※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<ちょいあー(すでに元が何だったのか)>

千春「くっ、このっ、てやっ」<熱中
千秋「あれ、姉貴がゲームなんて珍しい」
千春「おー千秋ぃ。すばせか買っちゃったよ」
千秋「なんだそれ」
千春「これこれ」
千秋「あー、『すばらしきこのせかい』か」
千春「結構面白いなこれ。さっきから蛙を倒しまくってるぜ」
千秋「規模がでけぇのかちいせぇのかわかんねぇなぁ」
千春「馬鹿、命かかってんのに規模の大きさなんか関係ねぇんだよ」
千秋「ゲームだっつってんだろ」
千春「とにかくおもしれぇんだよ!」


<近くのゲームショップ>

遥「あ、あう、売り切れてる……」
店員「申し訳ございませんー。『すばらしきこのせかい』はつい先程売り切れてしまったんですよー。よかったらご予約致しますかー?」
遥「あ、い、いいです……。ありがとうございました……」

遥「はぁー。やりたかったな……」
謎の看護婦「ちょっといいかしら? そこのお嬢さん♪」
遥「ぁ、ぇ? 私ですか?」
謎の看護婦「貴女、伊達遥選手よね? 貴女のシャイニングウィザード、惚れ惚れしちゃう♪」
遥「あ、ありがとうございます……」
謎の看護婦「それでね、伊達選手。私、貴女にプレゼントがあるのよ」
遥「?」
謎の看護婦「はい、これなぁ~んだ?」
遥「あ……『すばらしきこのせかい』……」
謎の看護婦「そ・お・よ♪ 伊達選手が探していると知って、私からプレゼントしたくって♪」
遥「で、でも、初対面の方から頂くわけには……!」
謎の看護婦「ぁんもう、リングの上と下では全然違うのね! そのギャップ、たまんないわ……」
遥「あ、あの、貴女は一体……」
謎の看護婦「──ふふ、私はね……」


<女子寮>

山本「あ、おかえりなさい、遥ちゃん。夕食の支度が──」
遥「いらないです」
山本「あ、あら、そう……」
遥「失礼します」<去
静香「……なんだぁ? あいつ……」
山本「なんだか、普段の遥ちゃんじゃないみたいですよね」
静香「そうだったな……」
山本「まるで、人が変わったみたいで──」

千春「あれ? 伊達じゃん。お、お前もそれ買ったのかー。早くすれ違おうぜ、な?」
遥「……」
千春「……伊達?」<汗
遥「──村上、千春」
千春「お、おう?」<汗
遥「──抵抗は、無駄だ」
千春「は? お前、どうし──」

みこと「……!」
美冬「みこと」
みこと「今の気の乱れは、廊下からですね」
美冬「行くぞ」
みこと「はい」

美冬「!!」
みこと「伊達さん……!」
遥「──邪魔を、するな」<攻撃
美冬「くっ、動きが速い!!」<回避
みこと「廊下では狭すぎます!」
遥「──少し、眠っていてもらう」<攻撃
みこと「美冬!!」
千秋「だああああああああああああああああ!!!!」
遥「!!」
千秋「姉貴に何しやがるてめえええええええええ!!!!」
遥「──村上、千秋……ちゃん?」
千秋「おめぇ、一回寝ろや」

美冬「見事な裏投げだった」
みこと「怪我はありませんか?」
千秋「あたしはいいから、姉貴を診てやってくれ……」
美冬「……気が、いつもの伊達ではなかった」
千秋「へっ、やっぱ武士道は違うな」
美冬「茶化すな」
千秋「茶化してねぇよ。伊達が理由もなしに、いや、理由があったってこんな場所でいきなり姉貴を襲うかっての」
美冬「……リングの上ならまだしも、か」
みこと「千春さんは、気絶していますが怪我はないようです」
千秋「よかった。ありがとな、草薙」
美冬「運ぶのを手伝おう」
美幸「な、なんかあったっすか?」
静香「おい、どうした!?」
千秋「なんでもねぇよ。そこの馬鹿がトチ狂ったんだ」
美幸「だ、伊達がっすか?」
千秋「姉御、姉貴運ぶんで、そこどいてもらえますか」
静香「……」
千秋「姉御。お願いだ」
静香「……」<避ける
千秋「……ありがとうございます」

ミミ「……千秋、いい?」
千秋「どうぞ」
ミミ「お邪魔します。……あのね、今日の遥のことなんだけど……」
千秋「何か心当たり、ありますか?」
ミミ「さっき、遥の身体を見たんだけど……首筋に、刺青があったの。シールみたいだったけど……」
千秋「なんなんですか? あいつはどうしちまったんですか?」
ミミ「……『ランブルローズ』よ」
千秋「──は?」
ミミ「ランブルローズで、私は見たことがあるわ。あの刺青をした、豹変した選手を──」

みこと「……」
美冬「大丈夫か、みこと」
みこと「交代で見ていれば大丈夫でしょう」
美冬「私は廊下にいる」
みこと「お願いします」
美冬「ん。また、一時間後に」<部屋を出る
みこと「……伊達さん、一体、何故……? あ、この名刺は……『アナスタシア』?」
遥「──」
みこと「!!」

美冬「……!? みこと!!」
みこと「……」<気絶
美冬「みこと! くそ、伊達がいない……!!」

ミミ「私は、影にあの女が……アナスタシアが絡んでいると思ってるわ」
千秋「アナスタシア……?」


<ホテルの一室>
アナスタシア「ふふ、思ったとおり、出来のいいワンちゃんだったわね、遥……♪」
遥「……」
アナスタシア「日本でもうちょっと、ペットを増やすのも悪くないわね~♪」