※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

--初日/紅魔館大食堂/水橋パルスィ

 ……妬ましい。ああ、妬ましいわ。
 どうして勇儀ってば、初対面の連中とあんなに笑顔で話せるのかしら。
 どうしてお燐ってば、あんなにテンション高くできるのかしら。
 ええ、どうせ私は一人よ。どうせ私はテンション低いわよ。ああ妬ましい!
「パルシーだっけ?」
 私の隣に、青い子が座った。
「……チルノだっけ、名前」
「うん! あたいはチルノ! さいきょーなのよ!」
「……私、パルスィ」
「ぱるしー!」
「パルスィ」
 チルノは笑顔で私を見ている。
 ああ、妬ましい。この子の無邪気さが妬ましい。
「ぱるしーは地下から来たんだよね?」
「そうよ」
「いいなー、あたいも地下に行きたいなー」
「暗くて、怖いわよ」
「う、じゃあ行かない」
 ……なんだろう。妬ましいのに、可愛いとも思える。
 この子は恐ろしい子だ。私から妬む心を奪い去るなんて。
「チルノ」
「なに?」
「貴女が、とても妬ましいわ」
 可愛くて、愛しくて、とても妬ましい。
 私は、チルノのことを見れなくなった。

   *

--初日/紅魔館大食堂/風見幽香

「あー、私のことニートニート言うけどねぇ」
 私の目の前に座る輝夜さんは、得意げな表情でそんなことを言い出した。
「ニートっていうのは、素敵な、とか綺麗な、とかそういう意味があるのよ。決して働かないとかひきこもりとかじゃないの。わかる?」
 あらあら。どこからツッコもうかしら。
 彼女の表情が歪むのを想像すると楽しいわ。
 じゃあ、早速いきましょう。……うふふっ。
「さすがね、輝夜さん。素晴らしい知識をお持ちのようね」
「そうでしょ?」
 ふふ、この蓬莱ニートが。
「NEATは確かにそういう意味ね。でもきっと、八意さんが言っているのはNEETの方ね」
「ん?」
「Not in Employment, Education or Training. つまりは勉強もしない、働きもしない、働く努力すらもしない。ふふっ、そっちではないかしら」
「な、なによ! 私がそんな風に見える!?」
「起きたら最初に何をする?」
「パソコンの電源を入れる」
「好きな食べ物は?」
「宅配ピザとポップコーン」
「履歴書はある?」
「何それ。食べれるの?」
「普段着はその服?」
「ジャージ」
「完全にNEETじゃないの」
「……あ、私そっちのニートだわ」
 気づいたようね。一安心だわ。
 さすがに泣きはしないけど、面白い子というのはわかったわ。ふふっ。うふふっ。
「だって私姫だもーん」
 うふふ、ふふふふふっ。
 この可愛い可愛い蓬莱ニートめ。うふふふふふふふふふふh(ry