※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇ魔理沙。あたいのこと、本当に好き?」
 チルノは、いつも不安そうに聞いてくる。
 その度に私は彼女の頭を撫でながら、「ああ。大好きだぜ」と答えるのだ。

 ……思えば、いつから私はこのおバカな妖精と付き合いだしたのだろうか。
 あまりハッキリとは覚えていないが、ただひとつ確実なことは、チルノが私の恋人になってから、一部の者の弾幕が異常に濃くなったということだ。
 アリスやパチュリー、咲夜、にとり、そして霊夢までも。正直、まったく意味がわからない。あいつら、何のつもりなのだろうか。

「……ねぇ、魔理沙」
「ん?」
 私は思考の渦からチルノの呼びかけによって救い出された。
「……キスして」
 こういう時、不安な時、チルノは決まってキスをせがむ。
 私が考え込むとわかるらしい。
 泣きそうな顔をしているチルノの頭を優しく撫でてから、そっと唇を重ねる。ついばむようなキスが、チルノは好きだった。
 唇を離すと、チルノは満足そうな笑顔で、私の胸に顔を埋める。
「えへへっ」
 私は抱きしめたまま、ベッドに転がった。
「魔理沙っ。あたい、魔理沙のこと大好きだからねっ」
「ああ。私もチルノのこと、愛してるぜ」

 ──チルノは普段は能天気だけど、本当は素直なだけなんだ。
 自分自身が不安になるとひどく落ち込んでしまうし、相手が不安だとすぐに気づく。
 自分が楽しいときは相手にも伝えようとするし、相手が楽しいと自分も笑顔になる。
 本当に可愛らしい。本当に愛しい。
 絶対に、離さない。


 ──そう、誓ったのに。


   ***

[翔べない天使]

   ***

 ある朝、目覚めるとチルノの姿が無かった。
 その時は、どこかに遊びに行ってるのだろうと思って、深く考えずにいた。実際、昼間は霧の湖で遊んでいることが多い。
 昼を過ぎた頃、とてつもない大きな音がしたが、すぐに消えた。何かの異変の前触れかもしれない。そう思った。
 その日は夕方になってもチルノは戻らなかった。私は心配になって、森を探し回った。魔法の森は茸の胞子がキツく、変な場所に迷い込んでしまうと私でも気分を悪くしてしまう。もし、チルノがそういう場所に入ってしまっていたら? ……とても心配だ。
 しかしチルノはどこにもいない。マスクをして危険地域にも近づいてはみたが、チルノの気配は無かった。
 疲れを感じて、休憩しようと上を見た時。
「……あれは」
 私は箒にまたがって浮くと、枝に引っかかっていた布切れを手にした。間違いない。これは、チルノのリボンだ。
「……チルノ? チルノ!」
 どうして、こんなにボロボロなのだろうか。それに、薄っすらと付着しているのは……血、なのか?
 私は半分パニックになりながら、森の中を探し回った。

   *

「魔理沙」
 何の収穫もなく家に戻ると、玄関で咲夜が待っていた。
「な、何の用だよ……私、少し休んだらまた」
「チルノを探してるの?」
 その瞬間、私は咲夜の胸倉を掴んでいた。
「何か知ってるのか!? チルノはどこなんだ!!」
「落ち着きなさい! チルノは、今紅魔館にいるわ!」
「ほ、本当か?」
「嘘をついてどうするの。ただ……」
「……何だよ、どうしたんだよ」
「チルノ、ひどい怪我をしていたわよ」
「!!」
 私は地面に膝を落として、咲夜を見上げていた。
「怪我……?」
「お嬢様に言われて、貴女を呼びに来たの。早く、行きましょう」
「あ、ああ……」

   *

 パチュリーが、案内された部屋の前にいた。
「魔理沙」
「パチュリー。チルノは?」
「相当にひどい状態よ……」
「そんな」
「……会ってあげて」
 ドアが開く。
 部屋の中には、美鈴とレミリアがいた。
 そして、部屋の中央にあるベッドには──。
「うあ、あ、あ」
 私はベッドに横たわっている彼女をまともに見れなかった。
「ああ、あ……チルノ、なのか……?」
 全身を包帯でぐるぐる巻きにされ、僅かに肌が見えるだけ。
 左目だけ、顔の中では露出している。
「薬が効いているから、今は眠っているわ」
 レミリアの言葉が、耳に届いた。
「……治るよな? すぐに、よくなるよな?」
「傷は深く、数も多い。完治にはかなりの時間がかかると思っていいわ。……いいこと、魔理沙。これは、いつもの弾幕ごっこなんてものじゃない。例えこれが弾幕での怪我だとしたら、誰かが悪意を持って徹底的にチルノを弄ったのよ」
 頭が、真っ白になった。
 この幻想郷に、そんな奴がいるのか?
 私は、意識が遠くなるのを感じた。

   *

「……魔理沙。魔理沙、起きなさい。チルノが起きたわよ」
 私はソファに寝かされていたらしい。咲夜の声で起きると、ベッドの上で体を起こしているチルノを見つける。
「チルノ、チルノ!!」
 私はふらつく足で、どうにか急いでチルノの前まで行く。
 左目は、いつものチルノの瞳だった。
「チルノ、私だぜ。わかるか?」
「……魔理沙」
「ああ、私だ──」
 この次にチルノの口から出た言葉は、まるで呪いのようだった。
「──聞こえないよ」
「……え?」
「魔理沙の声が、聞こえないよ。みんなの声も。音も、何も、聞こえないよ……」
「チルノ、まさか、耳……」
 鼓膜が破れていたらしい。無音の世界に、チルノはいきなり放り出されてしまったのだ。
 私は、気が付いたらチルノを抱きしめていた。
「魔理沙、魔理沙、怖いよ、何か喋ってよ、魔理沙」
 私は何も言えなかった。
 口を開くと、きっと泣いてしまうから。

 それでも、私の目からは、涙が溢れていた。

   *

 しばらくは、紅魔館に通いでお見舞いを続けていたが、ある程度チルノも回復してきたので、私の家に戻ることになった。
 レミリアたちに礼を言い、私たちはゆっくりと道を歩いていく。
「なぁ、チルノ」
 チルノの頬に、自分の頬をくっつける。こうやって喋れば、少しは聞こえるらしい。
「なに?」
「何があったかは、やっぱり教えてくれないんだな」
「……あたいも、よく覚えていないんだ。おっきな鳥みたいなのが、あたいの目の前にいたことしか、覚えてない。……ごめんね」
「いや、いいんだ」
 チルノは、ひょっとしたら誰かをかばっているのかもしれないし、本当に何も覚えていないのかもしれない。大きな鳥が何を意味しているのかも私にはわからない。
 でも、もう、いいんだ。
 私はチルノを抱き締めると、箒にまたがった。
「──もう離さないからな、チルノ」
「もう離れないよ、魔理沙」

 私たちは、空を突き進む。
 このまま結界を突き抜けて、外の世界で暮らすのもいいな、と思う。
 魔法使いなんて外の世界にはいないだろうし、妖精には生きていくには劣悪な環境だろう。
 でも、全てを忘れて一からやり直すには、いいかもしれない。
「ねぇ、魔理沙」
「ん?」
「キス、して」
 ……ああ、また不安になったのか。私があれこれ考えたから。
「余所見運転は、事故の元だぜ……」
 チルノの唇を、少し乱暴に奪う。
 今までにしたことのないような、激しいキス。
 チルノを愛している証のように、私は──。

   ***

「ただいま、チルノ」
「おかえり、魔理沙」
 雪が降る。チルノには最高の季節だろう。
 私とチルノは、外の世界にいる。
 紫がスキマを使って、別の場所と繋げてくれたのだ。いつでも帰れるが、まだしばらくは私もチルノもこの世界で生きていこうと思う。
「傷、目立たなくなってきたな」
「うん。空は飛べなくなったけど」
 そんな会話を、頬をくっつけた状態でする。

 ──もう、離すもんか。

 そう改めて誓い、私はチルノと一緒に窓の外を見た。
 この轟音にも、慣れたものだ。
「大きな鳥だね」
「そうだな。大きな、鉄の鳥だぜ」
 雪の中飛び立つ飛行機を見ながら、私たちは微笑み、ゆっくりと唇を重ねた。