振りを最後に、今日は休もうと考えていた。
「麗蘭さま」
 そこに掛けられた声。その方向を見ると、髪を編んだ少女がいる。
「……お志乃さん」
「毎日練習ごくろうさまです」
 水で濡らした手拭いを差し出すと、麗蘭はそれを受け取った。顔を拭くと、とても冷たくて気持ちよかった。
「お志乃さんも、こうして毎日顔を見せてくれて、私はとても嬉しいです」
「麗蘭さまったら」
 二人でくすくす笑い、近くの階段に腰を下ろす。
「……麗蘭さま」
「うん?」
「姫さまとお弓さんが、永遠の誓いをしたそうですよ」
「ああ、そうらしいですね」
 この城の宝とも言える、少しお転婆ではあるがとても美しい倖姫と、その身の回りの世話をしているお弓(本当は護衛のくのいちなのだが)が、ある月の美しい夜に、倖姫が宣教師から貰った「るざりお」をお弓に渡したというのだ。
 るざりおをとても気に入っていた倖姫がそれを渡すというのはかなりの話題となって城内はもちろん、城下町にもそれは広まっていた。
「──私も、永遠の誓いがしたいなぁ」
 お志乃が呟く。
 生まれつき心臓を患っているお志乃にとって、心の支えとなっているのは、横にいる異国の美女なのだ。その彼女は微笑を浮かべて、お志乃をぎゅっと抱きしめた。
「れ、麗蘭さま!?」
「大切な人を守るのが、私の務めです。この城も、姫さまも、お志乃さんも」
 お志乃の編んだ髪を指先で弄びながら、麗蘭は囁く。
「それこそ、永遠に、私は守り続けます」

 はるか未来。とある女博士の研究室にて。

「ねぇ、博士。凄い暇なんだけど」
 ホーリィはふわふわと飛びながら、博士の長い髪をくいくいと引っ張る。
「駄目、髪は引っ張ったらいけないわ」
「ぶー」
「ぶー、じゃないの。そんなに暇なの?」
 振り返りもせずに博士は訊く。ホーリィは博士の肩にちょこんと座り、
「暇ー」
 博士はそんなホーリィに苦笑して、アルバムマシンを起動させ、小さなホログラムを表示させた。
「博士ー、この女の人誰?」
「私の大おばあさまよ。学生のころの姿なの」
「へー。博士に似てるね!」
「こちらの方も似ているわよ」
 続いて表示されたのは、彫りの深い顔をした少女。
「おー、なんかかっこいいけど、絶対たらしだよねー」
「この方はホーリィのモデルになっているのよ?」
「うわ、知りたくなかったなー」
「ふふ。お名前はね、聖さまっていうの。そしてさっきの大おばあさまは……」
「シマコ!!」
「え?」
「博士の名前と一緒なんだよね? 前聞いたことあったから覚えてた!」
「ふふふ、偉い偉い」
 藤堂志摩子博士はにっこりと笑った。
 ホーリィも笑った。

 ある場所。ポニーテールと73分けの妊婦さんの会話。

「……なんだか意外ね。こうして久しぶりに顔を合わせると」
「お互い、結婚もしちゃいましたからね」
「ねぇ、子供も女の子だったらいいわね」
「リリアンに入れますよ」
「私もそうしようかしら。そして、リリアンかわら版を伝説に残るものにしてもらうのよ」
「……お姉さま」
「なによ、その目は」
「いえ、別にいいんですけどね」
「何かひっかかるわね。まぁいいわ」
「それより、名前って考えたりしてます?」
「そうねぇー……名前に数字を入れてみたいわね」
「私はもう決めてるんです」
「え、どんな?」
「苗字が山口ですから、名前が2文字だとテンポがいいんじゃないかな、って」
「ふむふむ。それで?」
「真美、なんてどうでしょう」