※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ──暑い。なんて暑いのだろうか。

 細川可南子は、走っていた。
 真夏の炎天下を、まるでマラソンランナーのように走っている。
 バスケット部の練習ではない。自主的な運動でもない。可南子は、追われていた。

 全身から流れる汗。荒い息。
 既に両手は惰性で振るだけであり、足だっていつ止まるかわからない。

 右目に、汗が入る。これで何度目だろう。

 全てが、厭になっていた。
 立ち止まれれば、どれだけ楽だろう。
 これが夢であったら、どれだけ幸せだろう。

 可南子は走る。振り返る事も出来ない。
 後ろを見るのが怖い。自分に迫り来るそれを認識する事を拒否している。

 給水所なんてない。
 沿道にだって人はいない。
 いや──この世界には可南子以外の人間がいないのかも知れない。

 脳裏によぎるのは、様々な言葉。

「──別に、私には関係ありませんわ──」これは松平瞳子の声だ。

「──そういえば、来週だよね──」これは、島津由乃の声。

「──早く準備しなくちゃ、大変だよ?──」二条乃梨子の声である。

「──明日、楽しみだね──」福沢祐巳の声が、最後に響いた。

 可南子は、バランスを崩した。
 小さく悲鳴を上げて、熱された鉄板のようなアスファルトに、無様に転がる。

 迫る。迫る、迫る、迫る!

 可南子は見てしまった。
 おびただしい数の数字。空を覆い尽くし、全てを飲み込み、過去にしていく。
 叫び声を上げるより早く、可南子は時間に飲み込まれた。



「……か、可南子ちゃん?」
 祐巳は、ひどく驚いた声を上げた。
 目の前に現れた可南子は、派手に転んだのか、衣類がぼろぼろであった。
 膝や腕は大きな擦り傷で出血しているし、顔面は汗と血と涙でぐちゃぐちゃである。
「……申し訳ありません、祐巳さま……。遅刻した上に、このような格好では、遊園地には、とても──」
 言いかける可南子に差し出されたのは、ハンカチである。
「まず、顔を拭いて」
「──はい」
「歩ける? 歩けるなら、私の家においで。手当てしなくちゃ」
「……は、はい……」
「よし、可南子ちゃん、元気出して!」
「……はい!」

 遊園地デートは中止。
 その代わり、祐巳の部屋に行く事が出来た、可南子なのであった。