※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇ、咲夜。もう一人の自分に会ってみたいとは思わない?」

 お嬢様は、いつも突拍子も無い事を言う。
 ある時は「月の影に入ってみたいと思わない?」と言って、八雲紫と組んで欠けていく月の中に入ろうとしていた。
 またある時は、「時の流れを操れたら面白いと思わない?」と言って、私の能力でどうにかしようと考えていた。
 そして今度は、「もう一人の自分」ときた。

「お嬢様。それは、『ドッペルゲンガー』の話でしょうか」

 この方にお仕えして何年になるのか、考えるのは数千の夜を過ぎた頃に止めた。それでも、未だにわからない部分がある。

「違うわ。『パラレルワールド』の話よ」

 カップを置いて、私の顔を見る。
 紅茶を注ごうとしたが、それはお嬢様に止められた。

「一分一秒毎に無数の世界が生まれているのは分かる?」
「はい」

 当然、理解はできる。

「私が今、咲夜の行動を止めた未来が、今ここにあるわ」
「はい」
「でも、私が止めずにいて、美味しい紅茶を飲んでいる未来も、とても近い位置にある」

 お嬢様が、私の手を取る。

「咲夜の淹れた美味しい紅茶を飲んで、幸せな顔をしている自分。その表情は、決して自分では見れないのよ」

 お嬢様が言いたい事も、理解できる。

「その表情を、見たいと……?」
「ええ」

 やっぱり、この方は無茶だ。

「お嬢様。それは不可能だと思いますが」
「あら。咲夜ってば、面白い事を言うのね」

 私の手を、両手で包む。

「『不可能』という言葉を使ってしまうと、本当に不可能になってしまのよ。でも、その頭に『今は』という言葉をつければ、いずれ可能になるのよ」

 お嬢様は、自信に満ちた表情をしている。

「ねぇ、咲夜」

 お嬢様の瞳が、真紅に染まる。

「無数に生まれた現在の中に、『平行世界に移動する事のできる程度の能力』を持った誰かが、存在するかも知れないじゃない」
「その誰かが来るのを待つのですか?」

 楽しそうに、お嬢様は笑った。

「忘れた頃にでも、もう一人の私がここに来てくれて、私の笑顔を見てくれるなら、いつまでも待つわ」

 私の手を放して、空になったカップを持ち上げる。

「だから私は、咲夜の淹れてくれる紅茶を飲むのよ」

 そう言って、私を見て笑った。
 私も、お嬢様を見て笑った。

   ***

「ふふ、いい笑顔をしているじゃない」

 私は、もう一人の私を見ながら呟いた。
 忘れるくらい前に咲夜に言った、無茶な話。
 あの時、私は考えが足りなかったのね。

 自分の笑顔を見るなら、別に平行世界の自分じゃなくてもいい。
 過去に戻れば、済む話。

 残念な事は一つだけ。
『時間を移動できる程度の能力』を持つ者は現れたけど、未だ『平行世界に移動できる程度の能力』の持ち主は現れない。
 そして、それはきっと、どこかの平行世界にいるはず。

 そう信じていれば、忘れた頃に現れてくれて、いい暇潰しになるかも知れない。

 ひょっとしたら、もう現れているかも知れないけれど。
 そう思いながら、私は元の時間に、ここから見た未来へと戻る事にした。

   ***

 私の背後から、お嬢様が姿を消した。
 きっと、元の時間に戻ったのだろう。

 お嬢様は、無限に生まれる世界を一つ勘違いしている。
 それは、『今を基点にして生まれる現在』もあるが、『生み出され、かつ、生み出していく現在』もあるということ。

 そして、目の前にいる私が、『この世界の私』でない事にも、恐らく気付いていない。
 私の能力が、『平行世界を移動できる程度の能力』だということにも、気付いていない。

 お嬢様の笑顔が、私のいる世界のお嬢様には見せられないのは残念だけれど。
 たまの気晴らしに、こういう事をやってもいいと思う。

「お嬢様。紅茶を淹れなおしてきます」

 私は、お嬢様から一歩退いた。
 お嬢様は、笑顔のままだ。

「わかったわ、咲夜」
「では」

 回れ右をしたその時、背後にかけられた言葉で、私はお嬢様には敵わないと、改めて思い知らされた。

「そちらの世界の私によろしくね、咲夜」