※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   6

 屋敷の一室に、眼鏡をかけた赤いスーツの女性がいる。彼女の目の前にいるのは、質素なワンピースを着た女性だ。
「新聞の広告を見て、応募してきたという訳ですね」
「はい。まだ学校を卒業したばかりなので、こういうお仕事の経験はありませんが……」
 ワンピースの女性はそばかすが残る顔を少し赤らめている。本当に仕事の経験が無いのだろう。
「構いません。経験は積んでいけば済むことです。こちらとしてはすぐにでもお仕事をして欲しいのですが、よろしいですか?」
「ほ、本当ですか?」
「嘘を言っても仕方ないでしょう。明後日のパーティの為に、本当に猫の手でも借りたいくらいなのよ。貴女がいいなら、すぐにでも」
「わかりました! よろしくお願いします!」
「よろしくね、えっと、アエルさん」
「はい! よろしくお願いします!」
 アエルは頭を下げた。
 カレラ・ミルステラは目の前の少女を気に入っていた。素朴そうだし、何より真面目そうである。パーティが終われば正式に採用して、屋敷のメイドになってもらおう。そう考えている。
「私はこれから仕事があるから、後はキリエさんから話を聞いてちょうだい」
 そう言って、カレラは手元のスイッチを入れた。少しして、部屋のドアがノックされる。中に入ってきたのは、髪の長いメイドだった。美しい顔立ちだ、とアエルは思った。
「彼女はキリエさん。うちで働き始めたのは最近だけど、とても優秀なのよ。では、後はお願いするわ」
「かしこまりました」
 キリエは深々とおじぎをした。カレラが部屋を出る。
「貴女がアエルさんね。はじめまして」
「はじめまして」
 挨拶をすると、キリエは微笑んだ。
「頭が良いのね。ウェリントンスクールといえば名門じゃない」
「そんな。私はまぐれで入れたようなものですから」
「そうは見えないけど。まぁいいわ。まずは制服に着替えてもらえるかしら」
 床に置かれていた紙袋から、新品のメイド服が手渡される。
「ここでね」
「……えっ?」
「何よ。女同士だから恥ずかしくはないでしょう?」
 キリエは、カレラが座っていたソファに腰を下ろす。
「で、でも」
「早く。早速仕事をしてもらうんだから」
「は、はい……」
 アエルは言われた通り、ワンピースを脱いだ。そばかす顔には不釣合いの美しい体つきに、キリエの表情がいやらしいものに変わる。
「いい身体をしているのね。経験は?」
「けっ……!」
 アエルは頬を真っ赤にして、手にしていたメイド服で下着姿を隠す。
「冗談よ」
 キリエはニヤニヤと笑ったままだ。視線はアエルの全身を嘗め回すように見ている。
 アエルは時折先輩メイドを伺いつつ、なんとか着替え終わった。
「じゃあ、早速だけど一緒に仕事をしてもらうわ。お客様が来ているから、お茶をお出ししないといけないの」
「は、はい」
 ドアを開けようとした時、背後からキリエがアエルを抱きしめた。
「ちょっ、ちょっと! 先輩っ!?」
「いい感度ね。バージン?」
「やめて下さいっ!」
「ふふ、わかったわ」
 キリエから解放され、アエルは床に座り込んでしまった。
 それを見ながら、キリエは嬉しそうに微笑んだ。
「初心なのね。そういう子、私は好きよ」
 本当に嬉しそうに笑ったのだ。

 キリエについて廊下を歩く。カートを押す姿は完璧なメイドだが、アエルはすっかりキリエに警戒心を抱いてしまったらしい。少し離れた後ろを歩いている。
「お茶を淹れるのは得意?」
「得意というほどでは……」
「そう。だったら今日は配るのをお願いするわ」
「はい」
 アエルはキリエを追いながら、廊下をキョロキョロと見ていた。調度品は高級品で統一されていて、本当にお金持ちだということがわかる。屋敷も広く、パーティの会場でもあるホールは数百人くらいなら入るだろう。
 これなら、代議士夫人も宝石を集めているのに納得がいく。それに「金にものを言わせて」という部分も。一般市民でも知っているレベルの話なのだ。噂話の域を出てはいないが、真実なのだろう。
「アエル」
「は、はい」
 キリエが立ち止まっていた。あと少し気づくのが遅れたら、キリエにぶつかっていただろう。
「緊張しなくていいわよ。リラックスして」
「はい」
 ドアを軽くノックする。
「お茶をお持ちしました」
「どうぞ」
 聞こえたのはカレラの声だ。
「失礼します」
 ドアを開けて、カートを押していく。アエルはそれに続いた。
「ご苦労様」
 部屋の下座にあたるソファに座っているのはカレラだ。そして、上座にいるのは、スーツ姿の美女が二人。
「……アエル?」
「は、はい」
「申し訳ありません。こっちのメイドは、本日入ったばかりでして」
 キリエが頭を下げる。
「パーティの準備で人員募集をかけているんでしたね」
 褐色肌の美女が、カレラに訊いた。
「はい。一応、彼女が最後の採用者ということで」
「そうですか」
 褐色肌の美女──オリヴィラ・シルヴェイラ特級巡査だ──はそう返事をすると、アエルを鋭い目つきで見た。


   7

 FLOWERSが予告した日時は明後日に迫っている。代議士のパーティの日を狙ったのだ。
 アリシアは警備計画の詰めとして、ここ数日はこうして顔を出していた。それに今日はオリヴィラをカレラに紹介する目的もあった。
「ダージリンティーでございます」
 キリエがそう言って、カップに注いでいく。いい香りが部屋に広がる。
 アエルがカップをオリヴィラの前に置こうとした時だった。
「あっ」
 キリエが突然そんな声をあげたので、アエルは身体をビクッと動かしてしまった。カップが傾き、オリヴィラの膝にダージリンがかかってしまった。白系の色をしたスーツだった為、みるみるうちに染みができる。
「し、失礼しました!」
 アエルが慌てている中、キリエは僅かに笑っていた。
(わ、わざとだ!)
 アエルはそう思いながら、ハンカチを取り出す。すると、オリヴィラはその右手を掴んだ。鋭い視線がアエルを射抜く。
「カレラさん。先ほど、捕縛術が信用できないと仰りましたね」
「え、ええ。やはりこの目で見てみないことには。それより……」
「ならばこの場でお目にかけましょう」
 オリヴィラはそう言うと、怯えているアエルを見た。
「貴女、協力してちょうだい。それでこの粗相は不問にしてあげるから」
「は、はい……」
 アエルはそう呟く。その次の瞬間、彼女の右手に縄が絡み付いていた。
「え、ええっ!?」
 オリヴィラは黙ったまま、アエルの全身を引っ張った。左手も背中の方に回される。手首を縛られていく。
 この早業に、見ているカレラもキリエも驚いていた。アリシアは一般人を巻き込んでの行為に眉をひそめている。
「この捕縛術は、警察で使用されていたものを私なりにアレンジしたものです」
 説明をしながら、オリヴィラは手を休めることなく、アエルを縛り上げていく。腕も縄で固定されてしまった。
「より少ない手順で、より拘束力を増すにはどうすればよいかを」
 アエルが小さく悲鳴をあげた。胸縄が巻きつけられたのだ。
 オリヴィラが立ち上がるのと交代に、ソファに座らされる。すばやく足首から膝へと縄が動き、太股も縛られる。
「数年間の試行錯誤の末、完成したのがこの我流の捕縛術です」
 ものの数分で、アエルの全身は縄化粧を施されてしまった。アエルは身体を左右に動かすが、縄が緩む気配はない。
「あまり暴れると、より締まるよ」
 オリヴィラが低く呟いた。アエルの動きが止まる。
「あ、あの、もう解いて下さい……」
「更に喚きたてる相手には」
 アエルの懇願を無視するように、ソファに落ちたハンカチを拾い上げたオリヴィラは、軽く丸めたそれをアエルの口に押し込めた。
「お喋りな口を塞いでしまいます」
「んっ!?」
 オリヴィラは左手で自分のネクタイを外し、それをアエルの口に噛ませようとする。
「もう結構です!」
 カレラが声をあげた。
「警察の捕縛術がどんなに素晴らしいか、優れているかはわかりました。ですから、大切なメイドを解放してあげて下さい」
「……信用していただき、感謝します」
 オリヴィラはアエルの口からハンカチを引き抜くと、微笑を浮かべた。


   8

 アリシアたちが帰った後、カレラはアエルとキリエを自室に呼んだ。
 二人をソファに座らせて、自分はベッドに腰掛ける。
「とんだ初日になったわね、アエルさん」
「全身の血流が止まると思いました」
 アエルはキリエを睨みつけながら言った。当のキリエはすました顔である。
「あの後、アリシア警部が謝ってたわ」
「別に……。謝るのは私でしたし」
 アエルの手首には、まだ縄の痕が残っている。
「最近の『FLOWERS事件』、警察は防げていないでしょう? 正直言うと、信用できないのよね……」
 カレラは小さくため息をついた。
「でも、アリシア警部は無能とかじゃないんですよ」
「ええ。それはわかっているのだけど……」
 キリエが、アエルの横顔を見ながら言う。
「……アエル、あの刑事さんのこと熱くフォローするのね」
「いえ、その……昔、ちょっと色々あったものですから……」
「ちょっと、色々、ねぇ……」
 その後、少し沈黙があった。
 重い。とても重い数秒間だった。
「明後日、FLOWERSが奥様の宝石を狙いに来るのね……」
 カレラはそう呟くと、ソファに座る二人のメイドを見た。
「私ね、FLOWERSを憎めないのよ」
「えっ?」
 キリエとアエルが同時に声を上げた。
「これまでの被害者って、みんな悪い噂がある人たちばかりだったでしょう? 何か……義賊というか、ね」
 カレラは立ち上がると、二人の前にある椅子に座った。
「だから、代議士も奥様も、自分たちが狙われているので不安だと思うのよ。実際、悪い噂もあるし……私の知る限り、完全に否定できないこともあるし」
 目を閉じて、カレラは言った。
「私、このパーティがどんな結果になろうとも、代議士の秘書を辞めるつもり」
「……じゃあ、その後はどうするつもりなんですか?」
 キリエの質問に、カレラは少し考えた後、
「そうねぇ。FLOWERSの秘書にでも、なろうかしら」
 無邪気な笑顔を浮かべて、そう言ったのだった。