※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ――雪が、降る。

「……寒いな」
「心頭滅却すれば、火もまた涼し。で、ござるよ」
「今涼しいとまずいんじゃないか?」
「だからさっきから寒くて寒くてたまらないでござるよ」
「……馬鹿か」

 目の前の糸目忍者は、唇を真っ青にしている。焚き火を前にしてそれはないだろ、お前。
「しっかし、なんだってこの季節に野外で修業なんだ」
「んー、特に決めてなかったでござる」
「……やっぱり馬鹿だな」
 どうやって捕まえたか知らないが、蛇を焼いている。
 一応魚も焼いてはいるが、どうしても目線は蛇に行ってしまう。
「……なぁ、帰らないか? 寒いだろ。帰って、一緒に……」
「いや、申し出は嬉しいがごめんなさいでござるよ」
「どうして」
「んー。一度決めてしまったから、でござるかな」

 でたよ。
 こいつは妙に頑固で、妙に義理堅くて、妙に優しくて……。

 だから、私が惚れたんだよなぁ。

「それより、真名こそ帰った方がいいのではないでござるか?」
 私は答えずに立ち上がる。
「無理して拙者に付き合わずとも――」

 黙れ。
 唇も、首筋も、指先も。冷たくなってしまって……。この、馬鹿。

「……ま、真名……」
「付き合うさ。恋人の帰りをじっと待てないから、私はここに来たんだ」
 二度目の口付け。紫色した唇を激しく貪る。
 隣で、焚き火が爆ぜた。なんだ、暖かいじゃないか。

 ――まぁ、寒かったら暖めあえば済む話なんだがな。

 私は、楓を強く抱き締めた。

 雪は、止まない。