※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「――今、何と言ったんだ、楓……?」
「真名なんか嫌い、って言ったんでござるよ」
「は、ははは。今日は四月一日だからな。中々やるじゃないか、楓」
「触らないでほしいでござる」
「……楓?」
「拙者、嘘や粋狂でこんな事は言わないでござる」
「嘘、だろ? 嘘なんだろ? なぁ、楓」
「……真名。いや、龍宮殿。これまで世話になったでござる」
「楓、本気なのか? どうして……」
「拙者、最初から遊びのつもりでござった」
「――嘘、だ」
「……では、御免」

「――なーんてな、でござるよ。拙者が真名を嫌いになる訳がないでござろう」
「……お前なんて、嫌いだ」
「すねないでほしいでござるよ、真名~」
「私に近づくな、長瀬」
「真ー名っ」
「……楓ぇ~! 私を嫌いにならないでくれ~!」
「ごめんなさいでござるよ、真名」
「……でも、しばらくは許さないからな……っ」
「あいあい♪」