※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 狂った世界の、狂った空間。
 閉ざされた学園に、五人の少女がいた。
 彼女達の目的は、ただひとつ。

『──ここから、出たい──』

◆するすると、幕が上がる。◆

 見慣れた空間も、立場が変われば恐怖の象徴になる。
 自由に出入りできる場所が、それが不可能になっただけでどれだけ恐ろしいか。松平瞳子は、それを身を持って感じていた。
 自分の席に座り、天井を仰いだ。割れた蛍光灯が真上にある。

 広い教室は、異空間になっている。

 何度も試したが、二つの引き戸は動かない。窓も全く開かず、一時間以上が経過した。
 非常事態だ、と自分に言い聞かせて、とあるクラスメイトの椅子を持って窓に投げつけたりもした。
 結果は、ただ重い音を立てて椅子が床に転がっただけだった。窓には傷一つつかないでいた。

 ──夢。
 この世界は自分の夢の中の世界だと思うことにした。そうでなければあまりに理不尽な内容であり、創作と考えなければやっていられない。
 夢だったらなんでもできる。何をやっても許される。
 瞳子は再び、椅子を手にした。悪いとは思っていながらも、敢えて細川可南子の椅子を選んだ。
「行きますわよっ……!」
 誰にともなく呟いて、瞳子は椅子を投げつけた。

◆鈍い音が、響いた。◆

 その音を聞いて、支倉令は目覚めた。
「よ……し、のぉ?」
 直前まで一緒にいたはずの最愛の人の名前を呼ぶ。

 だだっ広い空間。微塵も暖かくない空気。ここは剣道場だ。
 令は制服姿で、床に寝ていたようだ。が、何故ここにいるかがわからない。
 意識が遠のく寸前、令は自宅にいた。リビングで島津由乃と一緒にお喋りを楽しんでいたはずだ。
 眠気に襲われ、恥ずかしがりつつも由乃の膝枕で少し眠りにつこうとした……はずだ。

 ──夢。
 そうとしか考えられない。瞬間移動でもしない限り、剣道場にいるわけが──と思った時、別の考えが浮かんだ。

 眠っている間に、誰かがここまで運んできたとすれば?
 そうなれば、一応は合点がいく。もし睡眠薬かなにかで眠らされていたとすれば、多少の振動では起きないかもしれない。
 しかし、そうすればその犯人は絞られる。あの時家にいたのは自分と由乃であり、口にした紅茶を用意したのは愛する妹だ。

 何故、由乃が、私を、ここに?

 令は考え込んだ。

◆どんなに考えても、答えはわからなかった。◆

 山口真美は、考えるのを止めた。このままでは埒が明かない。
 この薄い壁をどうにかして破壊してみようか、とも考えた。写真部の部室に行けば、何か打開策が見つかるかもしれない。
 ……新聞部のドアが破壊できないのに、壁が破壊できるとは思えないが。

 しかし諦める気は毛頭ない。この状況があまりに現実離れしていて、逆に面白いのだ。テンションは上がっていく。

「ここにお姉さまがいないのが、残念でならないわ!」
 真美は独り言を口に出し、微笑を浮かべていた。

 ──夢?
 いや、これは現実だ。何を基準として夢とするのかわからないが、真美は自分を基準にした。これは、「現実」だ。

 恐怖のあまり、思考がおかしくなっているのかもしれない。
 それでも構わない。

 もう、怖くないのだから。

◆微笑みは、笑いに変わる。◆

 意外に自分は脆かった。
 藤堂志摩子はそれを自覚していなかった。が、今自分が笑っている姿を客観的に見れば、随分と脆かったのだと気づく。

 薔薇の館にひとりきり。手元にあるのは、物置で見つけた壊れた椅子の脚。元の椅子は、物置のドアと共に破壊された。

「乃梨子、いないの?」
「お姉さま、どこですか?」
「祐巳さん、由乃さん、みんなどこに行ってしまったの?」

 大声で笑いながら、叫ぶように問いかける。
 あまりの異常事態に、志摩子の精神は崩壊していた。

 ──夢。
 とても素敵な、ファンタジックな夢!

 志摩子は、微笑みながらステンドグラスの前にいた。
 三色の薔薇が、志摩子を見ている。

 志摩子は笑顔で、そう、満面の笑みを顔面に貼り付けて、ステンドグラスを叩き壊した。

◆綺麗な破壊音が響く。◆

 不安にかられて敷地内を彷徨った桂は、轟音のした方を向いた。
 色とりどりのガラスが降り注ぐ。その向こうに見えた、笑顔の持ち主は──。

 ──悪夢。

◆暗転◆